技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

顧客経験価値を創造する商品開発入門

顧客経験価値を創造する商品開発入門

東京都 開催 会場・オンライン 開催

開催日

  • 2023年12月21日(木) 13時00分 17時00分

受講対象者

  • 研究開発部門
  • 商品企画開発部門、マーケティング戦略部門、設計開発部門
  • 新製品・新事業開発部門、M&A/アライアンス部門、市場調査部門
  • 製造技術部門、技術営業部門
  • 知的財産部門、技術調査部門
  • 大学の研究者、産学協同部門

修得知識

  • 顧客経験価値の基本構造と仕組み
  • 自社の商品開発を前提とした効果的な顧客経験価値の創造ステップ
  • 顧客経験価値創造のための商品開発が、これまでの技術を起点とした商品開発と大きく異なること
  • 顧客経験価値開発を進めていく上での個人と組織の能力開発の方法

プログラム

 最終消費者であれ法人であれ、レンタルリース、サブスクリプション、シェアリングエコノミーなどの普及で、モノを「買う」という行為が少なくなり、サービスを通じてモノの価値を利用することに変化してきています。
 商品企画もかつて技術開発による物理的、機能的なモノやのサービスの企画が主体で、顧客が購入してくれること、つまり売上・利益に重点が置かれていましたが、これからは、顧客がどのような場面で、どう利用し、ベネフィットを感じるかといった顧客側の利用に重点を置かなければなりません。
 顧客が商品を利用し続けるには、顧客経験価値が常に高くなくてはならず、顧客との継続した接点と、必要な状況で必要なモノやサービスを提供するビジネスモデルが必須となります。またAI、IoTなどのDXの発展でその環境は成熟してきています。
 以上のような点から、これまでの技術開発に起点をおいた商品開発のあり方は大きく変革しなければならず、独自の顧客経験価値を生み出す商品開発でなければなりません。
 本セミナーは、日本企業が得意とする技術を重視しつつも、その強みを、顧客経験価値をベースにした新たな商品開発手法に変革するためのものです。

  1. 顧客は何を購入しているのか
    1. サブスクリプション、シェアリングエコノミーで顧客が購入しているのは何か?
    2. 売れる商品が変化している「なりたい自分になれるもの」「自分の好きな空間」
    3. 予測技術が進みライフステージを意識する消費が成長している
    4. 顧客の価値観変化についていけていない既存業界
    5. AI、IoTなど、サイバー空間が普及し刻々と変化する商品の形態とその開発方法
    6. 個人の主観で考えたものが顧客の欲しいものになることが多い
    7. 顧客は何を購入しているのか
      1. ユーザーエクスペリエンス“顧客経験価値”とは
      2. 経験価値の入り口はSense (感じる) とFeel (思う) 、そしてThink (考える) 、Act (行動する) 、Relate (繋がる) へ
      3. 「商品を開発する」から「顧客と共創する」へ
  2. コトづくりのための「顧客経験価値」の理解
    1. まず「商品」の定義を変えろ
    2. コトづくりのための「顧客経験価値」の理解
      1. 「顧客経験価値」とは顧客の個人の価値観や感情、感性に働きかける
      2. 「顧客経験価値」ワンウェイではなく双方向コミュニケーションである
      3. シュミットの経験価値モジュールとは
      4. 売手の視点の「顧客提供価値」「商品価値」と顧客個人視点の「顧客経験価値」
    3. 「顧客経験価値」の詳細構造と仕組みを理解する
      1. 事業活動と顧客経験価値の生成・変化
      2. そもそも顧客価値とは何か?
      3. 顧客経験価値と直接的商品価値に分ける
      4. 時間的視点でみた顧客経験価値
      5. 優れた顧客経験価値とは「夢にあふれた顧客の経験ストーリー」である
    4. インパクトある顧客経験価値とは
      1. 新しい独自の意味を与えてくれるもの
      2. 従来のやり方、発想を破壊するもの
      3. 物語としての面白さ、独自性があるもの
      4. 人や社会、地球環境視点での普遍性
  3. 顧客経験価値のための商品開発の7つのコンセプト
    1. これまでの商品開発と顧客経験価値のための商品開発の違い
      1. コンセプト1:商品の開発ではなく意味の開発を目指す
      2. コンセプト2:新しい意味を作り出せそうな異業種でプロジェクトを組む
      3. コンセプト3:調査分析からではなく、個人の主観からスタートさせる
      4. コンセプト4:世の中の変化の本質をつかむ
      5. コンセプト5:計画よりも身近なことで実証を繰り返す
      6. コンセプト6:アイデアで終わらずにコンセプト化する
      7. コンセプト7:ストーリーとしての面白さを妥協しない
  4. 顧客経験価値のための商品開発の全体設計と準備、事業企画開発フェーズ
    1. 顧客経験価値のための商品開発の全体像とフェーズ
    2. 準備フェーズ
      1. 商品企画開発プロジェクトの背景、目的、目標・成果の設定
      2. 商品企画開発プロジェクトの組織体制づくり
      3. プロジェクトの実施スケジュールと予算
    3. 事業企画開発仮説フェーズ
      1. 事業企画開発仮説とは何か
      2. 事業企画開発仮説の4つの視点の具体的な内容と発想
        1. コアコンピタンスの視点での仮説
        2. 市場イノベーションの視点での仮説
        3. 顧客経験価値仮説の視点での仮説
        4. 商品企画仮説の視点での仮説
      3. 効果的な事業企画開発仮説のための3つの方法
  5. 商品企画開発仮説フェーズ
    1. 機能とコスト中心の商品企画開発から脱却するために
    2. 顧客経験価値を企画するための6つの手法
    3. デザインシンキング
    4. タウンウォッチング
    5. 現場観察 (エクスペリアンス調査)
    6. 異業種アイデアソン
    7. ペルソナデザイン
    8. カスタマーエクスペリエンスマップ
    9. 顧客経験価値の分析と仮説まとめ
    10. 商品アイデア発想
  6. 仮説検証フェーズ
    1. 2つの仮説検証方法
    2. マーケティングリサーチ
      1. 新たなマーケティングリサーチの目的とは
      2. マクロトレンド
      3. エコシステム (業界構造) 分析
      4. 有望市場分析
      5. 有望市場とターゲット市場の関係
      6. ターゲット市場分析
      7. ターゲット市場での競合分析
    3. PoC (実証実験:Proof of Concept)
      1. PoC (Proof of Concept) の計画
      2. 顧客経験価値重視の商品企画開発におけるPoCの位置づけ
      3. PoCの企画方法
      4. PoCの実施
      5. PoC結果分析
  7. 事業戦略構想書作成フェーズ
    1. 事業戦略構想とは
    2. 事業のパーパス、ビジョン
    3. 顧客経験価値、商品企画仮説、ビジネスモデル仮説
    4. 仮説検証:マーケティングリサーチと実証実験 (PoC) 結果
    5. SWOT分析と事業成功の要因
    6. ターゲット顧客と顧客経験価値戦略
    7. エコシステム・ビジネスモデル戦略
    8. 顧客経験価値開発のためのマーケティング戦略
    9. 商品開発計画
    10. マーケティング開発計画
    11. 技術開発計画
    12. 事業開発ロードマップ
    13. 事業計画とリスク分析、対応
    14. 当面のアクションプラン
    15. 実行組織体制
  8. イノベーティブな商品企画開発実践するためのトレーニング
    1. 個人の能力をアップさせる
      1. 顧客経験価値を創造できる人=クリエターエコノミーの時代
      2. 顧客経験価値=「意味」を創り出すこととは
      3. 自分の生き方、価値観を明確に持ち、人からも学ぶ
      4. Sense (知覚) 、Feel (感情) 、デザイン力を鍛える
      5. 社外ネットワークを積極的につくり、活用する
      6. 社会課題を考え、実際に行動する
      7. ヒット商品、競合企業、製品のベンチマーキングを行う
      8. プロセスを重視する
      9. システムシンキング力を鍛える
      10. 小さく始める、スタートアップを経験する
      11. 「失敗」という概念をなくする
    2. 組織能力をアップさせる
      1. 商品開発の基本ツールを整備し、実践で使えるようにする
      2. トレーニングも兼ねた実践商品開発研修を定期的に実践する
      3. 誰もが挑戦できる自由な商品企画開発の場を設定する
      4. 仕事の中で商品企画開発のために自由に使える時間を確保する (10%から15%)
    • 質疑応答

会場

江東区産業会館

第2会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 35,000円(税別) / 38,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 35,000円(税別) / 38,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

会場受講 / Zoomを使ったライブ配信対応セミナー

会場受講 または オンラインセミナーのいずれかをご選択いただけます。
お申し込みの際、受講方法の欄にて、会場受講またはオンライン受講をご指定ください。

オンラインセミナーをご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。

  • ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/5 技術ロードマップ作成入門と実践的活用法 オンライン
2024/3/5 研究開発・製品開発投資の収益性評価と費用配賦の考え方・進め方 オンライン
2024/3/7 技術の横展開による新規事業テーマの発掘と進め方 会場
2024/3/8 新規事業テーマの評価と中止/撤退判断の仕方 オンライン
2024/3/12 研究開発部門による3つの重要要素に基づく骨太の事業戦略の策定 オンライン
2024/3/13 高付加価値製品の開発に必須の技術者のための実践マーケティングセミナー オンライン
2024/3/15 研究開発部門が行う高収益ビジネスモデルの構築 オンライン
2024/3/15 研究者・技術者のためのビジネス情報収集&資料作成術 オンライン
2024/3/22 技術者・研究者のためのマーケティング オンライン
2024/3/27 研究者・技術者のためのビジネス情報収集&資料作成術 オンライン
2024/3/28 ステージゲート・プロセスの基本・本質の理解とテーマの評価・意思決定での活用 オンライン
2024/3/28 未来予測のための情報収集とそのまとめ方、読み解き方 オンライン
2024/3/28 特許情報からみたBeyond 5G 材料開発戦争 2023 オンライン
2024/3/28 顧客の潜在意識から読み解く化粧品マーケティング入門講座 オンライン
2024/4/2 顧客の潜在意識から読み解く化粧品マーケティング入門講座 オンライン
2024/4/3 自社の長期的・持続的成長のための自社保有技術の棚卸と未来志向でのコア技術の設定 オンライン
2024/4/5 新商品・新規事業創出、新市場開拓のための「BtoBマーケティング」 オンライン
2024/4/5 技術者・研究者のためのマーケティング オンライン
2024/4/10 研究開発マネジメントと未来洞察を活用した新規事業テーマ創造 オンライン
2024/4/10 医薬品市場予測・販売計画へのExcel関数の活用・実践法 オンライン