技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

CTD-Q記載/CMC審査 特集セミナー 2日間講座

CTD-Q記載/CMC審査 特集セミナー 2日間講座

~品質試験生データ取扱い・保管とデータの信頼性確保 / CTD-Q:規格及び試験方法のまとめ方 / 規制当局の照会事項例・回答例~
東京都 開催

開催日

  • 2019年5月27日(月) 10時30分 16時30分
  • 2019年5月28日(火) 10時30分 16時30分

プログラム

第1部 審査当局の視点と評価方法を意識したCTD-Q:規格及び試験方法のまとめ方

~規格設定の妥当性並びに試験方法及び分析法バリデーションの提示方法~

(2019年5月27日 10:30~16:30)

 原薬・製剤のCQA (重要品質特性) に基づき、個々の特性解析並びに不純物の項で提示した内容を踏まえて品質管理に不可欠な試験方法と管理基準とを設定することになる。この管理手順について、合成医薬品の例示により解説する。
 また、生産管理上必要となる分析法の精度を担保するための分析法バリデーションの結果を申請資料に提示するが、試験計画における容認基準の考え方並びに試験結果を社内基準あるいは申請規格へ適切に反映する必要がある。更に、試験法に含まれる試験条件及びシステム適合性の設定にも関連する。これらにつき、ライフサイクルを見据え、リスクマネージメントの観点から解説する。

講演のねらい
  • 品質管理部門だけで「規格及び試験方法」は設定できるか?
  • パイロットスケールのデータだけで申請した場合のリスクは?
  • 製造実績が少ない場合の規格設定のリスクは?
  • なぜ、設定範囲の広い規格は規制当局に受け入れられにくいのか?
  • 分析法バリデーションはなぜ必要なのか?
  • 試験方法がふさわしいとはどのように説明するのか?
  • 分析法バリデーションの判定基準はどのように設定するのか?
  • 不純物管理方法における定量限界付近での真度と精度の確認の必要性は?
  1. 規格及び試験方法
    • 規格設定の考え方:リスクを考慮したアプローチ方法
    • 標準物質
      • 確認試験:プロダクト固有の同定方法の必要性
      • 物質量:品質試験の基準にふさわしい操作法とは
    • 原薬特有
      • 確認試験:標準物質との比較
      • 純度試験 (工程由来不純物)
      • 微生物学的混入汚染物質:微生物限度試験
    • 原薬及び製剤
      • 確認試験:標準物質との比較
      • 純度試験 (目的物質、目的物質関連物質、目的物質関連不純物)
      • 物質量
      • 微生物学的混入汚染物質:エンドトキシン試験
    • 製剤特有
      • 無菌試験
      • 容器・施栓系の密閉性試験
    • システム適合性試験の設定の必要性と留意点
  2. 分析法バリデーションのまとめ方
    • 特異性:システムの性能との関連性
    • 直線性:試料溶液及び標準溶液の調製方法、検量線の作成の必要性
      • 回帰直線の決定定数とy切片の評価
      • 容量反応曲線の関数表示
    • 検出限界と定量限界・真度:純度試験の限度規格、システムの感度との関連性
    • 精度:バラツキの評価と精度管理、システムの再現性との関連性
    • 局方試験での適格性確認
  3. 規格設定の妥当性と精度管理の必要性
    • 規格設定の根拠データとリスクの考え方
    • ライフサイクルを見据えた精度管理の必要性
    • 質疑応答・名刺交換

第2部 CTD-Qにおける規制当局の照会事項例と回答例

~国内申請におけるPMDAの要求・視点と海外導入品の留意点~

(2019年5月28日 10:30~14:15)

 承認審査を効率的に進めるためには、適切な申請資料の作成、照会事項への対応等がポイントとなる。新医薬品のCMC審査の経験を基に、医療用医薬品の申請資料作成時のポイント、照会事項対応のポイントを説明する。また、PMDAのホームページで公開されている審査報告書を基に、照会事項例及び回答例を紹介する。

  1. はじめに
  2. 審査報告書
  3. 承認申請書作成上の留意点
  4. CTD作成上の留意点
  5. 照会事項例及び審査のポイント
    • 照会事項の傾向
    • 製造方法に関連する照会事項例
    • 規格及び試験方法に関連する照会事項例
    • 安定性に関連する照会事項例
    • 海外導入品に関する照会事項例
  6. まとめ
    • 質疑応答・名刺交換

第3部 品質試験における記録書類 (生データ・実験ノート・ワークシート・電子データ) の取扱い・まとめ方・保管とデータの信頼性確保

(2019年5月28日 14:30~16:30)

 医薬品承認申請に係る書類に関して、その根拠となるデータの信頼性確保のために、各申請資料項目に対するデータの取り扱い、生データの定義について説明する。また、適合性書面調査の最近の傾向について解説する。
 医薬品の承認申請に係る根拠資料の取り扱いを基に、信頼性確保を行う上でのポイントと課題を習得できる。

  1. PMDAによる適合性書面調査
  2. 実験データの取り扱い
  3. データの保証
  4. 実験者と責任者
  5. 海外データの信頼性保証
  6. ファイリング
  7. 後発品等の信頼性保障
  8. CTD作成における留意点
  9. 信頼性保証への留意点
  10. 資料保管への助言
  11. まとめ
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 伊東 雅夫
    大杉バイオファーマ・コンサルティング 株式会社
    代表取締役社長 / CMCコンサルタント
  • 浅田 隆太
    国立大学法人 岐阜大学医学部附属病院 先端医療・臨床研究センター
    准教授 / 副センター長
  • 織部 秀樹
    株式会社IDEC

会場

三田NNホール&スペース

地下1F スペースC

東京都 港区 芝4丁目1番23号 三田NNビル地下1階
三田NNホール&スペースの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 66,500円 (税別) / 71,820円 (税込)
複数名
: 35,000円 (税別) / 37,800円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 35,000円(税別) / 37,800円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 66,500円(税別) / 71,820円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 70,000円(税別) / 75,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 105,000円(税別) / 113,400円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/5/28 GMP監査を1日で終わらせるコツ 東京都
2019/5/28 新薬創出に向けたTarget Product Profile 東京都
2019/5/28 有害事象/副作用の適切な用語選択のための臨床検査値推移と病態/発現事象との結びつき 基礎講座 東京都
2019/5/29 リスクベースに基づいたユーティリティ設備のユーザー要求仕様書の作成 東京都
2019/5/29 日米欧三極比較から見る医薬品グローバル開発のための薬事規制 / 承認審査 東京都
2019/5/29 医薬品ライセンス契約の実務とデューディリジェンスの考え方 東京都
2019/5/29 探索段階・海外データを含む非GLP試験の信頼性基準と効率的開発 東京都
2019/5/30 医薬品・医療機器・再生医療医療等製品におけるエンドトキシン試験とバリデーションの留意点 東京都
2019/5/30 医薬品開発を行う上で知っておくべき臨床医薬統計 基礎講座 東京都
2019/5/31 再生医療等製品/細胞加工物製造におけるGCTP省令等の要求事項と申請上のポイント 東京都
2019/5/31 中国をはじめとした東アジア臨床試験の実際と指摘事例 東京都
2019/5/31 ICH-GCP (R2) に明記された治験におけるオーバーサイト (Oversight) 東京都
2019/6/4 原薬製造におけるプロセスバリデーション実施のポイント 大阪府
2019/6/5 再生医療等製品製造のリスク評価と細胞加工施設の適格性評価・バリデーションのポイント 大阪府
2019/6/6 バイオ医薬品分析におけるパラメータ・チャートの読み方とバリデーション 東京都
2019/6/6 製造・ラボにおける紙・電子データのデータインテグリティ実務 大阪府
2019/6/6 GVP対応講座 大阪府
2019/6/7 医薬品市場・売上予測と販売計画立案スキルのマスター 東京都
2019/6/12 神経障害性疼痛のメカニズム、治療と今後の新薬への期待 東京都
2019/6/13 データインテグリティ対策 2日間講座 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル
2013/5/30 新薬開発にむけた臨床試験(第I~III相臨床試験)での適切な投与量設定と有効性/安全性評価