技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

5G関連機器を中心とした今後の熱対策

Zoomを使ったライブ配信セミナー

5G関連機器を中心とした今後の熱対策

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、熱設計に必要な伝熱の基礎から、部品、基板、筺体に至る熱設計手順やノウハウを幅広く解説いたします。

開催日

  • 2020年12月23日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 電子機器の放熱に関連する技術者
    • 電子基板の設計
    • サーバ機器設計など
  • 熱対策が必要な機器を扱っている技術者
    • LED照明
    • 太陽光発電パネル
    • プラントなど
  • 伝熱に関連する技術者
    • 空調
    • 冷凍
    • 冷蔵
    • 太陽光集熱機など
  • 熱交換、電子機器の冷却、環境などに関連した業務を行っている方
  • 伝熱、除熱、熱の有効利用など幅広く熱に携わっている方

修得知識

  • 伝熱の基礎知識
  • 部品・基板設計における放熱知識
  • 強制空冷・自然空冷機器の熱設計常套手段
  • ヒートシンクの熱設計方法

プログラム

 次世代高速通信「5G」がいよいよ本格的な普及を目の前にしています。5Gはスマホだけの話ではなく、自動車 (CASE) や産業機器、医療機器、FAなどあらゆる分野の礎となる技術です。5Gはその高速性から大きな発熱を伴います。このことはすべての業界において熱対策が重要なってくることを意味します。熱は身近な現象であり、感覚でとらえることができるものの、定量化しようとすると極端に難しくなります。このため、設計上流では熱を考慮せず、「シミュレーションや試作評価で問題があったら対策を行う」という流れが定着しています。この方法では出荷間際で熱問題の解決に四苦八苦することになります。本講では伝熱の基礎から熱対策の実践方法まで幅広く解説します。

  1. 産業分野と冷却技術の動向
    • 5Gが及ぼす影響分野
      • 通信
      • 自動車
      • 家電
      • 生産 etc.
    • 熱を制しないと機能・性能が発揮できない時代に
    • 冷却技術の多様化
      • TIM
      • 冷却デバイス
      • 空冷
      • 水冷
      • 蓄熱
  2. 伝熱の基礎知識
    • 熱移動のメカニズム・基礎方程式とパラメータ
  3. スマホ・タッチバッド (伝導冷却)
    • 熱伝導による放熱の指針伝導面積と距離、熱伝導率
    • 2種類の放熱材料 (ヒートスプレッダーとTIM) をうまく使う
  4. 高密度実装基板の冷却
    • 設計初期段階で部品を3タイプに分類する
    • 基板の熱伝導で冷却する部品銅箔による熱拡散
    • 内層とサーマルビアの効果を見極める
  5. 高発熱部品の冷却
    • CPU
    • GPU
    • パワーアンプ
    • 自然空冷ヒートシンクの選定と設計手順設計パラメータと熱抵抗
    • 強制空冷ヒートシンクの設計手順ファン・ダクトの組み合わせ
  6. エッジコンピュータ機器 (自然空冷)
    • 自然空冷機器熱設計のポイント通風孔設計
    • 開口面積と位置の適正化
  7. エッジコンピュータ機器 (強制空冷)
    • ファン選定と流路設計
    • PUSH型 PULL型の選定とメリット・デメリット
  8. 高発熱クラウドサーバー (液冷方式)
    • 液冷システムの熱抵抗構成

講師

  • 国峯 尚樹
    株式会社 サーマル・デザイン・ラボ
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

案内割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方 : 1名様あたり 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方 : 1名様あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/3 電子機器 (メカトロニクス) の基礎 オンライン
2021/12/9 半導体封止材料の設計・製造技術 総合解説 (2日間) オンライン
2021/12/9 半導体封止材料の基礎から組成・原料、製造・評価方法まで オンライン
2021/12/10 高周波電力変換器における磁性素子 オンライン
2021/12/14 電子機器に向けたプリント基板と回路のノイズ対策設計 オンライン
2021/12/16 半導体封止材料の配合設計・製造応用技術と先端パッケージ対応 オンライン
2021/12/22 電子機器におけるさまざまな放熱方法とその効果 オンライン
2021/12/23 車載・パワエレ機器にみる熱対策 オンライン
2021/12/23 車載用電子機器における故障の未然防止と信頼性評価解析 オンライン
2021/12/24 熱力学・電気化学・金属材料学とめっき膜観察・分析方法 オンライン
2022/1/12 電磁ノイズ低減を実現するシールド技術の基礎と応用 オンライン
2022/1/17 パワーデバイスの冷却技術と熱設計 オンライン
2022/1/24 電子機器・回路のノイズ対策基礎講座 オンライン
2022/2/3 EV / HEV用 主機モータとPCUの冷却・放熱技術 オンライン
2022/2/4 電子機器のEMC試験と設計段階からの実践的ノイズ対策 オンライン
2022/2/21 ノイズ対策の重要ポイント オンライン
2022/2/22 電気工学入門 オンライン
2022/3/29 回路と基板のノイズ設計技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/7/30 電子機器の放熱・冷却技術と部材の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2019/2/28 伝熱工学の基礎と熱物性測定・熱対策事例集
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/11/25 電子ブック〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/25 電子ブック〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/21 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
2012/9/27 熱膨張・収縮の低減化とトラブル対策
2012/5/20 エレクトロニクス分野へのダイヤモンド応用技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/5/20 エレクトロニクス分野へのダイヤモンド応用技術 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/3 '12 コンデンサ業界の実態と将来展望
2010/10/1 '11 コンデンサ業界の実態と将来展望
2010/3/1 シリコーン製品市場の徹底分析
2009/10/10 ヒートポンプ 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/10/10 ヒートポンプ 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書
2009/5/20 日本電気と富士通2社分析 技術開発実態分析調査報告書