技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

災害対応通信インフラ最前線

国土交通省/東北インテリジェント通信/NTT東/NTTコミュニケーションズ

災害対応通信インフラ最前線

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2013年5月28日(火) 13時00分 17時00分

プログラム

1. 国土交通省の災害対応通信インフラ

~東日本大震災対応と復旧・復興への取組み~

(2013年5月28日 13:00〜13:55)

国土交通省 東北地方整備局 情報通信技術調整官
鈴木 弘二 (すずき ひろじ) 氏

 国土交通省では、河川・道路等の管理や災害対応のため、様々な電気通信施設の管理・運用を行っている。放流制御設備や照明設備などダムやトンネル等の大規模な構造物と一体となって機能する設備、雨量や水位などの水象データ収集設備、河川・道路情報表示設備や路側放送設備 (道路ラジオ) 、VICSビーコンなどの情報提供設備、災害対策のための災害情報 (監視映像等) を収集する設備など、社会インフラとして重要な役割を果たしている。
 本講演では、東日本大震災における災害対応通信インフラの運用状況と電気通信施設の復旧・復興への取組みについて、国土交通省東北地方整備局災害対策本部 (本部長:徳山局長) において情報通信班長として東北管内及び全国から派遣されたTEC-FORCEなどを指揮した経験を踏まえ、その概要と進捗状況などを紹介する。

  1. 東日本大震災における東北地方整備局の対応
  2. 東日本大震災に関する他機関等との情報共有 (情報連携)
  3. 東日本大震災を踏まえた国土交通省電気通信施設に関する取組み
  4. 質疑応答/名刺交換

2. 東日本大震災での復旧活動と今後の取組みについて

(2013年5月28日 14:00〜14:55)

東北インテリジェント通信 (株) 代表取締役社長
柴田 一成 (しばた かずしげ) 氏

 東北インテリジェント通信 (TOHKnet,トークネット) は、東北6県と新潟県に光ファイバーケーブルを保有し、大容量・高速・高品質の情報通信ネットワークを提供する東北電力企業グループの電気通信事業者です。2011年3月11日に発生した東日本大震災では、局舎や光ファイバーケーブルにかなりの被害がありましたが、基幹系ネットワークを停止させることなく、2ヶ月後の5月上旬には、90%以上の復旧を成し遂げることができました。
 本講演では、当社の被災時の状況と対応、そして復興に向けた今後の展開等について、ご紹介いたします。

  1. 東日本大震災の概要
  2. TOHKnet被害の概要
  3. 復旧体制
  4. 復旧活動
  5. 課題と対策
  6. 質疑応答/名刺交換

3. NTT東日本における通信基盤設備の災害対策概要と設備永続化に向けた取組み

(2011年3月11日 15:05〜16:00)

東日本電信電話 (株) ネットワーク事業推進本部
設備部設備計画部門 基盤設備担当部長
櫻田 孝喜 (さくらだ たかき) 氏

 NTT東日本は、大規模災害を教訓に通信ネットワークの更なる信頼性向上を目指し、いつ、いかなる時にも「つなぐ」というサービスを提供し続けるための様々な取組みを行っています。
 今回は、通信ネットワークを支える基盤設備 (とう道、管路、マンホール等の土木設備) の災害対策概要と、将来にわたり基盤設備を安心・安全に維持管理していくための点検補修技術、手法等について紹介します。

  1. NTT東日本が保有する基盤設備の概要と維持管理体制
  2. 震災を教訓とした基盤設備災害対策技術
  3. 東日本大震災における基盤設備の被害状況
  4. 基盤設備を安心・安全に維持管理する点検補修技術、メンテナンス手法
  5. 今後の基盤設備の永続化に向けた取組み
  6. 質疑応答/名刺交換

4. NTTコミュニケーションズにおける通信インフラへの災害対策とサービス救済への取組み

~東日本大震災における実例に基づく紹介~

(2011年3月11日 16:05〜17:00)

NTTコミュニケーションズ (株) カスタマサービス部 危機管理室長
平良 聡 (たいら さとる) 氏

 NTTコミュニケーションズは、様々なサービスにおける県間通信インフラと海外との通信インフラを保有し、END TO ENDでお客様にサービスを提供する電気通信事業者です。東日本大震災では、東北との中継ケーブルと、アメリカとの海底ケーブルで大きな被害がありましたが、サービスを中断させることなく復旧を実現しておりました。
 今回は、通信インフラに対する日頃の災害対策と復旧に向けた取組みを実例を踏まえ紹介します。

  1. 東日本大震災におけるNTTComの被災状況と復旧対応
  2. 通信インフラに対する保全・維持管理への取組み
  3. 東日本大震災を教訓とした通信インフラへの災害対策
  4. 質疑応答/名刺交換

講師

  • 鈴木 弘二
    国土交通省 東北地方整備局 情報通信技術調整官
  • 柴田 一成
    東北インテリジェント通信(株)
    代表取締役社長
  • 櫻田 孝喜
    東日本電信電話(株) ネットワーク事業推進本部 設備部設備計画部門
    基盤設備担当部長
  • 平良 聡
    NTTコミュニケーションズ(株) カスタマサービス部
    危機管理室長

会場

新橋愛宕山 東急REIホテル
東京都 港区 愛宕1丁目6-6
新橋愛宕山 東急REIホテルの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 25,000円 (税別) / 26,250円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/8 医薬品の多様性を考慮した外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策の具体的ポイント オンライン
2024/3/11 製造業における外注品質向上のための管理ポイント オンライン
2024/3/13 生体情報センシングの基礎とデータ処理・活用および応用展開 オンライン
2024/3/15 信頼性の基礎 (2日間) オンライン
2024/3/15 信頼性の基礎 (1) オンライン
2024/3/19 信頼性の基礎と加速試験の進め方および試験結果の活用法 オンライン
2024/3/19 光・電波融合デバイス・システムの基礎と技術動向 オンライン
2024/3/22 生体情報センシングの基礎とデータ処理・活用および応用展開 オンライン
2024/3/22 信頼性の基礎 (2) オンライン
2024/3/25 はじめての品質対応 / なんとか改善したい品質対応…5つのポイント オンライン
2024/3/26 5G、IoT用最新小形アンテナ技術の設計・実装と各種測定法 オンライン
2024/3/28 特許情報からみたBeyond 5G 材料開発戦争 2023 オンライン
2024/3/28 固体高分子の破壊とタフニング オンライン
2024/3/29 QC工程表・作業標準書の作り方 オンライン
2024/3/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題解決) オンライン
2024/3/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2024/3/29 抜取検査 オンライン
2024/4/3 5G、IoT用最新小形アンテナ技術の設計・実装と各種測定法 オンライン
2024/4/5 GMP文書および記録作成と手順書改訂時における具体的な品質照査 (レビュー) オンライン
2024/4/8 信頼性試験の基本と統計的手法の使い方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/11/30 次世代高速通信に対応する光回路実装、デバイスの開発
2022/1/12 製造DX推進のための外観検査自動化ガイドブック
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ガイドライン
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ポリシー
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害時システム対策本部行動基準 (サイト毎)
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策計画書 (サイト毎)
2020/11/6 QC工程表・作業手順書の作り方
2020/6/11 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材
2019/8/30 ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2015/10/22 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2013/1/31 ヒューマンエラー対策 事例集