技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載機器・部品の信頼性向上を実現する放熱・耐熱技術

Zoomを使ったライブ配信セミナー

車載機器・部品の信頼性向上を実現する放熱・耐熱技術

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、センサ・アクチュエータ・ECU・インバータなどの車載機器・車載部品の信頼性を確保する手段を、放熱・耐熱の観点から実例を交え解説いたします。

開催日

  • 2020年11月27日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 実務で熱対策設計を行われている方

修得知識

  • 熱設計の基礎、ポイント
  • 製品単品で熱設計を考えるのではなく、他の構成製品との関係で様々な検討が必要であること

プログラム

 自動車の電子化に伴い、電子製品の放熱設計が重要になっています。電子製品は、車両燃費向上のために、小型軽量化が求められています。小型軽量化を実現し熱設計において信頼性を考慮した設計はますます難しくなっています。
 本講座では、信頼性と放熱性のバランスを取った設計の重要性を、具体的事例を交え説明いたします。また、機電一体製品への対応方法についても紹介いたします。
 熱設計は、単純に放熱設計に限られないこと、製品単品で熱設計を考えるのではなく、他の構成製品との関係で様々な検討が必要であることを理解することを目指しております。

  1. エレクトロニクスの概要
    1. 環境対応
    2. 安全技術 (自動運転)
  2. 車載機器への要求
    1. 信頼性の重要性
    2. 車載搭載環境
    3. 実装技術と熱設計の関係
    4. 車両燃費向上のために電子部品に求められる要求の背景
  3. 小型実装技術
    1. センサ製品の小型化技術と熱の影響
    2. 樹脂基板製品の小型化技術
    3. セラミック基板製品のパッケージング
  4. 熱設計の基礎
    1. 熱伝達の原則 (確認)
    2. 熱抵抗の概念と熱回路網
    3. 半導体ジャンクション温度の概念
    4. 接触熱抵抗の重要性
  5. 電子製品における放熱・耐熱技術
    1. 樹脂基板 (製品) の放熱技術
    2. 高耐熱設計のための基盤に求められる特性
    3. 電子部品の放熱設計の考え方
    4. 実製品における温度計測の注意点
    5. 熱と信頼性
    6. 実車両上の電子製品の放熱設計事例
    7. 放熱材料と信頼性
    8. 放熱材料の開発の考え方
    9. 機電一体製品の熱設計事例
  6. パワーコントロールユニットにおける実装・放熱技術
    1. PCUに求められる特性動向
    2. 片面放熱構造の工夫
    3. 接触熱抵抗低減のための熱伝導材料の工夫
    4. 接触熱抵抗低減の実装上の工夫
    5. 樹脂封止技術と信頼性
    6. 樹脂封止構造のメリットと懸念点
  7. 将来動向
    1. 機電一体製品における断熱設計
    2. 熱の流れを意識した設計と計測
    3. プラットフォーム設計
    4. SiCデバイスへの期待と課題
    5. 車載電子製品の開発の方向性

講師

  • 神谷 有弘
    株式会社 デンソー 電子PFハードウェア開発部 (総合監理・電気電子)
    担当部長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

案内割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方 : 1名様あたり 35,000円(税別) / 38,500円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方 : 1名様あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/8/5 5G関連機器の熱対策と放熱材料 オンライン
2021/8/6 半導体実装における材料・プロセスのポイントと技術動向 オンライン
2021/8/6 カーボンニュートラルの実現に向けた自動車用パワートレインの動向と技術・今後の行方 オンライン
2021/8/18 熱伝導率測定の種類とメカニズム、用途別の選択法と使い方 オンライン
2021/8/24 電波吸収体、電磁遮蔽材、透過材の考え方、設計法入門 オンライン
2021/8/26 CASEで車載半導体市場はどう変わるのか オンライン
2021/8/27 熱流体解析の基礎数値解析技術 オンライン
2021/8/27 自動車産業の最新動向と今後の展望、ビジネスチャンス オンライン
2021/8/30 自動車内装材の抗菌・抗ウイルス対応 オンライン
2021/8/31 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 オンライン
2021/9/2 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載の信頼性認定ガイドライン オンライン
2021/9/6 機能安全開発コスト半減に向けた方策・工夫を学ぶ オンライン
2021/9/6 xEV用モータの技術トレンド オンライン
2021/9/9 車載用ディスプレイの技術トレンドと材料、加工技術 オンライン
2021/9/10 xEV構成機器における熱抵抗低減と構造による熱対策 オンライン
2021/9/13 主機モータとPCUの冷却・放熱技術 オンライン
2021/9/15 5G関連機器を中心とした今後の熱対策 オンライン
2021/9/16 熱に関するメタマテリアルの原理、設計の効率化、応用、評価 オンライン
2021/9/17 テスラの調達戦略と日独BEV・ADAS関連部品の取引構造から見とおすビジネスチャンス オンライン
2021/9/22 車載カメラ・イメージセンサの市場・技術動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/2/28 伝熱工学の基礎と熱物性測定・熱対策事例集
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/8/10 車載テクノロジー関連製品・材料の市場動向
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望