技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

化粧品官能評価試験の手法と実例

化粧品官能評価試験の手法と実例

~「とろみ感」「もっちり感」etc... 項目・尺度の決め方から使用感触の見せ方・試験方法まで徹底解説~
東京都 開催

開催日

  • 2017年11月22日(水) 12時30分 16時15分

修得知識

  • 触感現象の物理化学的な捉え方
  • 化粧品使用感の主観的評価法
  • 化粧品評価技術
  • 化粧品処方開発のヒント
  • ぬり心地の主観評価方法
  • ぬり心地の機器評価方法

プログラム

第1部: 「化粧品官能評価試験手法と伝えるコツ、触感の不易流行」

(2017年11月22日 12:30~14:30)

 化粧品の評価には、人がどう感じるかを表す主観的評価 (官能評価) が重要である。そこで、基本的なことから、触感、使用感の捉え方、評価項目・評価尺度の決め方、評価用語の発想と選定、専門パネルのつくり方について実例を交えてお話しする。後半では、人に伝わる化粧品の使用感触の見せ方・試験方法を示す。担当して18年目になる講談社発行VOCEに掲載の「実験VOCE」を参考に、どう発想し、どう発展させるかそのコツも考えたい。さらに、人や社会には不易流行の意識がある。
 化粧品市場においてもその傾向は顕著である。化粧品の使用感においても、時代とともに移り変わるものと変わらない好ましい触感があるのか検証したい

  1. 触感、使用感の捉え方
  2. 化粧品評価方法
    1. 評価項目
    2. 評価尺度の決め方
    3. 評価用語の発想と選定
    4. 専門パネルのつくり方、サンプル設定
  3. 化粧品評価の実例
  4. 化粧品の使用感触の伝え方
  5. 触感における好みの不易流行

第2部:「スキンケア化粧品のぬり心地の評価法の開発」

(2017年11月22日 14:45~16:15)

 化粧品のぬり心地を評価するための主観評価では、精度の高い評価が可能となるが、多数の化粧品を毎回の評価ごとに同じ値で数値化することは難しい。主観評価に基づいた機器評価法を開発し、ぬり心地を数値化できれば、多数の化粧品におけるぬり心地の位置づけを把握することができる。
 本セミナーでは、化粧品のぬり心地を数値化するための取組みについて紹介する。また、構築した機器評価の活用事例も紹介する。

  1. 快適性評価技術
  2. スキンケア化粧品のぬり心地の主観評価
    1. 主観評価方法
    2. シェッフェの一対比較法 (中屋の変法)
    3. 塗布中のぬり心地の評価 – 「とろみ感」「伸びの良さ感」 –
    4. 塗布3分後のぬり心地の評価 – 「もっちり感」「べたつき感」 –
  3. 「もっちり感」「べたつき感」の機器評価
    1. 剥離力測定法
    2. 化粧品残存率測定法
  4. ぬり心地マップの作成と活用事例紹介
  5. 天然保湿剤のうるおいメカニズムの紹介

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/7/23 におい・香りの感受メカニズムとその評価、活用例 東京都
2018/7/26 統計解析をつかわなくてもわかる分析法バリデーション入門講座 東京都
2018/7/28 触覚フィードバック技術とその応用事例 東京都
2018/7/30 アジア各国 (日本、中国、韓国、台湾、ASEAN) の化粧品成分規制と輸出入可否判断のポイント 東京都
2018/8/7 生体情報計測による感情の可視化技術 東京都
2018/8/9 狙いどおりの触感をつくるためのヒトの触知覚特性と製品開発事例 東京都
2018/8/21 食品期限設定のための加速試験とその解析法 東京都
2018/8/27 香りの生理・心理的評価手法の課題と新評価法による製品開発等への活用 東京都
2018/8/28 化粧品における広告表現規制と魅せるテクニック 東京都
2018/8/29 スキンケア化粧品の剤型別処方設計のポイントとトラブル事例 東京都
2018/8/30 官能評価の進め方、パネルの選定・育成とデータ解析 東京都
2018/9/3 官能評価の基礎・感覚の定量化と商品開発 大阪府
2018/9/4 複合臭におけるにおいのメカニズムと定量評価 東京都
2018/9/7 化粧品製造における品質保証と作業員教育の実践 東京都
2018/9/14 プラスチック・ゴム製品のための視覚的価値の付与技術 東京都
2018/9/27 化粧品の剤型別にみる安定性試験法と品質保証のポイント 東京都
2018/10/23 オイルゲルの基礎と使用感触・製品安定性のコントロール 東京都
2018/11/8 繊維製品の肌触り・触感評価 大阪府