技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

マイクロバイオームの最新市場動向とマーケティング戦略

Zoomを使ったライブ配信セミナー

マイクロバイオームの最新市場動向とマーケティング戦略

~がんや免疫疾患等の治療薬 / 診断薬 / 健康食品 / スキンケア / 農畜水産業~
オンライン 開催

開催日

  • 2021年1月22日(金) 13時00分 16時00分

プログラム

 マイクロバイオーム (微生物群ゲノム情報) 研究の進展により、多くの疾患や健康状態の変化がマイクロバイオームの変容に関連していることが示されてきています。このため診断・分析・検査や、治療薬、健康食品、農畜水産業用途の開発などへと応用研究が進められています。
 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の拡大は臨床試験の遅れと投資活動の停滞などを招き、開発の継続性に関わるリスクを高める要因となりました。しかしながら、COVID-19問題によって人々の健康への関心が高まるとともに、自社の戦略をCOVID-19感染症と戦うための開発と位置付け、強力な免疫応答を可能にする製品の投入を目指し、臨床試験を開始している企業も現れました。
 本セミナーでは、マイクロバイオーム市場に関わるスタートアップ企業の取り組みをメインに取り上げ、さらに市場規模から技術トレンド、シーケンシング、健康食品、農畜水産業等への応用、規制、マーケティングについてまで、幅広く取り扱います。

  1. マイクロバイオーム市場トレンド
    1. マイクロバイオームとは
    2. マイクロバイオームと疾患の関係
      1. 胃腸疾患系
        • C. difficile
        • 炎症性腸疾患等
      2. 肝疾患系
        • 非アルコール性脂肪肝等
      3. 代謝障害系
        • 肥満
        • 糖尿病等
      4. がん疾患
        • 大腸がん
        • 肝臓がん等
      5. 免疫疾患系
        • 1型糖尿病
        • 乾癬
        • アレルギー等
      6. 脳・神経系疾患
        • アルツハイマー病
        • パーキンソン病
        • 自律神経失調症等
    3. マイクロバイオームとシーケンシング
      1. 16S rRNAシーケンシング
      2. ショットガンメタゲノム解析
      3. メタボローム解析
      4. 統合オミクス解析
    4. Fecal Microbiota Transplantation (便微生物移植)
  2. マイクロバイオームアプリケーション
    1. 治療薬
    2. 診断
    3. 健康食品
    4. スキンケア
    5. 農畜水産業
    6. その他
  3. サプライチェーン
    1. マイクロバイオーム産業セグメント
    2. 糞便バンクとマイクロバイオーム
    3. 細菌回収カプセル
    4. シーケンシング
  4. 競争環境分析
    1. 主な市場参入企業の分析
    2. 競合リーダーシップマッピング
  5. 市場規模予測
    1. 疾患別、アプリケーション別
    2. プロバイオティクス、プレバイオティクス
  6. マイクロバイオームとマーケティング戦略
    1. アフターコロナでますます高まる健康への関心
    2. 規制と課題
    3. マーケティング戦略に関する考察
  7. まとめ

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/25 バイオ医薬品におけるCMC・CTD申請の3極の記載レベルの差と照会事項における要求の違い オンライン
2021/10/25 バイオ医薬品原薬工場建設の計画・設計・マネージメントのポイント オンライン
2021/10/26 市場・製品・技術ロードマップの体系的、組織的な作成、そのプロセスと活動 オンライン
2021/10/26 バイオ医薬品生産用の遺伝子組換え体細胞の構築とセルバンク化: 保存管理・更新・試験・申請対応に関する注意点 オンライン
2021/10/27 費用対効果評価 (日本版HTA) の基礎と実践 (2日間) オンライン
2021/10/29 競合・市場調査とマーケティング活動 オンライン
2021/10/29 新規モダリティ (核酸医薬、遺伝子治療、細胞治療など) における事業性評価手法 オンライン
2021/10/29 新規事業開発のための戦略策定とスタートアップ連携 オンライン
2021/11/4 エクソソームを標的としたリキッドバイオプシーの開発 オンライン
2021/11/5 バイオ医薬品の原薬製造における連続生産プロセスと求められる要素技術 東京都 会場
2021/11/9 マイクロバイオーム市場トレンドとビジネスチャンス オンライン
2021/11/9 中国における薬事規制/ 薬価・保険制度と現地対応ノウハウ オンライン
2021/11/10 医薬品開発におけるmRNAの活用と製造・品質管理動向 オンライン
2021/11/16 医薬品市場予測のためのデスクリサーチ・インサイトリサーチとその活用法術 オンライン
2021/11/16 生体親和性の発現機構、評価法と材料設計 オンライン
2021/11/17 再生医療等製品製造の工程設計と品質マネジメント オンライン
2021/11/18 再生医療・細胞治療分野を含めたエンドトキシン試験の実際と品質管理のポイント オンライン
2021/11/19 事業につながる開発テーマの創出法と推進のポイント オンライン
2021/11/19 原因解明に基づいた軽減戦略、擬陽性の削減戦略、スクリーニングのプラットフォームと管理戦略の提案 オンライン
2021/11/22 次世代抗体医薬品製造に向けたダウンストリーム工程の生産性強化手法 オンライン

関連する出版物