技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高周波電力変換器における磁性素子

高周波電力変換器における磁性素子

~構造技術と負荷試験法~
オンライン 開催

開催日

  • 2021年12月10日(金) 10時00分 16時00分

修得知識

  • kHz~MHz帯の高周波電力変換器における磁性素子 (インダクタ,トランス) の基礎
  • 磁性素子の役割と高周波での課題
  • プリント基板や3Dプリンターを応用した高周波インダクタやトランスの構造技術
  • 二台の電源を用いるだけの簡単な高周波トランスの負荷試験法
  • 磁性素子の高周波における課題とそれを解決する技術の一例が把握できる
  • 電力変換器全体の性能向上のためには、受動部品 (今回は磁気素子を対象とする) の高性能化とそのために動作特性を正確に把握することが重要であること

プログラム

 パワーエレクトロニクスは、スイッチング素子の進化と共に歩んできました。近年はSiCやGaNなどの次世代パワーデバイスによる高周波、かつ高出力な回路の実現が注目を浴びています。
 変換器の効率化、小型化に向けて、またプラズマ発生源や非接触給電などの新しいアプリケーションへの適用が期待されています。ただ、高周波化をしていくとノイズや回路の寄生成分による影響など、高周波ならではの問題に直面をする事が多いのではないでしょうか。
 パワーエレクトロニクスの基礎,特にインダクタやトランスなどの磁性素子に関する知識をお持ちの方で,プリント基板を用いたプレーナインダクタや漏れインダクタンスの調整可能な高周波トランス,高周波トランスの負荷試験を簡素化したいという方向けに、実際に次世代半導体を活用した高周波電力変換器の回路制作や実験などで得た関連技術を紹介します。

  1. パワーエレクトロニクスにおける磁性素子の役割と高周波での課題
    1. 磁性素子の種類
    2. 磁性素子の高周波における特性と課題
  2. 高周波渦電流を低減可能な空芯プレーナインダクタの巻線構造
    1. 空芯プレーナインダクタと高周波渦電流
    2. 従来構造と提案構造
    3. 実験によるインダクタンス,抵抗の評価
  3. 巻線ガイドによる漏れインダクタンスと寄生容量の調整が可能な高周波トランス
    1. 高周波トランスと漏れインダクタンス
    2. 3Dプリンタによって製作した巻線ガイドを用いた高周波トランス
    3. 実験による漏れインダクタンス,寄生容量の評価
  4. 負荷を必要としない二台の低容量の電源を用いた高周波トランスの負荷試験法
    1. 電源とトランスの接続法および電源の調整法
    2. 電源の整合および巻数比が1:nの場合
    3. 実験による高周波トランスの評価例
  5. 質疑応答

講師

  • 折川 幸司
    北海道大学 大学院 情報科学研究院
    助教

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/31 技術者のための熱力学入門 オンライン
2022/2/1 測定技術 実測を通して学ぶパワエレ回路・デバイス・計測技術 オンライン
2022/2/1 熱力学・電気化学・金属材料学とめっき膜観察・分析方法 オンライン
2022/2/3 EV / HEV用 主機モータとPCUの冷却・放熱技術 オンライン
2022/2/4 DC/DCコンバータの徹底理解講座 (電流型・双方向DDコンバータ) オンライン
2022/2/8 電動化の高電圧技術: モータとパワエレ回路基板の絶縁劣化、材料と計測・評価技術 オンライン
2022/2/8 モータ制御 回転数制御からベクトル制御の入門まで オンライン
2022/2/9 EV用モータと制御技術 オンライン
2022/2/15 インバータの系統連系技術 オンライン
2022/2/15 xEV用駆動モータ・PCUの発熱問題と冷却技術 オンライン
2022/2/15 伝熱工学の基礎と応用展開 オンライン
2022/2/15 車載パワーモジュールの実装技術と高放熱・耐熱性材料の設計 オンライン
2022/2/18 伝熱の基礎と電子機器の放熱・冷却技術 オンライン
2022/2/18 知っておきたい伝熱計算の基礎知識 オンライン
2022/2/18 DC/DCコンバータの徹底理解講座 (PFCコンバータ) オンライン
2022/2/22 EV用パワーエレクトロニクスが演習で理解できる一日速習セミナー オンライン
2022/2/22 電子機器の熱設計と放熱技術 オンライン
2022/2/24 高電圧電動化モータ/パワーモジュールの絶縁性能と材料の評価・計測技術 オンライン
2022/2/24 医薬品原薬のラボから製造現場へのスケールアップ対応 オンライン
2022/2/25 機械系技術者のためのパワエレ基礎養成講座 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/7/30 電子機器の放熱・冷却技術と部材の開発
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2019/2/28 伝熱工学の基礎と熱物性測定・熱対策事例集
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2014/8/15 ワイヤレス給電・充電技術(装置) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/15 ワイヤレス給電・充電技術(装置) 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/31 ディジタルコンバータの回路と制御設計の基礎
2013/6/24 車載用主機モータの絶縁技術
2013/3/21 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
2013/3/15 DCモーター 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/15 DCモーター 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/12/20 エレベータ〔2012年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2012/12/20 エレベータ〔2012年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/10/30 SiCパワーデバイスの開発と最新動向
2012/10/30 ステッピングモーター 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)