技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

化粧品品質安定性試験の実例を用いた試験の進め方と自社基準の設定

化粧品品質安定性試験の実例を用いた試験の進め方と自社基準の設定

~試験方法と自社基準の設定~
大阪府 開催

概要

本セミナーでは、市場に出た商品が品質トラブルを起こさないよう予測するための現実的な試験手法を、ケーススタティを交えて講義いたします。

開催日

  • 2018年2月9日(金) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 化粧品の技術者、開発者、研究者、品質担当者

修得知識

  • 品質安定性に問題が発見された際のケース毎の処方設計術
  • 市場における品質トラブルの要因抽出
  • 処方設計段階での品質予見
  • 品質管理における、実質的試験方法と自社基準の設定

プログラム

 化粧品業界の品質安定性試験には、手段や手法といったマニュアルが存在せず、公的機関からも品質指針が示されているのみです。それゆえ、各
工場において自社で確立した手段やノウハウに頼っているのが現状です。
 そこで、市場に出た商品が品質トラブルを起こさないよう予測するための現実的な試験手法を、ケーススタティを交えて講義致します。

  1. 法規制
    1. 品質保持基準
    2. 試験基準
  2. 安定性試験の現状
    1. 業界の実情
    2. 各企業が抱える課題点
  3. 促進試験の時短対策
  4. 試験手法の実例
    1. 物理特性からの推測
      1. 物理特性をとらえる
        1. 流動性
        2. 硬さ
        3. 色、およびその変化
        4. 粒子観察
      2. 五感検査でとらえる
        1. 視覚
        2. 臭覚
        3. テクスチュア
    2. 化学変化からの予測
      1. 見極め方と予測
      2. 実例を踏まえて
  5. 容器形態により起こるトラブルの予測
    1. チューブ容器
    2. シリンジ容器
    3. スポイド容器
    4. ディスペンサー容器
    5. 不織布マスク
  6. 製剤毎におこる特異的品質課題の対策
    1. 水モノ剤型
    2. 乳化物剤型
      1. 遠心分離試験
      2. 動的試験
      3. 顕微鏡観察
      4. 粒度分布測定
    3. 洗顔料
    4. その他
  7. まとめ

会場

大阪市立中央会館

2F 第4会議室

大阪府 大阪市 中央区島之内2丁目12-31
大阪市立中央会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/5/28 やさしいGMP超入門 東京都
2018/5/28 当局が求める製品品質照査/データの効率的な収集と報告書の作成 東京都
2018/5/28 「GMP適合性調査・自己点検」「製品品質照査」コース 東京都
2018/5/28 ヒューマンエラー・逸脱を低減するGMP手順書・記録書の書き方・工夫事例とGMP文書管理負担低減への手法 東京都
2018/5/29 医薬品製造方法の一変申請・軽微変更届の判断基準、齟齬防止対策と齟齬時の対応 東京都
2018/5/29 コンピュータ化システムバリデーション 基礎講座 東京都
2018/5/29 経皮吸収とその評価方法 東京都
2018/5/30 医薬品/医療機器等の開発・薬事担当者のためのリーガルマネジメント 東京都
2018/5/31 化粧品・医薬部外品のGMP管理・監査のポイント 東京都
2018/5/31 リップ化粧品の色・つや・持続性・使用感等の向上技術 東京都
2018/6/4 再生医療等製品製造のリスク評価と細胞加工施設の適格性評価・バリデーションのポイント 大阪府
2018/6/6 GMP入門 大阪府
2018/6/7 化粧品の防腐処方設計と保存効力試験実施のポイント 大阪府
2018/6/8 医薬品開発・申請ステージにおけるグローバル治験薬GMPの要件と治験薬品質保証システム / 日本と海外との比較 東京都
2018/6/14 原薬製造スケールアップでの品質リスク要因とマイクロリアクター実用化/GMPレベルでの生産 京都府
2018/6/15 無菌製剤製造経験からみた再生医療等製品の製造・品質管理/設備設計およびGCTP省令 京都府
2018/6/19 治験薬GMPにおける生データの取り扱いとデータインテグリティ対応 東京都
2018/6/19 再生医療製品の国内薬事規制とPMDA対応ポイント 東京都
2018/6/21 PIC/S GMPサイトマスターファイル作成 (英文・ひな形) ・図面作図例/記載内容のレベル感と査察の印象を良くする方法 東京都
2018/6/26 一般および高薬理マルチパーパス設備におけるPIC/S時代の洗浄実務と暴露許容値の設定 東京都

関連する出版物

発行年月
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/5/31 スキンケア化粧品の官能評価ハンドブック
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/27 医薬品包装・容器の材料要求特性と3極局方の品質基準・試験法
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/8/28 化粧品・医薬部外品およびその原料の安全性評価と規格・試験法設定
2013/8/28 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法“超”入門講座
2013/3/17 ICH QトリオとQ11導入・実践・継続への取組み
2013/2/27 リスクマネジメント・CAPA(是正措置・予防措置)導入手引書
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/9/27 各国GMP要求の徹底比較・適合方法と査察対応
2012/7/4 薬事法・景品表示法 実践 戦略パック
2012/6/20 3極GMPに対応した設備適格性評価と保守・点検管理
2012/5/25 化粧品13社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/5/25 化粧品13社 技術開発実態分析調査報告書
2012/3/13 超入門 GMP基礎セミナー