技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医薬品の国際開発に必要な実践英語講座

医薬品の国際開発に必要な実践英語講座

~現場でよく遭遇する英語表現の落とし穴や日本人が間違いやすいポイントを解説~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、国際共同試験について取り上げ、国内試験との相違点をふまえ、実務に必要な英語知識とグローバルコミュニケーションの留意事項を解説いたします。

開催日

  • 2020年2月28日(金) 12時30分 16時30分

プログラム

 国際共同試験の実施や管理をはじめ医薬品等開発においては英語力が必須となっている。
 英語の教材やセミナーは溢れているが、医薬品等開発においては自然科学や医療、法規に関する深い造詣がないと適切に翻訳できない専門用語も多く、また実際に業界の現場でnative speakerが汎用している基礎的表現が紹介されていない場合も多い。本講演では実際に汎用されている表現、特に日本人が間違いやすい表現中心に、文法的説明を避け、1.例文の紹介、2.科学的意味、3.言語的感覚、の三方向から解説することにより、短期間に基礎的な英語コミュニケーション力の飛躍的向上を図ることを目的としている。

  1. はじめに
  2. コミュニケーションに必要な基礎英語
    • Q. 文字化けして読めなかったらどう返す?
    • Q. 「事務局のヒアリングを受ける」ってどう書く?
    • Q. 「スライドの一番左」は何て言う?
    • Q. 質問が通じなかったら?
      1. E-mail
      2. モニタリング報告書
      3. プレゼンテーション
      4. 会議
  3. 試験関連文書の英語と翻訳
    • Q. ”Over 24 weeks”とは「いつ」を指す?
    • Q. ”Early termination”は「早期終了」?「中止」?
    • Q. ”Investigator”. “Study Doctor”. “Your Doctor”はどう違う?
    • Q. ”Ambient”. “Room temperature”はどう訳す?
    • Q. 数字と単位の間のスペースは「あり」?「なし」?
      1. 臨床試験プロトコル (臨床の英語)
      2. 同意説明文書 (患者向けの英語)
      3. 治験薬概要書、IMPD (非臨床、CMCの英語)
      4. その他の文書
      5. 翻訳会社の活用方法
  4. 特に日本人が注意すべき表現のまとめ
    • Q. ”Should”と”Will”はどっちが強い?
    • Q. ”It is OK”は肯定?それとも否定?
    • Q. ”High-level”な答えを要求されたら「詳細に」?それとも「簡潔に」?
    • Q. ”Please …”. “Do you know …?”は失礼?
      1. 助動詞の使い方
      2. 紛らわしい単語・表現
      3. 失礼のない依頼、催促
      4. その他
  5. コミュニケーションの英語の実例と習得のポイント
    • Q. ”Sharing”. “Update”. “Clarification”ってどう使う?
    • Q. 図表はどう説明する?
    • Q. 治験の進捗確認のテレカンはどんなふうに進めるの?
      1. E-mailによるやり取りの例 (種々の業務、状況)
      2. プレゼンテーションの例
      3. TCの例

会場

江東区産業会館

第2会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/4/27 経皮吸収の考え方とその評価法 オンライン
2021/4/28 科学技術者のための統計の基礎 オンライン
2021/4/28 臨床研究法や新倫理指針等の臨床研究を取り巻く最新動向と臨床研究の運営・管理、その手続きの実際 オンライン
2021/4/28 改正GMP省令に対応する技術移転/技術移管と品質保証及びGMP査察対応のポイント オンライン
2021/4/28 医薬品におけるTPPも明確でない/不確実性が高い開発初期段階での事業性評価手法 オンライン
2021/4/28 各国DMF (US中心に、EU, CANADA, 日本他) の特徴・作成とeCTD/eSubmissionを用いての具体的な登録・変更・更新方法 オンライン
2021/4/28 ヘルスケア領域における共同研究開発の進め方と押さえておくべきポイント オンライン
2021/4/28 核酸医薬品・ペプチド医薬品などの中分子医薬品における国内外の特許動向・分析 オンライン
2021/4/28 無菌医薬品/注射剤におけるシングルユースを使用して製造した製剤のリスク評価・対応と製品の受け入れ時の注意点・取扱い オンライン
2021/4/30 医薬品の売上予測・事業性評価ノウハウ オンライン
2021/5/7 医薬品マーケティング 基礎と応用 オンライン
2021/5/11 ASEAN主要国の薬価・医療制度の概要と最近の動向 オンライン
2021/5/11 ワクチン・バイオ医薬品製造における製造管理・品質管理・品質保証 オンライン
2021/5/11 公的研究機関やその創薬ベンチャー企業と欧米の製薬企業とのライセンスの留意点 オンライン
2021/5/11 タンパク質の溶液状態の理解と課題 (凝集制御、安定化など) への応用 オンライン
2021/5/13 改正GMPに対応した製造委託先とは オンライン
2021/5/13 動物用医薬品開発の為の医薬品試験データの活用法と評価 オンライン
2021/5/19 コロナ禍における医薬品開発プロジェクトの価値最大化と円滑運営・管理 オンライン
2021/5/19 医薬品開発超入門ステップ1~3セット (総論, 非臨床~臨床, 承認申請~市販後、医薬品開発に関わるマネジメント) オンライン
2021/5/19 医薬品開発超入門ステップ1 (総論) オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ