技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高周波対応部品・部材の技術動向と今後の課題

高周波対応部品・部材の技術動向と今後の課題

~5G/Beyond 5G通信技術に対応するために必要となる材料特性とは~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、5G・高周波の基礎知識の理解と5G対応材料の課題とその解決策について解説いたします。

開催日

  • 2022年6月27日(月) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 5Gの背景と基礎知識、現在の課題
  • 機器に使用される材料や電子部品関係の情報・今後の動向
  • 移動体通信規格の今後の動向
  • 高周波の基礎知識

プログラム

 2020年後半から本格的に5Gの運用が始まった。しかし5Gの特徴である3つの機能がすべて利用できる状況にはなっていない。5Gの特徴の解説とその産業界への応用、また現状抱えている課題とその背景および技術的な対応策を解説する。 またBeyond5G (6G) に関しても解説する。
 高周波 (無線) は専門家以外にとっては取りつきにくい技術分野であるが、専門家以外の方々にとって入門編となるようなわかりやすい解説を行う。5G用部品、特にプリント基板に関して解説する。

  1. 携帯電話の推移
    1. 通信の歴史
    2. 移動体通信規格の推移
    3. 携帯電話通信速度の推移
  2. 5Gとは
    1. 概略
    2. 5Gとは何か
    3. 5Gの基本コンセプト
  3. 5Gの用途
    1. 5Gの用途
    2. 実社会への影響
  4. 5Gの課題
    1. 5Gの課題
    2. ローカル5G
    3. なぜミリ波
  5. Beyond5G (6G)
    1. Beyond5G (6G) の背景
    2. Beyond5G (6G) の概要
    3. 技術仕様の方向性
    4. 実現のための要素技術
  6. 高周波とは
    1. 概略
    2. 電気の基礎知識
    3. 電気とは
    4. 直流と交流
    5. 電界と磁界
    6. 高周波の基礎
    7. 電波の分類
    8. 高周波の特性
  7. 電子部品および材料の要求特性
    1. プリント基板
    2. 誘電損失
    3. 誘電率
    4. 基板材料
    • 質疑応答

講師

  • 梶田 栄
    NPO サーキットネットワーク
    理事

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 34,200円 (税別) / 37,620円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 34,200円(税別) / 37,620円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 次世代ミリ波システムに望まれる材料と応用 オンライン
2022/7/13 EMC設計入門 オンライン
2022/7/13 次世代通信技術とデバイス 最新動向 オンライン
2022/7/15 電子機器のEMC試験と設計段階からの実践的ノイズ対策 オンライン
2022/7/20 電波反射材によるミリ波伝搬の制御、通信環境改善 オンライン
2022/7/21 電子機器におけるEMC設計の基礎と応用、および見落としがちな重要ポイント オンライン
2022/7/26 高周波対応プリント配線板 (PWB) 作成に求められる回路形成・材料技術 オンライン
2022/7/27 磁性材料の基礎とスピントロニクスへの応用 オンライン
2022/7/27 5Gの本質を理解するための基礎技術・標準規格・制度化 オンライン
2022/7/28 小型アンテナの必須基礎知識と設計のポイント 東京都 会場
2022/7/28 高周波対応プリント配線板の現状・課題と回路形成技術 オンライン
2022/8/3 アナログ回路の設計技術とトラブル回避のポイント オンライン
2022/8/8 弾性表面波デバイスの伝搬・共振解析と複合基板構造による高性能化 オンライン
2022/8/9 粉体の帯電メカニズムと静電気測定および帯電制御技術 オンライン
2022/8/17 ノイズ・EMCの基礎と対策 オンライン
2022/8/23 ノイズ対策技術 パワエレノイズの原因と対策 オンライン
2022/8/30 磁性応用のための入門講座 オンライン
2022/8/30 磁石/永久磁石材料の上手な活用に向けた実用特性理解と材料技術の最新動向 オンライン
2022/8/31 アナログ回路の設計技術の基礎とトラブル回避のポイント オンライン
2022/9/9 回路と基板のノイズ設計技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/6/18 2021年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/6/19 2020年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2020/6/11 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/6/21 2019年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/3/29 電磁波シールド・電波吸収体の設計・開発・評価法
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2017/6/23 2017年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2014/5/30 2014年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2012/12/10 スマートシティの電磁環境対策
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2012/4/2 '12 EMC・ノイズ対策業界の実態と将来展望
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計