技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

FDA QMSR発出のインパクトセミナー

FDA QMSR発出のインパクトセミナー

~QSRからQMSRに何が変わるのか?~
オンライン 開催

開催日

  • 2024年3月7日(木) 13時30分 16時30分

修得知識

  • QSRからQMSRへ一体何が変わるのか?
  • 日本の医療機器企業としてのインパクト
  • QMSRとISO 13485の違い
  • 医療機器企業として実施しなければならない事項

プログラム

 2024年1月31日、FDAは「品質マネジメントシステム規則」 (21CFR Part 820:Quality Management System Regulations / QMSR) と呼ばれる最終ルールを公表しました。QMSRは、現行のQSR (品質システム規則:Quality System Regulations) をISO 13485:2016に整合させるものです。対応期限は2年後の2026年2月2日までとなりました。米国に医療機器を輸出している日本の医療機器企業にとって、いったいどのようなインパクトがあるのでしょうか?
 QSRは1996年10月7日に現行の規則が発効されて以降、20年以上に渡り米国における医療機器品質システム規制として機能してきたものです。これまでの間、QSRは軽微な修正はあったものの、改定は一度も実施されてきませんでした。FDAがQSRによる規制を実施する一方で、品質システム規制に対する当局の期待は時代とともに変化し続けてきました。
 日本や欧州、カナダといった多くの国の規制当局は、医療機器の品質システムに関するマネジメント規格であるISO 13485を品質システム規制として取り入れています。FDAも、他国の規制当局との調和の利点を認識しており、MDSAPへの参加等、規制のハーモナイゼーション活動に取り組んできました。そして今般、医療機器品質システム規制の国際整合を目指し、QSRのISO13485:2016への調和を目指すこととなりました。
 QMSRはISO 13485:2016の要求事項を組み込むことにより、ISO 13485:2016と多くの要求を整合させています。その一方で、苦情ファイル等の記録の保持に関してISO 13485:2016に追加的要求事項を上乗せしています。
 本セミナーでは、QMSRにおける改正点のみではなく、QMSR全般について詳しくわかりやすく解説します。また、QMSRの要求事項およびISO 13485:2016との差異、QMSRの要求事項を満たすQMS構築について分かり易く要点を解説します。

  1. 改正の経緯
    • なぜFDAはQSRをQMSRに移行させるのか
    • Part 820 (QSR) 改正の経緯
    • ISO 13485の進化とQSRとの類似性の高まり
    • FDAの国際調和のための努力
    • MDSAPへの参加
  2. FDAの医療機器規制の歴史
    • FDA医療機器規制の歴史
    • 医療機器品質マネジメントシステム (QMS) 規格の歴史
    • 21 CFR Part 820 QSR (目次)
  3. 改正のポイント
    • 改正のポイント
    • ISO 13485認証とQMSR採用後のFDA査察の関係
    • 日本の医療機器企業におけるインパクトと対応方法
    • MDSAPへの影響
    • 改正QMSRの施行について
  4. QMSRの要点
    • QMSRの要点
    • 要点1.QMSRの要求事項は実質的にQSRとほぼ同じである
    • 要点2.ISO 13485:2016をそのまま引用し、追加事項要求事項を加えたもの
    • 要点3.QMSRの遵守=ISO 13485:2016の遵守に繋がるように設計されている
    • 日本のQMS省令と米国のQMSRの立て付けの違い
    • 要点4.QMSRでは、原則として現行のPart 820 QSRの要求事項を取下げ、ISO 13485:2016の要求事項を採用する。
    • 要点5.ISO 13485への追加的要求事項
    • 要点6.QMSRでは「リスクマネジメント活動」の範囲がQSRよりも広がる
    • 要点7.記録
  5. ISO 13485:2016との差異
    • ISO 13485:2016と現行QSRの差異
    • ISO 13485:2016とQMSR (案) との差異
  6. 改正点の詳細 (逐条解説)
    • QSRとQMSRの目次の差異
    • 改正点 – §820.1 適用範囲
    • 改正点 – §820.3 用語の定義
    • QSRとQMSRにおける用語の定義の差異
    • FD&C法とISO 13485における「ラベリング」
    • QSRとQMSRにおける用語の定義の差異
    • 「製造業者」の定義
    • QSRとQMSRにおける用語の定義の差異
    • 「製品」の定義
    • 改正点 – §820.7 参照による組み込み
    • Part 820 – 品質マネジメントシステム規制 (QMSR) サブパートA – 総則
      §820.7 参照による組み込み
    • QMSRでは「リスクマネジメント活動」の範囲がQSRよりも広がる
    • QSRとISO 13485におけるリスクマネジメント
    • 改正点 – §820.10 品質マネジメントシステムの要求事項
    • QSR「820.5 品質システム」とQMSR「820.10 QMSに対する要求事項」の比較
    • ISO 13485:2016の「適用される規制要求事項」に対応する規定
    • 設計管理の適用範囲に係る要求事項
    • 生命維持装置に関するトレーサビリティ要求
    • 要求事項不遵守の場合の規定
    • 改正点 – §820.15 概念の明確化
    • §820.15 概念の明確化
    • 改正点 – サブパートB 補足条項
    • 改正点 – §820.35 記録の管理
    • 記録の承認者の署名および承認日の明記
    • 苦情に関する記録についての追加的要求事項
    • 現行QSRにおける苦情の記録に係る要求事項
    • 附帯サービスに関する記録についての追加的要求事項
    • UDIの記録の要求
    • コンフィデンシャルな記録の取扱い
    • 改正点 – §820.45 機器のラベリングおよび包装の管理
    • FDAが§820.45 機器のラベリングおよび包装の管理を要求する理由
    • 機器のラベリングおよび包装の管理に関する手順の確立・維持
    • 機器のラベリングおよび包装の正確性の検査
    • 機器のラベリングの払い出し
    • ラベリング・包装作業における誤り防止のための手順の確立・維持
  7. Frequently Asked Questions

講師

  • 村山 浩一
    株式会社 イーコンプライアンス
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,000円 (税別) / 33,000円 (税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/22 人工知能/機械学習等プログラム医療機器の承認・認証・保険適用とサイバーセキュリティの基礎及び最新動向 オンライン
2024/4/22 薬事承認・保険適用・診療報酬改定に関する理解とそれらを総合した戦略の重要性とその要点 全2コース オンライン
2024/4/22 薬事承認・保険適用・診療報酬改定に関する理解とそれらを総合した戦略の重要性とその要点 (実践・戦略編) オンライン
2024/4/23 ポリマー表面へのタンパク質吸着制御と評価、表面設計 オンライン
2024/4/24 アメリカにおける体外診断薬の事業戦略策定と参入のポイント オンライン
2024/4/25 無菌・滅菌製品、滅菌プロセス、滅菌バリデーション業務者教育コース (初級・入門 Aコース + 中・上級 Bコース) オンライン
2024/4/25 滅菌の基礎と滅菌バリデーション入門 オンライン
2024/4/25 欧州医療機器規制MDR (Medical Device Regulation) セミナー オンライン
2024/4/26 中東主要国の薬事規制比較と現地対応手法 オンライン
2024/4/26 医療機器とヘルスケア機器 (非医療機器) に向けた薬機法と製品/パッケージデザイン・商品プロモーション開発 会場・オンライン
2024/5/8 中東主要国の薬事規制比較と現地対応手法 オンライン
2024/5/9 無菌・滅菌製品、滅菌プロセス、滅菌バリデーション業務者教育コース (初級・入門 Aコース + 中・上級 Bコース) オンライン
2024/5/9 滅菌バリデーションの深堀と見落としがちな滅菌バリデーションの留意点、最新米国FDA等EO環境問題と代替滅菌プログラム動向、無菌性保証とパラメトリックリリース (PIC/S ANNEX17) とその推奨 オンライン
2024/5/9 滅菌の基礎と滅菌バリデーション入門 オンライン
2024/5/10 医療機器とヘルスケア機器 (非医療機器) に向けた薬機法と製品/パッケージデザイン・商品プロモーション開発 オンライン
2024/5/13 欧州体外診断用医療機器規則 (IVDR) の要求事項と対応ノウハウ オンライン
2024/5/15 ユーザビリティエンジニアリング要点セミナー オンライン
2024/5/16 ISO 13485:2016が要求する医療機器サンプルサイズの根拠を伴う統計学的手法 (全2コース) オンライン
2024/5/16 ISO 13485:2016が要求する医療機器サンプルサイズの根拠を伴う統計学的手法 (Aコース 基礎編) オンライン
2024/5/16 Computer Software Assuranceセミナー オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/12/31 機械学習・ディープラーニングによる "異常検知" 技術と活用事例集
2022/9/30 5G時代のデジタルヘルスとその事業化
2022/8/31 医療機器の設計開発における統計的手法とそのサンプルサイズ設定
2021/11/10 医療機器製造におけるバリデーション基礎講座
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/4/28 医療機器の保険適用戦略
2021/4/28 医療機器の保険適用戦略 (製本版 + ebook版)
2021/3/15 体温計
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2021/2/25 CAPA規程・手順書・様式
2021/2/1 ISO13485:2016対応 QMSひな形集一式
2020/10/28 QMS/ISO関係をふまえた医療機器「プロセス」「滅菌」「包装」「ソフトウェア」バリデーションの進め方
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/6/27 FDAが要求するCAPA導入の留意点
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集