技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

プラスチック・ゴム製品のための感性価値の具現化技術

プラスチック・ゴム製品のための感性価値の具現化技術

東京都 開催

開催日

  • 2017年9月14日(木) 10時30分 16時30分

プログラム

 高分子製品開発の中心軸は長い間、その強度・耐熱性・経済性の向上に置かれていました。それら製品の用途展開が一段落した現在、新たな方向性として ”使う人の心を満たす製品とそれを具現化する技術 ”に関心が集まりつつあります。背景に医療工学の進歩や人々の価値観の変化が挙げられます。しかし、技術者の立場に立つと「具体的に何をどのように行い製品を開発すれば良いのか」が茫洋としているため、着手すること自体が難しい課題となっています。
 本講座では高分子製品に感性価値を付与するために欠かせない、化学・物理学・光学・生理学の基礎的な解説から始めます。また「人の心に寄り添う」という抽象的概念を、現実の高分子製品開発の職能に投影させることで、成すべき技術課題の具体化に道筋の付 け方を説明します。技術的困難性は高くないものの着想と美意識が求められる本課題を、 技術者に寄り添いながら多面的にお話させていただくつもりです。

  1. 概論 感性訴求型という新しい高分子製品の開発と価値観
    1. 飽和市場である高分子製品領域において感性製品が注目される背景
    2. 工業品と趣向品の境界 … 100円ショップの墨と10万円工房墨
    3. 移り気な美意識との対話 … 木目を尊ぶ日本人・塗りつぶす欧米人
  2. 【学ぶ】 五感に影響を与える要素の把握
    1. 「塗装面」と「印刷面」における可視光認識の真逆
    2. 本物志向の手本である「天然素材」の表面構造
    3. 理解してから取り組みたい「電磁波」「音波」の物理学
    4. 最新分析機器では歯が立たない「嗅覚」「聴覚再現」という未踏領域
  3. 【見る】 視認性を制御する技術
    1. ヒトの色相認知メカニズムと顔料発色機構の理解
    2. シルクと真珠の光沢から学ぶ ”美しい” という感覚
    3. 安っぽさの元凶 マイグレーション性材料制御の基本
    4. 新顔登場「構造色顔料」の可視光制御システムと応用
  4. 【触れる】 触感への関与因子と制御技術
    1. 熱伝導率が及ぼす影響力と制御技術
    2. 比弾性率と手触り感との相関性
    3. 帯電性と親水性が及ぼす触感への影響
    4. ”赤ちゃんの肌” の再現から考えるポリマー選択眼
  5. 【考える】 開発技術者に求められる総合力
    1. エセ商品を世に出さないための論点 ~「備長炭配合製品」を教材とした科学的検証
    2. 似せても”まがいもの”の評価が待つプラスチック製品に対する感性価値
    3. 技術者の挑戦課題で終わらせないマーケテイング戦略
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 渡辺 聡志
    材料技術研究所
    技術コンサルタント

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第2講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 35,750円 (税別) / 38,610円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき7,560円割引
  • 3名以上で参加の場合、1名につき10,800円割引
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/1/25 感性の定量評価と製品開発への応用 東京都
2018/1/26 高分子材料中の添加剤の分析法 : 基礎~実践ガイド 東京都
2018/1/26 押出混練におけるスクリュ制御、最適化、トラブル対策 東京都
2018/1/26 自己修復性ポリマーの基礎と応用 東京都
2018/1/29 感性・官能評価用アンケート設計と物性値への落とし込み 東京都
2018/1/29 プラスチック射出成形技術の最新動向と応用技術 東京都
2018/1/30 高分子のモルフォロジー制御とその評価 東京都
2018/1/30 次世代高分子材料設計技術者への伝言 (伝えたいこと) 東京都
2018/2/5 水溶性高分子の基礎と応用 大阪府
2018/2/6 難接着プラスチックの表面処理技術 東京都
2018/2/6 熱可塑性エラストマーの構造と物性制御、解析方法 大阪府
2018/2/6 シランカップリング剤の基礎と上手な活用法 大阪府
2018/2/7 UV硬化技術の基礎と光硬化開始剤の設計と選択方法 大阪府
2018/2/7 セルロースナノファイバーの基本特性と樹脂複合化による実用化展開 大阪府
2018/2/8 固体高分子材料の動的粘弾性測定 東京都
2018/2/13 プラスチックレンズの材料設計、成形加工技術 東京都
2018/2/13 住宅・建築物用樹脂窓の断熱・気密性向上と環境負荷の低減評価 東京都
2018/2/13 プラスチックにおける残留応力の発生メカニズムと応力解放に伴う変形予測法 東京都
2018/2/13 高分子材料の難燃化技術 東京都
2018/2/14 プラスチック・ゴム・粘/接着剤の劣化メカニズムと寿命予測・評価方法・劣化加速試験条件の設定 東京都