技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 : 全4コース

Zoomを使ったライブ配信対応セミナー

改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 : 全4コース

東京都 開催 会場・オンライン 開催 演習付き

開催日

  • 2021年1月28日(木) 10時30分 16時30分
  • 2021年2月25日(木) 10時30分 16時30分
  • 2021年3月25日(木) 10時30分 16時30分
  • 2021年4月22日(木) 10時30分 16時30分

プログラム

2021年1月28日「改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 : ステップ1 (Basic編)」

 改正GCPガイダンス発出に伴い、我が国でもICH – GCP (R2) に準拠した臨床試験・治験の実施が求められるようになった。
 本セミナーでは、臨床試験・治験の実施現場からの要望が多いQuality Management System (QMS) の理解および実務への応用のため、ディスカッションを交えながら解説する。また、現場で発生する種々の問題事例に対するRCA (原因分析) およびCAPA (是正策・予防策) の実践について、具体的な事例の紹介と演習を行うことで、正しい理解と実践力を養う。

  1. ICH E6 (R2) 適用下の臨床試験・治験における品質管理体制の構築
    1. 臨床試験・治験における品質管理に係る最新の規制要件および通知
    2. QMSとは何か?
    3. QMSの構築に必要なもの
    4. 効果的なQMS構築のために必要なもの
  2. 臨床試験・治験の現場で発生する問題 (Issue) を解決する
    1. Issueを整理しよう
    2. Issue Managementの手法
    3. Issue That Matter の概念
    4. 治験でありがちなIssue
  3. RCAとCAPA
    1. 対策をとるべき問題の特定
    2. 正しい原因分析 (RCA) が効果的な対策 (CAPA) につながる
    3. 組織的なアクションの必要性
  4. 演習~RCAを中心に~
    1. 問題事例の紹介
    2. インタビューによる事実確認
    3. 原因の掘り下げ (Fishbone法と5 Why法)
    4. 根本原因の特定
    5. CAPAの策定と効果判定
ワークショップシナリオ (概要) : 再同意取得漏れ

皆さんはモニターリーダーで、モニターからこの内容を聞きました。
このIssueに対するCAPAを特定するために、関係者を特定し、インタビューを行ってください。
※参加者には、開催日の1週間前を目安に事前にワークショップシナリオ詳細をお送りいたします。 (事前予習のため)

  • 総合ディスカッション
  • 質疑応答・ (会場) 名刺交換

2021年2月25日「改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 : ステップ2 (Advance編)」

 改正GCPガイダンスでは、品質マネジメントおよび原因分析 (Root Cause Analysis: RCA) ・是正策・予防策 (Corrective Action / Preventive Action:CAPA) を実践することが求められている。
 本セミナーは、品質マネジメントおよびRCA/CAPA実施の基礎的知識を有する臨床試験従事者 (『RCA/CAPAの技法シリーズ Step1』修了者、またはもしくは同等レベル) を対象として、実務スキルの向上を目的に実施するものである。
 改正GCPガイダンス発出に伴い、我が国でもICH – GCP (R2) に準拠した臨床試験・治験の実施が求められるようになった。本セミナーでは、品質マネジメントにおけるRCA (原因分析) およびCAPA (是正策・予防策) のスキルにフォーカスし、現場での実践力強化を図る。

  1. RCAとCAPAの実践に必要な要素
    1. 準備編
    2. 実施編
    3. 効果判定
  2. 演習
    1. ケース1
      • 治験協力者に対するトレーニング未実施
    2. ケース2
      • EDCへのデータ入力遅延
    3. ケース3
      • 原資料の整備不良 (検体処理時刻当)
  3. 総合ディスカッション
    • 質疑応答

2021年3月25日「改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 : ステップ3 (Train the Facilitator/Trainer編)」

 改正GCPガイダンスでは、品質マネジメントおよび原因分析 (Root Cause Analysis: RCA) ・是正策・予防策 (Corrective Action / Preventive Action:CAPA) を実践することが求められている。
 本セミナーは、品質マネジメントおよびRCA/CAPA実施の基礎的知識を有する臨床試験従事者 (『RCA/CAPAの技法シリーズ Step1およびStep2』修了者またはもしくは同等レベル) を対象として、実務スキルの向上を目的に実施するものである。
 改正GCPガイダンス発出に伴い、我が国でもICH-GCP (R2) に準拠した臨床試験・治験の実施が求められるようになった。本セミナーでは、品質マネジメントにおけるRCA (原因分析) およびCAPA (是正策・予防策) のスキルにフォーカスし、現場での実践力強化を図る。

  1. QMS / Issue Management概論
    • QMSとIssue Management:解説のポイント
    • 講義の実践
    • フィードバックとセルフ・アクションプランの策定
  2. RCA / CAPA概論
    • RCAとCAPA:解説のポイント
    • 講義の実践
    • フィードバックとセルフ・アクションプランの策定
  3. 総合ディスカッション
    • 質疑応答・名刺交換

2021年4月22日「改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 : ステップ4 (Interview skill 編)」

 改正GCPガイダンスでは、品質マネジメントおよび原因分析 (Root Cause Analysis: RCA) ・是正策・予防策 (Corrective Action / Preventive Action:CAPA) を実践することが求められている。
 本セミナーは、品質マネジメントおよびRCA/CAPA実施の基礎的知識を有する臨床試験従事者 (『RCA/CAPAの技法シリーズ Step1』修了者またはもしくは同等レベル) を対象として、原因分析のインタビュースキルの向上を目的に実施するものである。
 是正措置 (Corrective Action) および予防措置/ Preventive Action) を講じるうえで、適切な原因分析 (Root Cause Analysis: RCA) を行い、問題発生の根本原因を明確にすることが重要であることはいうまでもないが、いざRCAの実践となると、インタビュー対象者の選定、質問事項の設定等、インタビューの進め方等の技術的な側面がハードルになるケースが少なくない。
 本セミナーでは、RCAにおけるインタビュースキルにフォーカスし、現場での実践力強化を図る。

  1. RCA概論
    • Fishboneと5 Why?
    • インタビューの要点
  2. RCAの実践
    • ケーススタディー1
    • ケーススタディー2
  3. 総合ディスカッション
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 筒泉 直樹
    東京大学 大学院 薬学系研究科 ITヘルスケア社会連携講座
    特任研究員

会場

ビジョンセンター浜松町
  • 2021年1月28日: ビジョンセンター浜松町
  • 2021年2月25日: “品川区立総合区民会館 きゅりあん” :/node/1729
  • 2021年3月25日: “品川区立総合区民会館 きゅりあん” :/node/1729
  • 2021年4月22日: “品川区立総合区民会館 きゅりあん” :/node/1729
東京都 港区 浜松町2-8-14 浜松町TSビル 4階,5階,6階 (受付6階)
ビジョンセンター浜松町の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 170,000円 (税別) / 187,000円 (税込)
複数名
: 90,000円 (税別) / 99,000円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 90,000円(税別) / 99,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 171,000円(税別) / 188,100円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 180,000円(税別) / 198,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 270,000円(税別) / 297,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

オンライン受講割引

  • オンライン受講の場合、1名様 101,600円(税別) / 111,760円(税込) で受講いただだけます。
  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 90,000円(税別) / 99,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 101,600円(税別) / 111,760円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 180,000円(税別) / 198,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 270,000円(税別) / 297,000円(税込)
  • 申込みフォームの受講方法から「オンライン」をご選択ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/3/10 滅菌医療機器におけるISO11607の要求事項理解と規格に基づく滅菌バリデーション実務事例 オンライン
2021/3/11 統計学に精通していない人のためのリアルワールドデータ統計解析入門 オンライン
2021/3/12 体外診断用医薬品の性能評価に必須の統計解析基礎講座 オンライン
2021/3/15 ペイシェントジャーニー作成法と医薬品開発・マーケティングへの活用 オンライン
2021/3/16 医薬品工場の空調設備設計とバリデーション実施のポイント オンライン
2021/3/16 日米欧同時申請を見据えたグローバル開発/薬事戦略、承認申請および規制当局対応 東京都 会場・オンライン
2021/3/16 統計が苦手な人が信頼性の高い非臨床試験をデザインし、解析手法を選択するにはどうすればよいのか オンライン
2021/3/16 点眼剤における製剤設計とスケールアップ/製造のポイント オンライン
2021/3/17 連続プロセスによる化学品・医薬品の生産 オンライン
2021/3/17 ペプチド医薬品原薬の製造プロセス開発とスケールアップの留意点 オンライン
2021/3/17 ICH E6 (R2) におけるQMSに対応したSOP見直しのポイント オンライン
2021/3/18 QbD (Quality by Design) のための実験計画法入門 オンライン
2021/3/19 かゆみの診断・治療の現状をふまえた臨床現場が求める新薬像と治療薬開発動向 オンライン
2021/3/22 医薬品工場における計画・設備設計とプロジェクトの進め方 オンライン
2021/3/22 バイオ医薬品における各種試験方法の適切な精度管理と分析法バリデーションの実施方法 東京都 会場・オンライン
2021/3/22 データインテグリティ指摘をふまえたスプレッドシートの効率的なCSV実務セミナー オンライン
2021/3/22 変形性関節症の病態 / 治療・診断技術の現状と臨床現場が望む新薬像 オンライン
2021/3/23 医薬品製造におけるヒューマンエラー・逸脱事例と未然防止策 オンライン
2021/3/23 欧米主要国の薬価・医療保険制度の概要と最新動向 オンライン
2021/3/23 医薬品や化粧品の経皮吸収とその評価方法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/2/1 ISO13485:2016対応 QMSひな形集一式
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策計画書 (サイト毎)
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ガイドライン
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ポリシー
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害時システム対策本部行動基準 (サイト毎)
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性