技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載パワーデバイス向け封止材料の高耐熱・高熱伝導化技術

車載パワーデバイス向け封止材料の高耐熱・高熱伝導化技術

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2019年4月8日(月) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 車載パワーエレクトロニクス用高耐熱樹脂の開発と封止材への応用

(2019年4月8日 10:00〜11:30)

 自動車のエレクトロニクス化は急速に進展しており、2020年には、エレクトロニクス部品が自動車全体コストの70%に達すると推定されている。
 本講座では、パワーデバイス実装あるいは、エンジン周辺部への搭載など高耐熱化が要求される車載用高分子実装材料について技術動向と設計、評価について解説する。

  1. 自動車のエレクトロニクス化とエレクトロニクス部品の搭載環境
  2. ハイブリッドパッケージ用高分子材料に要求される性能
  3. パワーコントロールユニットの動向と実装材料
  4. 耐熱高分子実装材料の設計と評価
  5. エポキシ樹脂、ベンゾオキサジン樹脂、シアネート樹脂、マレイミド樹脂
  6. 高耐熱封止材料、高熱伝導率シート材料
  7. 評価用モジュールの設計と耐熱信頼性評価
    • 質疑応答

第2部 車載パワーデバイスの封止技術と求められる材料の要求特性

(2019年4月8日 12:10〜13:40)

 小型高放熱高信頼性を求められる車載電子製品で、電子製品の樹脂封止技術が注目されています。インバータ用大型パワーデバイスから、機電一体製品用デバイス製品の製品例を紹介しながらそこに使われている技術を紹介し、封止樹脂材料に要求されている特性について説明いたします。車載電子製品では、小型化と信頼性のバランスの取れた設計の重要性を理解いただけるよう解説致します。

  1. カーエレクトロニクスの概要
    1. クルマ社会を取り巻く環境
    2. 環境・安全
  2. 車載電子製品と実装技術への要求
  3. 小型実装技術
    1. ECU製品の小型化技術
    2. アクチュエータ製品の小型化技術
  4. パワーデバイスの構造設計と信頼性
    1. パワーデバイス実装に使われる材料
    2. 信頼性を確保する構造設計
  5. インバータ用パワーデバイスの実装封止技術
    1. 両面放熱パッケージの考え方
    2. 高放熱性確保のためのパッケージ樹脂への要求
  6. 機電一体製品の封止製品と材料特性
    1. 封止技術の比較と実例
    2. 封止技術に求められる材料特性
  7. 将来動向
    • 質疑応答

第3部 車載パワーデバイス向け封止材の高耐熱化技術

(2019年4月8日 13:50〜15:20)

 本講座では、半導体封止樹脂の基礎から今後益々重要となってくる。SiCパワーデバイス向けの半導体封止樹脂の最新の高耐熱化技術を解説します。

  1. 半導体封止用樹脂の基礎
    1. 半導体封止用樹脂とは?
    2. 半導体封止用樹脂の構成
    3. 半導体封止用樹脂の製造プロセス
    4. 半導体封止用樹脂の使われ方
    5. 半導体封止樹脂に使われる原材料
  2. SiCパワー半導体向け封止用樹脂の開発動向
    1. パワーデバイスの市場、ロードマップ
    2. パワーデバイス構造イノベーション
    3. SiCパワーデバイス向け封止用樹脂の開発コンセプト
    4. SiCパワーデバイス向け封止用樹脂の高耐熱化技術
    5. 更なる高耐熱化へ向けた取り組み
  3. 半導体封止用樹脂の車載用途への新たな展開
    • 質疑応答

第4部 パワーデバイス向け樹脂封止材料の高耐熱・高絶縁設計技術

(2019年4月8日 15:30〜17:00)

 近年、省エネルギーを達成出来るパワーデバイスが注目されているが半導体封止材料には従来以上の高耐熱・高放熱・高絶縁性が求められるようになっている。
 このトレンドと要求を達成するための材料設計技術について分かりやすく説明します。

  1. 半導体封止材料について
  2. 半導体封止材料の高耐熱設計について
  3. 半導体封止材料の高放熱設計について
  4. 半導体封止材料の高絶縁設計について
    • 質疑応答

講師

  • 高橋 昭雄
    横浜国立大学 大学院 工学研究院
    産学官連携研究員
  • 神谷 有弘
    株式会社 デンソー 電子基盤技術本部 基盤ハードウェア開発部
    担当部長
  • 原田 隆博
    住友ベークライト株式会社 情報通信材料研究所
    主席研究員
  • 安藤 元丈
    京セラ 株式会社 半導体部品セラミック事業本部 技術部 封止材技術課
    課副責任者

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/15 カーエレクトロニクスの放熱、冷却技術 東京都
2020/6/15 EVをはじめとした次世代自動車とリチウム資源・コバルト資源の最新動向 東京都
2020/6/18 自動車に用いられる繊維材料・繊維複合材料の設計、応用、市場予測 東京都
2020/6/18 自動車室内の防音設計と軽量化要求に対応する遮音・吸音材料の開発 東京都
2020/6/18 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 オンライン
2020/6/22 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 オンライン
2020/6/23 市場品質ロス削減のための信頼性試験法と耐用寿命予測の実際 東京都
2020/6/25 自動車振動・騒音対策 / 自動車制振・防振材 (2日間) 東京都
2020/6/25 自動車における振動・騒音現象とその対策および現場で役立つ振動解析 東京都
2020/6/26 伝熱の基礎と温度計測技術 オンライン
2020/6/26 自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、材料開発のポイント 東京都
2020/7/2 車載ハーネス・コネクターの要求特性と信頼性向上 東京都
2020/7/3 車載電子機器の放熱、封止技術 東京都
2020/7/7 トポロジー最適化の基礎と実践および3Dプリンティングでの活用法 オンライン
2020/7/9 LiDARによる自己位置推定技術 東京都
2020/7/17 自動車内装表皮材の開発トレンドと今後の展開 東京都
2020/7/17 次世代自動車における熱マネジメント技術 東京都
2020/7/21 自動運転・運転支援における環境認識技術 東京都
2020/7/27 自動車の自動運転におけるLiDARを用いた移動物体認識技術とその応用 東京都
2020/7/27 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 大阪府

関連する出版物

発行年月
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/2/28 伝熱工学の基礎と熱物性測定・熱対策事例集
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望