技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

臨床統計コースセミナー (2日間)

試験デザイン・総括報告書・当局対応に携わる方の

臨床統計コースセミナー (2日間)

~これだけは知っておきたい臨床統計 / 経時測定データ解析~
PC実習付き

開催日

  • 2018年4月20日(金) 10時30分 16時30分
  • 2018年5月11日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 製薬メーカー、CRO、ARO等でプロジェクトマネージメント、臨床開発、データマネジメント、メディカルライティング、市販後調査、薬事等を担当している方

プログラム

2018年4月20日

 臨床試験や市販後調査で必要となる統計学的手法を紹介する統計基礎セミナーです。 臨床試験のデザインを概観し、ランダム化や盲検化といった偏りを最小限にするための方法、エンドポイントや仮説の設定、非劣性試験や非劣性マージンの定め方を解説します。また、データの正しい見方や要約方法、推定や検定の概念や考え方を説明した上で、代表的な解析手法を紹介し、臨床試験で問題になりやすい交絡、層別解析、部分集団解析、調整解析の意味を解説します。
 本セミナーは、メーカー、CRO、ARO等でプロジェクトマネージメント、臨床開発、データマネージメント、メディカルライティング、市販後調査、薬事等を担当している方を対象としています。また、データ解析担当者やプログラマーで、統計学にあまり自信のない方にもおすすめです。事例を多く活用し、統計手法の原理や考え方、解析結果の解釈の仕方を中心に解説します。数式はほとんど扱わない統計学の非専門家のためのセミナーです。短い時間の中で、臨床試験における必要最低限の統計的課題を厳選し、紹介していきます。セミナーの最後には、質疑応答の時間を設けていますので、個別に悩んでいる案件にも親切にお応えします。

  1. 臨床試験の計画
    1. ランダム化と盲検化
    2. エンドポイントの設定
    3. 仮説の設定
    4. 非劣性試験と非劣性マージン
    5. 中間解析の計画
  2. データと要約
    1. データの種類と分布
    2. 要約統計量
    3. 図示表現法
  3. 推定と検定の概念
    1. 点推定と区間推定
    2. 仮説検定
    3. 有意水準の設定
    4. 検定の多重性
  4. 解析対象集団
    1. 最大の解析対象集団
    2. 治験実施計画書に適合した対象集団
  5. 交絡
    1. 調整解析
    2. 交互作用
    3. 部分集団解析
    4. 層別解析
  6. 統計解析手法
    1. Student t検定
    2. Wilcoxon順位和検定
    3. 線形モデル
    4. 回帰分析
    5. 分散分析
    6. 共分散分析
    7. χ二乗検定
    8. Fisher 正確検定
    9. ロジスティックモデル
    10. Kaplan – Meier法
    11. ログランク検定
    12. Cox比例ハザードモデルなど
    • 質疑応答・名刺交換

2018年5月11日

 多くの臨床試験では、評価対象となるアウトカムを同一被験者に対して、経時的に繰り返して測定します。このようなデータを経時測定データといいます。例えば、高血圧患者を対象とした臨床試験では、介入前、介入4週、8週、12週後の各時点で血圧値を測定するといった具合です。経時測定データは、データの性質上、単純なt検定や分散分析といった古典的手法で解析するのは適当ではありません。また、被験者が途中で脱落したり、特定の時点で来院しなかったり、という問題が頻発するため、試験実施計画時に定めた時点できちんとデータが得られず、データの欠測が生じます。データ欠測は、臨床試験の結果の信憑性を損ないかねない極めて深刻な問題です。欠測が問題となり、医薬品の承認に至らなかったケースもあります。
 本セミナーでは、臨床試験で使用される経時測定データ解析のための統計手法を解説します。事例を通じて、経時測定データの性質や特徴を説明します。そのうえで、臨床試験で使用頻度の高い統計手法を紹介し、解析結果の適切な解釈法を説明します。また、欠測値が生じにくくなる工夫、欠測値が生じたときの対処法等も解説します。
 本セミナーは、メーカー、CRO、ARO等でプロジェクトマネージメント、臨床開発、データマネージメント、統計解析、メディカルライティング、市販後調査、薬事等を担当している方を対象としています。経時測定データは、臨床試験から得られる典型例です。実際に自分でデータ解析を行わない方も、試験実施計画書や総括報告書の作成・読解、規制当局からの指摘事項対応等に携わる限り、経時測定データ解析のための統計手法の意味をきちんと理解し、解析結果を正しく解釈できる必要があります。また、世界で最も権威のある一般臨床医学雑誌New England Journal of Medicineでデータ欠測に関する特別論文1) が発表されました。欠測の問題は、統計学専門家だけが知っていればよいものではありません。

1) Little RJ et al. The prevention and treatment of missing data in clinical trials. New England Journal of Medicine 2012; 367:1355年〜1360年.

  1. 経時測定データとは
    1. 事例
    2. 種類
    3. 性質
  2. 経時測定データ解析の目的
    1. 群間比較
    2. 推移評価
    3. 共変量の探索
  3. データの要約
    1. 要約統計量
    2. 図示表現法
  4. 連続データの解析
    1. 線形モデル
    2. 二段階モデル
    3. 線形混合効果モデル
  5. 二値データの解析
    1. ロジスティックモデル
    2. 一般化線形モデル
    3. 一般化推定方程式法
    4. 一般化線形混合効果モデル
  6. 欠測問題
    1. NASレポート
    2. EMAガイドライン
    3. 欠測パターン
    4. 欠測メカニズム
    5. 単一値代入法
    6. 最終観測値代入法 (LOCF)
    7. 多重代入法
    8. MMRM (Mixed effects model for repeated measures)
    9. 重みを使った解析
    10. パターン混合モデル
    11. 欠測を減らすためのデザイン上の工夫
    12. 感度分析
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 五所 正彦
    筑波大学 医学医療系 生物統計学
    教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 66,000円 (税別) / 71,280円 (税込)
複数名
: 35,000円 (税別) / 37,800円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 35,000円(税別) / 37,800円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 66,000円(税別) / 71,280円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 70,000円(税別) / 75,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 105,000円(税別) / 113,400円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/9/23 年金数理 : アクチュアリー1次試験対策講座 基本コース 東京都
2018/9/23 生保数理 : アクチュアリー1次試験対策講座 基本コース 東京都
2018/9/25 ICH Q1Eに準拠した安定性試験結果の統計解析による有効期間の推定方法 東京都
2018/9/25 非劣性試験における試験デザイン・実施・評価と優越性試験との比較 東京都
2018/9/25 ドラッグリポジショニング/創薬にむけた有害事象ビッグデータの取り扱いとドライ解析からウェット実証に至るまでのポイント 東京都
2018/9/26 オーファンドラッグ (希少疾病用医薬品) の開発・臨床試験のポイント 東京都
2018/9/27 医薬品開発における臨床薬理試験の計画作成と進め方 東京都
2018/10/10 超入門 統計の考え方から使い方までマスターしよう 東京都
2018/10/14 数学 (確率・統計・モデリング) : アクチュアリー1次試験対策講座 基本コース 東京都
2018/10/14 損保数理 : アクチュアリー1次試験対策講座 基本コース 東京都
2018/10/17 分析法バリデーションにおける統計解析Excel実習とバリデーション結果の読み取り方 京都府
2018/10/19 医薬品の製造管理/QC&QA業務に必要な統計の基礎と実践のコツ 東京都
2018/10/26 臨床試験の品質確保のためのリスクベースドモニタリング (RBM) 導入のポイント 東京都
2018/10/30 医薬品研究者のための実験計画と適切な結果を得るための必要サンプルサイズの考え方 東京都
2018/10/30 日米欧3極の薬事規制・承認審査の比較と当局の考え方の違い 東京都
2018/11/6 分析法バリデーション入門講座 大阪府
2018/11/7 金融工学のための数理入門 4日間パック 東京都
2018/11/7 マルチンゲールアプローチ入門 東京都
2018/11/20 技術者・研究者のための実験計画法入門講座 東京都
2018/11/20 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 東京都