技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

中国半導体産業の現状と課題

中国半導体産業の現状と課題

~各デバイスの発展状況、市場需要動向、輸出入概況、今後の展望予測など~
オンライン 開催

開催日

  • 2023年1月25日(水) 13時00分 16時30分

修得知識

  • 中国の半導体産業の最新の状況
  • 日本の半導体産業との比較
  • 中国の半導体産業の課題
  • 日本産業の世界での立ち位置

プログラム

 中国の半導体自給率は、海外企業の中国工場や子会社を含めてもまだ20%に届かず、中国政府が掲げる2025年までの半導体自給率の70%達成という目標にはほど遠いのが現状だ。しかし、半導体の世界生産能力に占める中国のシェアは2021年に16%に達し、韓国と台湾に次ぐ位置に付いたと報道された。中国には資金力と勢いがあり、気が付くと急成長していたという分野は少なくない。中国の半導体産業の現状を知ることは、日本の産業にとって重要である。
 そこで本講座では、講師がこれまでの経験・調査で得た中国半導体産業の実情を可能な限りお伝えし、中国進出や中国ビジネス、半導体産業に関わる日本企業の今後の戦略を考えるヒントとなれば幸いである。

  1. 第1部 最近の中国半導体産業の発展概況
    1. 集積回路産業
      1. 集積回路設計産業
        1. 中国における集積回路設計業の発展概況
        2. 中国におけるIC設計の発展の特徴
        3. 中国イノベーションエコロジーの発展状況
          • プロセッサ (CPU) チップ
          • 電子設計自動化 (EDA)
          • シリコン知的財産権 (IP)
      2. 半導体ウェハー製造業
        1. ウェハー製造業の売上高状況
        2. ウェハー製造構造の状況
        3. 中国国内建設中のウェハーライン状況
        4. 国内集積回路ウェハー生産ラインのキャバシティ状況
        5. ウェハー製造主要メーカー企業の状況
        6. 集積回路製造クラスター分布状況
        7. 中国集積回路ウェハー産業プロジェクト建設状況
        8. ウェハー製造業界における革新的な製品と技術進歩状況
      3. 半導体集積回路封測産業
        1. 中国集積回路封測産業の現状
        2. 中国集積回路封
        3. 中国集積回路封測売上高上位10社の企業状況
        4. 2020年中国国内上場の主要な封測企業の業績
        5. 中国集積回路封測市場の状況
        6. 中国国内封測企業における技術創造革新能力
        7. 開発の見通しと展望
    2. ディスクリートデバイス産業
      1. 全般的な発展状況
      2. 今後の開発動向
      3. 主要プロジェクト
      4. 業界が直面する課題
    3. センサー産業
      1. 製品構成と産業配置
      2. 産業サプライチェーンの発展状況
      3. 重要なイベント
      4. 業界の発展推移
        1. 消費電子機器:ミドルエンドとローエンド
        2. 中国のMEMS産業直近10年
        3. ファウンドリ製造 – 中国のMEMS産業の特徴
        4. 高度なパッケージング
        5. 新素材とセンシングの統合
    4. 光電子デバイス産業
    5. 半導体装置材料産業
      1. 半導体装置製造業
      2. 半導体材料産業
  2. 第2部 中国半導体市場需要概況
    1. 集積回路市場
    2. ディスクリートデバイス市場
    3. センサー市場
    4. 光電子デバイス市場
  3. 第3部 中国半導体輸出入概況
    1. 集積回路の輸出入状況
    2. ディスクリートデバイスの輸出入状況
  4. 第4部 発展の展望
    1. 市場予測
    2. 産業予測
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 35,000円(税別) / 38,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 35,000円(税別) / 38,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2023/12/5 めっき技術のエレクロトニクス分野への応用事例と環境調和型めっき技術の展望 オンライン
2023/12/6 パワーモジュール実装の最新技術動向 オンライン
2023/12/6 ドライエッチング技術の基礎と原子層エッチング (ALE) の最新技術動向 オンライン
2023/12/7 シリコン・パワー半導体におけるCMPの技術動向 オンライン
2023/12/8 半導体用レジストの特性および材料設計とその評価 オンライン
2023/12/8 CMP技術の基礎と最新動向 オンライン
2023/12/11 SiCを中心とした半導体表面の構造・形態制御とメカニズム オンライン
2023/12/12 パワー半導体用SiCウェハ製造技術の基礎・技術課題・開発動向 オンライン
2023/12/15 プラズマの基礎と半導体プロセス・エッチング入門 オンライン
2023/12/18 半導体洗浄技術の基礎知識および技術トレンド オンライン
2023/12/20 半導体表面におけるウェットプロセスの基礎 東京都 会場
2023/12/22 半導体封止材の設計、材料技術とその評価方法 オンライン
2023/12/26 新医療機器監督管理条例の実施に伴う中国NMPAへの申請のポイント及び実務対応 オンライン
2024/1/12 自動車の電動化に向けた中国の取組みと国際社会への示唆 オンライン
2024/1/16 シリコンフォトニクスに向けた要素技術の解説とデバイスへの応用展望 オンライン
2024/1/17 EVシフトに伴うパワーデバイスの最新開発状況と今後の動向、課題 オンライン
2024/1/18 SiCパワー半導体 / SiC単結晶ウェハ技術の最前線 オンライン
2024/1/19 CMPプロセスのメカニズムと消耗部材への要求性能、最新応用 オンライン
2024/1/19 中国現地調査から見た電気自動車 (BEV) の現状とその勢い オンライン
2024/1/19 半導体ウェットエッチングの基礎とプロセス制御およびグリーンプロセス オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/11/29 半導体製造プロセスを支える洗浄・クリーン化・汚染制御技術
2022/10/31 半導体製造におけるウェット/ドライエッチング技術
2022/6/17 2022年版 電子部品市場・技術の実態と将来展望
2022/6/13 パワー半導体〔2022年版〕 (CD-ROM版)
2022/6/13 パワー半導体〔2022年版〕
2021/11/12 レジスト材料の基礎とプロセス最適化
2021/6/18 2021年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2018/3/20 レジスト材料・プロセスの使い方ノウハウとトラブル解決
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/6/15 半導体・液晶パネル製造装置9社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/6/15 半導体・液晶パネル製造装置9社 技術開発実態分析調査報告書
2012/4/15 Intel 【米国特許版】 技術開発実態分析調査報告書