技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療機器開発のための事業化戦略とプロジェクトマネージメント

Zoomを使ったライブ配信セミナー

医療機器開発のための事業化戦略とプロジェクトマネージメント

~マーケティング / 市場分析 / 臨床ニーズ / グローバルな視点 / 出口戦略~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、医療機器の事業化とプロジェクトマネジメントについて、開発現場に長年たずさわった講師の視点から、詳しく解説いたします。

開催日

  • 2020年10月22日(木) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 医療機器開発を行う際に考えるべきポイント
  • 医療器開発におけるマーケティングの役割とその機能
    • グローバルな視点
    • 出口戦略を考えるタイミング
    • 市場分析と自社内経営資源分析の重要性
    • 臨床ニーズと対象顧客の認識
    • 経験者、他社との交流
  • 開発プロセスの理解と事業化の課題、開発に必要な機能・環境
  • 「チーム編成や組織・プロジェクトマネージメント」に必要な視点

プログラム

 医療機器開発においてマーケティングの役割は、将来の事業化に向けての開発のグランドデザイン、出口戦略を構築する上で非常に重要です。
 医療機器開発に必要な様々な機能や必要な環境について「チーム編成と組織マネージメント」の重要性について考えます。

  1. 医療機器開発においてマーケティングの役割
    1. 医療機器開発・事業化を待ち受ける難関や必要とされる資金、開発のプロセス
    2. 医療機器開発におけるマーケティングの重要性
      1. 市場調査のポイント
      2. 医療機器の事業計画とマーケティングの役割
    3. 医療機器顔発の初期段階から必要な出口戦略
      医療機器開発をする企業のタイプによる「出口戦略」
      1. 医療機器メーカの場合
      2. 異業種からの参入事例と出口戦略を検証
  2. 医療機器開発に必要な様々な機能や必要な環境「チーム編成と組織マネージメント」
    1. 米国系医療機器企業が占める現状と加速する企業再編
      - 日本の医療機器企業の位置づけを確認
    2. 米国系企業の組織とその特徴、「強いメーカの謎」について分析
    3. 日本の医療機器開発の特徴と問題点
    4. 開発に必要な「チーム編成」と「考えておかねばならない」ポイント
      - 必要な機能・組織
    5. 開発のプロセスに対する理解とポイント
    6. 所有する技術の位置付、特許、目指す事業形態
    7. ネットワーク構築のための様々な体制
    8. 組織マネージメント
    9. 米国における医療機器開発のマネージメント
    10. 組織マネージメントは誰が行うか?
    • 質疑応答

講師

  • 宮坂 強
    サムエルプランニング株式会社
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  • セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
  • 個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/10/23 効率的な特許調査の仕方 オンライン
2020/10/23 体外診断薬の海外市場を踏まえたマーケティング戦略 オンライン
2020/10/23 医療情報活用の展開と医療イノベーション オンライン
2020/10/26 医療機器QMSで有効な統計的手法とサンプルサイズ決定 東京都 会場
2020/10/26 薬事承認・保険適用・診療報酬改定に関する理解とそれらを総合した保険収載戦略の必要性とその要点 オンライン
2020/10/27 医療機器開発プロセスにおける保険適応と製品価格戦略 オンライン
2020/10/27 費用対効果評価 (日本版HTA) の基礎と実践 (2日間) オンライン
2020/10/27 費用対効果評価 (日本版HTA) の基礎 オンライン
2020/10/28 医療機器における生物学的安全性試験の申請/評価の進め方と3極比較 東京都 会場・オンライン
2020/10/28 費用対効果評価 (日本版HTA) の実践 オンライン
2020/10/29 TPP (Target Product Profile) による事業性評価と意思決定への活用法 東京都 オンライン
2020/10/29 成功する市場・製品・技術ロードマップ作成のプロセス、活動とそのポイント オンライン
2020/10/29 非臨床試験の信頼性確保の為の生データ・実験ノートの取扱いとQC / QA実施 オンライン
2020/10/29 滅菌バリデーション・無菌性保証セミナー 東京都 会場・オンライン
2020/10/29 バイオセンサ・デバイスの最先端技術・研究動向と応用展開 オンライン
2020/10/30 コンピュータ化システムバリデーション (CSV) 初級講座 東京都 会場
2020/10/30 退屈にならないAfterコロナを見据えたGCP入門編 オンライン
2020/10/30 2040年問題を乗り越えるための各種施策とICT利活用戦略 東京都 会場・オンライン
2020/11/5 中国の医療機器における最新規制動向および申請書類の留意点 オンライン
2020/11/10 製造業における外注品質向上のための管理ポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/25 CT(コンピュータ断層撮影装置) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)