技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

半導体製造におけるシリコンウェーハ表面のクリーン化技術および洗浄・乾燥技術

半導体製造におけるシリコンウェーハ表面のクリーン化技術および洗浄・乾燥技術

東京都 開催 会場・オンライン 開催

概要

本セミナーでは、半導体デバイスの微細化に伴い、ブレイクスルーが求められるクリーン化技術、洗浄・乾燥技術について取り上げ、歩留まり向上のための実践ノウハウについて、基礎から最先端技術までを豊富な事例を交えて分かりやすく解説いたします。
また、先端半導体製造ラインにおける汚染の実態や防止策についても多数の実例写真で紹介いたします。

開催日

  • 2022年3月25日(金) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 半導体に関連する研究開発・製造・技術営業・マーケティング、 工場保守従事者
    • 半導体デバイスメーカー
    • 半導体装置メーカー
    • 半導体材料メーカー
    • クリーンルーム建設会社
    • 空調メーカー
    • ガス・純水・薬液メーカー
    • 分析機器メーカー
    • 半導体関連サービス企業など

修得知識

  • 半導体クリーン化技術・洗浄・乾燥技術の基礎から最先端技術まで
  • 半導体製造ラインにおける汚染の実態や防止策、除去方法

プログラム

 半導体デバイス (LSI) の超微細化に伴い、半導体デバイスの製造現場では、パーティクル (異物微粒子) や金属不純物、表面吸着化学汚染 (有機汚染に代表されるケミカル・コンタミネーション) などさまざまな微小 (少) な汚染物質が、半導体デバイスの歩留まりや信頼性にますます大きな悪影響を及ぼすようになっています。半導体プロセスは、その全てが汚染の発生源と言っても過言ではありません。このため、製造ラインのクリーン化 (全工程にわたり、いかに汚染を防止し、シリコンウェーハ表面をクリーンに保つか) および洗浄 (いかに汚染を除去するか) の重要性が一段と高まっています。洗浄工程は製造プロセスの中に繰り返し登場し最頻の工程になっている。しかし、半導体デバイスの微細化に伴い、洗浄も新材料・新構造への対応が迫られるとともに、洗浄・乾燥に起因する微細回路パターンの倒壊を始め、様々なトラブルが顕在化してきており、従来の洗浄技術にブレークスルーが求められている。
 本セミナーは、今までノウハウとして門外不出の内向きの技術領域として扱われてきた、歩留まり向上のための「先端半導体クリーン化技術および洗浄・乾燥技術」について、その基礎から最先端技術までを、実践的な観点から豊富な事例を交えて、初心者にもわかりやすく、かつ具体的に解説します。いままで半導体の参考書ではほとんど語られることの無かった先端半導体製造ラインにおける汚染の実態や防止策・除去手法についても多数の実例写真で紹介します。

  1. 半導体クリーン化技術 (シリコンウェーハ表面の汚染をいかに防止するか?)
    1. クリーン化の目的 (なぜクリーン化すべきか)
      1. 歩留の科学、歩留習熟曲線
      2. 歩留低下要因
        • ランダム欠陥
        • システマテック欠陥
      3. 歩留予測 – ポアソンモデルによる歩留予測曲線
    2. クリーン化の対象 (何をクリーン化すべきか?)
      1. 半導体微細化の年代推移
      2. 半導体製造におけるクリーンルーム空気清浄度、ウェーハ搬送方式の年代
      3. 汚染発生源の年代推移
      4. ミニエンバイロンメントの採用
        • SMIF
        • FOUP
        • 完全自動化ライン
      5. クリーンルームではなく「ウェーハ表面のクリーン化」の重要性
      6. 半導体製造において管理対象とすべき汚染の種類の年代推移
      7. ウェーハ表面汚染の種類とデバイス特性への影響
    3. 半導体表面クリーン化の手法 (汚染をどのように防止すべきか?)
      1. 半導体製造におけるパーティクル汚染の実態と低減防止策
      2. 半導体製造における金属汚染の実態と低減防止策
      3. 半導体製造における無機化学汚染の実態と低減防止策
      4. 半導体製造における有機化学汚染の実態と低減防止策
    4. 半導体クリーン化技術まとめ
    5. 最先端の話題
      1. 超微細化にともなうナノパーティクル対策への挑戦
      2. 歩留まり向上のためのIoT/AIの活用
  2. 半導体洗浄乾燥技術 (シリコンウェーハ表面の汚染をいかに除去するか)
    1. 半導体製造における洗浄技術の重要性
      1. 半導体デバイス製造フロー、プロセスフローにおける洗浄の位置づけ
      2. 製造工程でパーティクル低減に向けたウェット洗浄の役割
    2. 表面汚染除去のメカニズム
      1. パーティクル汚染除去のメカニズム
      2. 金属汚染除去のメカニズム
      3. 有機汚染除去のメカニズム
    3. ウェーハ表面洗浄手法
      1. ウェーハ表面洗浄の歴史
      2. RCA洗浄とその代替・改良技術
      3. 浸漬式洗浄の問題点
      4. 枚葉スピン洗浄の利点
      5. SCROD洗浄
    4. ウェーハ表面乾燥手法
      1. ウェーハ乾燥方式の変遷
      2. マランゴ二乾燥、ロタゴ二乾燥
      3. ウオーターマーク発生とその対策
    5. 回路パターン付きウェーハ洗浄の現状と課題
      1. トランジスタ形成工程の洗浄の現状と課題
      2. 多層配線工程の洗浄の現状と課題
    6. ウェーハ大口径化に向けての洗浄の課題と展望
    7. 超微細構造の洗浄の課題と解決策
      1. 純水の問題点
        • 絶縁性
        • ウオーターマーク
        • 高誘電性
        • 金属溶解など
      2. 水の表面張力による微細パターン倒壊の実態
      3. 洗浄時の物理力による微細パターン倒壊の実態
    8. 超微細構造にダメージを与えない洗浄・乾燥技術
      1. 二流体、メガソニックなどのダメジレスウェット洗浄
      2. HFべーパー、エアロゾル洗浄などのさまざまなドライクリーニング
      3. 超臨界流体洗浄・乾燥
      4. 究極の局所洗浄
        • レーザー
        • AFMプローブ
        • ナノピンセットなど
    9. 洗浄・乾燥技術のまとめ
    10. 最先端の話題
      1. 超微細化デバイスで採用される新材料新構造への洗浄技術の対応
      2. 半導体洗浄技術に関する2大国際会議紹介
      3. 最近の洗浄技術国際会議での最先端の話題
    • 質疑応答

講師

会場

連合会館

5F 502

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,700円 (税別) / 46,970円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,700円(税別) / 46,970円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

オンライン受講割引

  • オンライン受講の場合、1名様 30,400円(税別) / 33,440円(税込) で受講いただだけます。
  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 申込みフォームの受講方法から「オンライン」をご選択ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

会場受講 / ライブ配信対応セミナー

会場受講 または オンラインセミナーのいずれかをご選択いただけます。
お申し込みの際、受講方法の欄にて、会場受講またはオンライン受講をご指定ください。

オンラインセミナーをご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。

  • 当日のセミナーを、リアルタイムでお手元のPCやスマートフォン・タブレットなどからご視聴・学習することができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催当日、マイページにログインいただき、ご視聴ください。
  • 開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  • セミナー資料は印刷物を開催日までに発送予定でございます。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/23 パワーデバイス 半導体物性・デバイス特性・回路応用をつなげて学ぶ オンライン
2022/5/24 塗布膜乾燥のメカニズムと乾燥トラブル対策 オンライン
2022/5/25 凍結乾燥工程/試験機から生産機へのスケールアップにおける最適な条件設定のための基礎知識/冷却速度、凍結温度・時間の考え方 オンライン
2022/5/26 GMP工場の設備設計および維持管理のポイント オンライン
2022/5/26 高性能コンピューティング (HPC) 向け 半導体パッケージング技術動向と今後の展望 オンライン
2022/5/27 半導体メモリデバイス技術の基礎と最新市場・研究動向 オンライン
2022/5/27 異種デバイス集積化プロセスの基礎と今後の半導体パッケージの開発動向 オンライン
2022/5/30 自動車の電動化に向けた、シリコン、SiC・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 オンライン
2022/5/30 半導体製造プロセスにおけるイオン注入とアニール技術 オンライン
2022/5/30 次世代光インターコネクションを支える光電コパッケージ技術とポリマー光回路技術の現状・課題・展開 オンライン
2022/5/31 実験室における高薬理活性物質の取り扱い/封じ込め対応と区分による要求レベル オンライン
2022/6/3 乾燥技術の基礎とトラブル対策 オンライン
2022/6/6 ドライエッチング技術の基礎と原子層エッチング (ALE) の最新技術動向 オンライン
2022/6/9 実験室における高薬理活性物質の取り扱い/封じ込め対応と区分による要求レベル オンライン
2022/6/9 乾燥操作の要素技術、乾燥機の選び方、スケールアップ、評価と省エネ化 オンライン
2022/6/10 半導体CMPのプロセス技術と次世代デバイスに向けたCMP要素技術 オンライン
2022/6/13 SiCパワー半導体の現状・最新動向とSiC単結晶ウェハ製造の技術動向 オンライン
2022/6/14 塗布膜乾燥のメカニズムとその制御、トラブル対策 オンライン
2022/6/15 5G・次世代自動車に対応するSiC/GaNパワーデバイスの技術動向と課題 オンライン
2022/6/16 半導体製造プロセスにおけるエッチング技術の最新動向とプロセス制御 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/11/12 レジスト材料の基礎とプロセス最適化
2021/6/18 2021年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2021/3/30 経験/査察指摘/根拠文献・規制から導く洗浄・洗浄バリデーション:判断基準と実務ノウハウ
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/5/29 凍結乾燥工程のバリデーションとスケールアップおよびトラブル対策事例
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/12/27 押出成形の条件設定とトラブル対策
2018/3/20 レジスト材料・プロセスの使い方ノウハウとトラブル解決
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2017/9/25 乾燥技術の基礎とトラブル対策
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書
2014/9/30 液体または蒸気による洗浄技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/30 液体または蒸気による洗浄技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)