技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

東芝 技術開発実態分析調査報告書

特許情報分析(パテントマップ)から見た

東芝 技術開発実態分析調査報告書

~特定企業別動向予測シリーズ~
東芝 技術開発実態分析調査報告書の画像

概要

本調査報告書は、「東芝」に関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。
東芝 技術開発実態分析調査報告書のCD-ROM版 もご用意しております。

ご案内

1. 調査目的

「東芝」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに 対し、 ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップ、およびパテントチャートを作成し、
  • (1). 「東芝」にどのような技術の公開があるか、
  • (2). 「東芝」の技術開発動向はどのように推移して いるか、
  • (3). 「東芝」が最近注目する技術は何なのか、
  • (4). 「東芝」と共同出願人間の連携状況はどのようになっているか、
  • (5). 「東芝」の弁理士(特許事務所)の利用状況はどうか、
  • (6). 直近約2年間における「東芝」の注目すべき技術動向は何か、
    等を明確にして、「東芝」の知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2. 特許情報の収集方法

本調査報告書は、「東芝」に関する過去10年余(国内公開日:2004年1月1日~2014年3月31日)に及ぶ公開特許について検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は72,680件 である。

3. 報告書の構成

本報告書は、以下の3章から構成されている。
  • 1. パテントマップ編
    • A. 技術開発成果(特許公開件数の推移と審査・権利状況)
    • B. 技術開発リソース(発明者の活動状況)
    • C. 技術開発分野(特許分類)の分析
    • D. 共同出願人分析
    • E. 弁理士(特許事務所)の動向分析
    • F. 直近約2年間の動向分析(2012年4月~2014年3月)
  • 2. パテントチャート編
  • 3. 総括コメント
  • 「東芝」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる
  • 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる
  • パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい

パテントマップ実例、および本文中の実際のページ例


目次

はじめに

調査分析結果

1. パテントマップ編
  • A. 技術開発成果(公開件数の推移と審査・権利状況)
    • A-1. 公開件数の推移(年次と累計)
    • A-2. 審査・権利状況
  • B. 技術開発リソース(発明者の活動状況)
    • B-1. 発明者数の推移(年次と累計)
    • B-2. 新規発明者数の推移(年次と累計)
    • B-3. 発明者別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
    • B-4. 発明者別公開件数グロスランキング(上位20)
    • B-5. 発明者(上位20)とFIメイングループ分類(上位20)の公開件数相関
    • B-6. 発明者の公開件数*FIサブグループ分類数の比較(上位20)
  • C. 技術開発分野(特許分類)の分析
    • C-1. 分類数
      • C-1-1. 新規FIサブクラス分類数の推移(年次と累計)
      • C-1-2. 新規FIメイングループ分類数の推移(年次と累計)
      • C-1-3. 新規FIサブグループ分類数の推移(年次と累計)
      • C-1-4. 新規FI分類数の推移(年次と累計)
      • C-1-5. 新規Fタームテーマコード分類数の推移(年次と累計)
      • C-1-6. 新規Fターム分類数の推移(年次と累計)
    • C-2. 分類別公開件数
      • C-2-1. FIサブクラス筆頭分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
      • C-2-2. FIメイングループ分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
      • C-2-3. FIサブグループ分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
      • C-2-4. FI分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
      • C-2-5. Fタームテーマコード分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
      • C-2-6. Fターム分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年VS 2009年~2013年)
      • C-2-7. FIサブクラス筆頭分類別公開件数ランキング(上位50)
      • C-2-8. FIメイングループ分類別公開件数ランキング(上位50)
      • C-2-9. FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
      • C-2-10. FI分類別公開件数ランキング(上位50)
      • C-2-11. Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング(上位50)
      • C-2-12. Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
      • C-2-13. 1位Fタームテーマコード5F083の技術分類別件数(観点×数字)
      • C-2-14. 2位Fタームテーマコード5C053の技術分類別件数(観点×数字)
      • C-2-15. FIサブクラス筆頭分類別公開件数の伸長率(上位50、件数差5件以上)
      • C-2-16. FIメイングループ分類別公開件数の伸長率(上位50、件数差5件以上)
      • C-2-17. FIサブグループ分類別公開件数の伸長率(上位50、件数差15件以上)
      • C-2-18. FI分類別公開件数の伸長率(上位50、件数差30件以上)
      • C-2-19. Fタームテーマコード分類別公開件数の伸長率(上位50、件数差15以上)
      • C-2-20. Fターム分類別公開件数の伸長率(上位50、件数差80件以上)
      • C-2-21. FIサブクラス筆頭分類別公開件数の推移(公開件数上位40、累計)
      • C-2-22. FIサブクラス筆頭分類別公開件数の推移(伸長率上位40、累計)
      • C-2-23. FIメイングループ分類別公開件数の推移(公開件数上位40、累計)
      • C-2-24. FIメイングループ分類別公開件数の推移(伸長率上位40、累計)
      • C-2-25. FIサブグループ分類別公開件数の推移(公開件数上位40、累計)
      • C-2-26. FIサブグループ分類別公開件数の推移(伸長率上位40、累計)
      • C-2-27. FI分類別公開件数の推移(公開件数上位40、累計)
      • C-2-28. FI分類別公開件数の推移(伸長率上位40、累計)
      • C-2-29. Fタームテーマコード分類別公開件数の推移(公開件数上位40、累計)
      • C-2-30. Fタームテーマコード分類別公開件数の推移(伸長率上位40、累計)
      • C-2-31. Fターム分類別公開件数の推移(公開件数上位40、累計)
      • C-2-32. Fターム分類別公開件数の推移(伸長率上位40、累計)
    • C-3. 分類別発明者数
      • C-3-1. FIサブクラス筆頭分類別発明者数ランキング(上位50)
      • C-3-2. FIメイングループ分類別発明者数ランキング(上位50)
      • C-3-3. FIサブグループ分類別発明者数ランキング(上位50)
      • C-3-4. FI分類別発明者数ランキング(上位50)
      • C-3-5. Fタームテーマコード分類別発明者数ランキング(上位50)
      • C-3-6. Fターム分類別発明者数ランキング(上位50)
      • C-3-7. FIサブクラス筆頭分類別新規発明者数の推移(公開件数上位40、累計)
      • C-3-8. FIサブクラス筆頭分類別新規発明者数の推移(伸長率上位40、累計)
      • C-3-9. FIメイングループ分類別新規発明者数の推移(公開件数上位40、累計)
      • C-3-10. FIメイングループ分類別新規発明者数の推移(伸長率上位40、累計)
      • C-3-11. FIサブグループ分類別新規発明者数の推移(公開件数上位40、累計)
      • C-3-12. FIサブグループ分類別新規発明者数の推移(伸長率上位40、累計)
      • C-3-13. FI分類別新規発明者数の推移(公開件数上位40、累計)
      • C-3-14. FI分類別新規発明者数の推移(伸長率上位40、累計)
      • C-3-15. Fタームテーマコード分類別新規発明者数の推移(公開件数上位40、累計)
      • C-3-16. Fタームテーマコード分類別新規発明者数の推移(伸長率上位40、累計)
      • C-3-17. Fターム分類別新規発明者数の推移(公開件数上位40、累計)
      • C-3-18. Fターム分類別新規発明者数の推移(伸長率上位40、累計)
    • C-4. 分類別展開
      • C-4-1. FIサブクラス筆頭分類別出現・消失状況(上位40)
      • C-4-2. FIサブクラス筆頭分類別出現・消失状況(最近40)
      • C-4-3. FIメイングループ分類別出現・消失状況(上位40)
      • C-4-4. FIメイングループ分類別出現・消失状況(最近40)
      • C-4-5. FIサブグループ分類別出現・消失状況(上位40)
      • C-4-6. FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
      • C-4-7. FI分類別出現・消失状況(上位40)
      • C-4-8. FI分類別出現・消失状況(最近40)
      • C-4-9. Fタームテーマコード分類別出現・消失状況(上位40)
      • C-4-10. Fタームテーマコード分類別出現・消失状況(最近40)
      • C-4-11. Fターム分類別出現・消失状況(上位40)
      • C-4-12. Fターム分類別出現・消失状況(最近40)
      • C-4-13. FIサブクラス筆頭分類の技術開発ポジション(上位40)
      • C-4-14. FIメイングループ分類の技術開発ポジション(上位40)
      • C-4-15. FIサブグループ分類の技術開発ポジション(上位40)
      • C-4-16. FI分類の技術開発ポジション(上位40)
      • C-4-17. Fタームテーマコード分類の技術開発ポジション(上位40)
      • C-4-18. Fターム分類の技術開発ポジション(上位40)
      • C-4-19. FIサブクラス筆頭分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
      • C-4-20. FIメイングループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
      • C-4-21. FIサブグループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
      • C-4-22. Fタームテーマコード分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
      • C-4-23. Fターム分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
    • C-5. 特定2FIサブグループ分類の分析
      • C-5-1. FIサブグループ分類1位H01L29/78の出願人別公開件数ランキング(上位20)
      • C-5-2. FIサブグループ分類4位H04N7/173の出願人別公開件数ランキング
      • C-5-3. FIサブグループ分類1位H01L29/78の出願人別発明者数ランキング(上位20)
      • C-5-4. FIサブグループ分類4位H04N7/173の出願人別発明者数ランキング
      • C-5-5. FIサブグループ分類1位H01L29/78の技術開発ライフサイクル
      • C-5-6. FIサブグループ分類4位H04N7/173の技術開発ライフサイクル
      • C-5-7. FIサブグループ分類1位H01L29/78と他分類との相関関係(上位20)
      • C-5-8. FIサブグループ分類4位H04N7/173と他分類との相関関係(上位20)
    • C-6. 特定2Fターム分類の分析
      • C-6-1. Fターム分類1位5F083JA39の出願人別公開件数ランキング
      • C-6-2. Fターム分類2位5D044AB07の出願人別公開件数ランキング
      • C-6-3. Fターム分類1位5F083JA39の出願人別発明者数ランキング
      • C-6-4. Fターム分類2位5D044AB07の出願人別発明者数ランキング
      • C-6-5. Fターム分類1位5F083JA39の技術開発ライフサイクル
      • C-6-6. Fターム分類2位5D044AB07の技術開発ライフサイクル
      • C-6-7. Fターム分類1位5F083JA39と他分類との相関関係(上位20)
      • C-6-8. Fターム分類2位5D044AB07と他分類との相関関係(上位20)
  • D. 共同出願人分析
    • D-1. 共同出願人全体公開件数の推移(年次と累計)
    • D-2. 共同出願人別公開件数ランキング(上位50)
    • D-3. 共同出願人別発明者数ランキング(上位50)
    • D-4. 共同出願人別公開件数の推移(公開件数上位40、累計)
    • D-5. 共同出願人別新規発明者数の推移(公開件数上位40、累計)
    • D-6. 共同出願人別新規FIメイングループ分類数の推移(公開件数上位40、累計)
    • D-7. 共同出願人別公開件数占有率(上位20)
    • D-8. 共同出願人別審査・権利状況(上位10)
    • D-9. 共同出願人(上位20)の上位2Fタームテーマコード分類における公開件数比較
    • D-10. 共同出願人(上位20)とFIメイングループ分類(上位20)の公開件数相関
    • D-11. 共同出願人(上位20)とFターム分類(上位20)の公開件数相関
    • D-12. 共同出願人別参入・撤退状況(最近40)
    • D-13. 共同出願人別公開件数の伸びと1位Fタームテーマコード分類5F083に関する構成率比較
  • E. 弁理士(特許事務所)の動向分析
    • E-1. 弁理士(特許事務所)別公開件数ランキング(上位40)
    • E-2. 弁理士(特許事務所)別公開件数の推移(年次)と比率(上位40)
    • E-3. 上位40弁理士(特許事務所)と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
  • F. 直近2年間の動向分析(2012年4月~2014年3月)
    • F-1. FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位20)
    • F-2. FIサブグループ分類1位H01L27/10と他分類との相関(上位20)
    • F-3. Fターム分類別公開件数ランキング(上位20)
    • F-4. Fターム分類1位4C093AA22と他分類との相関(上位20)
    • F-5. FIサブグループ分類別公開件数占有率(上位20)
    • F-6. Fターム分類別公開件数占有率(上位20)
2. パテントチャート編

  • G-1. パナソニックの時系列チャート分析(2004年~2014年3月)
  • G-2. 凸版印刷の時系列チャート分析(2004年~2014年3月)
  • G-3. パナソニックの上位3FIメイングループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2004年~2014年3月)
  • G-4. 凸版印刷の上位3FIメイングループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2004年~2014年3月)
  • G-5. 安部薫(パナソニック)の公報3件のサイテーションマップ

3. 総括コメント

参考資料

  • 資料1 : 出願人統合リスト
  • 資料2 : 東芝の2014年3月20日~2014年3月31日における全公報269件の審査権利状況リスト
  • 資料3 : パテントマップ・パテントチャートの種別と見方

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 簡易製本 (Viewerソフトウェア、パテントマップ・チャート添付) 217ページ

ISBNコード

978-4-86483-365-3

発行年月

2014年5月

販売元

tech-seminar.jp

価格

51,055円 (税別) / 56,161円 (税込)

同時購入割引

書籍版・CD-ROM版 の同時購入で 86,160円(税込) (通常価格 112,320円 税込) でご購入いただけます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/24 NOx (窒素酸化物) 対策と水素・燃料アンモニアの導入方策 オンライン
2024/4/25 5G高度化とDXを支える半導体実装用低誘電特性樹脂・基板材料の開発と技術動向 オンライン
2024/4/25 二酸化炭素 (CO2) 吸収・分離・回収の基礎知識及び応用分野と、これら技術の今後のゆくえ オンライン
2024/5/9 ゼロから学ぶ再エネビジネス基礎講座 (全2回) オンライン
2024/5/9 再エネ電力・環境価値取引で抑えたい知識と実務 オンライン
2024/5/10 容量市場・需給調整市場の基礎と最前線論点 (全2回) 会場・オンライン
2024/5/10 ゼロから学ぶ電気事業と容量市場 東京都 会場・オンライン
2024/5/15 光変調器の基礎と技術動向 オンライン
2024/5/20 5G / ローカル5G、Beyond 5G / 6G最新動向 会場
2024/5/21 シリコン系光導波路とフォトニクスデバイス集積技術の開発 オンライン
2024/5/21 再生可能エネルギー源としての木質系バイオマス利用の道標 東京都 会場・オンライン
2024/5/22 出光興産株式会社における苫小牧CCUS構想と今後の課題 東京都 会場・オンライン
2024/5/22 核融合炉 (フュージョン・エネルギー) の最新動向と構成材料の課題 オンライン
2024/5/22 核融合発電の最新開発動向、課題と実現への見通し 東京都 会場・オンライン
2024/5/23 FIP、コーポレートPPA等、2023年4月施行を踏まえて抑えたい知識と実務 オンライン
2024/5/27 核融合 (フュージョン) のイノベーション技術と産業応用 オンライン
2024/5/27 シリコン系光導波路とフォトニクスデバイス集積技術の開発 オンライン
2024/5/29 エクセルギーの基礎と実践的な計算・解析方法 オンライン
2024/5/30 EVを始めとした次世代自動車の普及展望とリチウム、コバルトなどLiB用金属資源の今後 オンライン
2024/5/30 洋上風力発電を取り巻く最新動向と今後の事業戦略 東京都 会場・オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/11/24 2024年版 脱炭素エネルギー市場・技術と将来展望
2023/9/8 2024年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2023/6/30 生産プロセスにおけるIoT、ローカル5Gの活用
2023/6/9 2023年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2023/5/31 アンモニアの低温・低圧合成と新しい利用技術
2023/3/10 2023年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2023/2/17 2023年版 水素エネルギーの市場予測と将来展望
2023/1/20 2023年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2022/11/30 次世代高速通信に対応する光回路実装、デバイスの開発
2022/11/21 海洋エネルギーの活用技術
2022/11/21 海洋エネルギーの活用技術 (CD-ROM版)
2022/11/11 2023年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2022/9/30 水素の製造とその輸送、貯蔵、利用技術
2022/7/15 2022年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/1/21 2022年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2021/12/16 カーボンニュートラルに向けた中低温産業排熱の最新利用技術と実践例
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/11/19 世界のカーボンニュートラル燃料 最新業界レポート
2021/9/17 2021年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望