技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

技術者、研究者のための実践的な時間管理

Zoomを使ったライブ配信セミナー

技術者、研究者のための実践的な時間管理

~長期的な仕事と短期的な仕事の両立 / 予定外の仕事への対策 / チーム全体の効率化 / 効率的なメールの扱い方~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、長期的な仕事と短期的な仕事の両立、予定外の仕事への対策、チーム全体の効率化、効率的なメールの扱い方などタイムパフォーマンスを高める考え方と手法を詳解いたします。

開催日

  • 2020年11月17日(火) 10時00分 16時00分

修得知識

  • 無理せず実践できる「計画の立て方」
  • 予定外の仕事にも柔軟に対処する「実行方法」
  • 実績を自覚し改善につなげる「ふり返りの方法」
  • 時間管理手法のチームワークへの応用
  • デスクワークの「時間のムダ」を減らす効率化手法

プログラム

 働き方改革により長時間労働が難しくなったにもかかわらず、短いリードタイムでの開発を続けなければならない。そんな技術者、研究者の仕事はあわただしいものになりがちで「落ち着いて考える時間がない」という声もよく聞きます。しかし、同じ仕事でも、計画の立て方や実行の仕方を少し変えることによって仕事の効率を高めたり、ストレスを減らしたりすることが可能です。
 この講座では、元技術者でもある講師が「実践しやすい」と評判の時間管理手法を紹介します。さらに、チーム全体の効率化やメール、デスクワークの効率化に役立つ手法も合わせて紹介します。

  1. タイムマネジメントとは
    1. なぜ「タイムマネジメント」が必要なのか?
    2. タイムマネジメントとは?
    3. スケジュール管理からタイムマネジメントへ
  2. 効果的なタイムマネジメントの手法
    1. 時間の「見える化」 : アポイントメント管理
    2. 仕事の「流れ」をつくる: タスク管理
    3. タスク管理を成功させるポイント
    4. 「予定外の仕事」による問題点と対策
    5. 「仕事の流れ」と「仕事量」をつかむ
    6. 手軽にできる実績の記録
    7. 効果を上げるための小さな行動
  3. タイムマネジメントの応用
    1. チーム全体の効率を改善するには?
    2. 「仕事の優先順位」のいろいろ
    3. 長期計画の効果的な整理
    4. 逆ホウレンソウ:負担にならない進捗管理
    5. チームの連携を高める「5分間ルール」
    6. タイムパフォーマンスを高める
    7. 効率的なメールの扱い方
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/11/30 競争力ある新規事業の構想・創出のための異業種連携戦略の策定・実行 会場・オンライン
2020/12/7 目標を達成して確実に成果を生むためのプロジェクトマネジメント オンライン
2020/12/8 新事業、新商品開発を創出する戦略策定と具体的方法 オンライン
2020/12/10 研究開発におけるポートフォリオ・マネジメントの基礎と構築、運用法 オンライン
2020/12/15 ヘルスケア領域におけるDX (デジタル・トランスフォーメーション) 構築のポイント 東京都 会場・オンライン
2020/12/17 組織力で継続的に革新的R&Dテーマを創出する体系的仕組みの構築 オンライン
2020/12/17 ベンチマーキングの基本と事業に貢献する研究開発テーマへの展開手法 オンライン
2020/12/18 技術を無駄にしないために研究開発部門が行うべきマーケティング入門 オンライン
2020/12/18 AIシステム開発/機械学習モデル作成の外注のポイント オンライン
2020/12/18 成果最大の時間活用術 会場
2020/12/21 自社保有技術・コア技術をベースとした筋の良い・革新的なテーマ・製品アイデアの創出方法 オンライン
2020/12/22 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック オンライン
2021/1/7 R&D部門へのDX導入のためのデータ管理体制と効果的な活用 オンライン
2021/1/14 新市場・技術の情報収集・分析と新規事業化の見極め方 オンライン
2021/1/15 新事業、新商品開発を創出する戦略策定と具体的方法 オンライン
2021/1/18 共同研究開発の契約実務とトラブル対策 東京都 会場・オンライン
2021/1/19 R&D部門における効果的なデータ管理手法 オンライン
2021/1/20 Withコロナ時代のイノベーション創出活動と仕掛け オンライン
2021/1/21 ステージゲート・プロセスを活用したR&Dテーマ評価・選定のマネジメント オンライン
2021/1/25 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 + 実践編) オンライン