技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

化粧品技術者のための乳化の基礎と製剤設計

化粧品技術者のための乳化の基礎と製剤設計

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、化粧品設計に必要な乳化技術について、実例も交えて解説いたします。

開催日

  • 2022年6月14日(火) 12時30分 16時30分

修得知識

  • コロイドや乳化についての基礎知識
  • 化粧品における乳化 (ラメラゲルネットワーク) の知識
  • 乳化物の簡単な設計方法
  • 最新の乳化方法についての知識

プログラム

 化粧品における多くの製品は乳化物で作られているが、その技術への理解は化粧品技術者にとって非常に重要である。乳化物は熱力学的には不安定であり、さまざまな原料の複雑な組み合わせからなるため、乳化物の設計やその安定性の改善などについては非常に複雑で難しく頭を抱えている技術者も多いであろう。
 本セミナーでは、乳化の現象を説明することから始め、化粧品製剤設計で重要なα-ゲル、ラメラゲルネットワークの概念について講演しその基礎を学んだのち、RHLB理論を用いた非常に簡便な乳化物の設計方法をご紹介したい。乳化には多くのアプローチが近年でもさまざまに開発されていることから、最新の乳化技術についてもご紹介したい。化粧品技術者の皆様の日々の開発業務のご参考となれば幸いである。

  1. 乳化とは
    1. エマルションの安定化
    2. 乳化剤とは
    3. 界面活性剤とその役割
    4. エマルションの安定性
    5. エマルションの調製
    6. エマルションの同定方法
    7. マイクロエマルションとは
    8. 超音波乳化の原理
  2. ラメラゲルネットワーク
    1. 化粧品における乳化物
    2. ラメラゲルネットワークとは
    3. α-ゲルの構造、活用のメリットデメリット
    4. ラメラゲルネットワークの安定性
    5. α-ゲル/ラメラゲルネットワークを生かした製剤設計の例
  3. 乳化物の設計
    1. HLBとRHLB
    2. 各種乳化剤とその特性
    3. 乳化物の簡易設計方法
    4. 設計例
  4. 構造液体
    1. コロイド溶液とは
    2. コロイド溶液の構造と特徴
    3. 活性剤による構造液体
  5. 様々な乳化技術、それらを用いた製剤設計の例
    1. HIPRE
    2. 複合エマルション
    3. 三相乳化
    4. 構造液体による高分散技術
    5. ピッカリングエマルション
    6. 粘土鉱物による乳化

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/11 経皮吸収の基礎とその評価法 オンライン
2022/7/19 吸入・経鼻剤の製剤設計と生物学的同等性の評価について 東京都 会場
2022/7/20 乳化重合・ソープフリー乳化重合によるポリマー微粒子の合成と粒子径・形状制御 オンライン
2022/7/25 乳化・エマルションの基礎と実践 オンライン
2022/7/25 スラリーを上手に取り扱うための総合知識 オンライン
2022/7/27 バイオ医薬品製造における国内外CMO選定・管理のポイントと外部委託 (原薬・製剤製造及び各種試験) の実際 オンライン
2022/8/4 糖化・抗糖化の基礎と機能性食品・化粧品開発への応用 オンライン
2022/8/5 水性塗料の設計技術とトラブル対策 オンライン
2022/8/9 分散剤の種類・特徴と選び方および正しい使い方 オンライン
2022/8/10 泡の基礎と必要な界面活性剤の基礎知識 オンライン
2022/8/24 化粧品における顔料微粒子の分散法と安定化法 オンライン
2022/8/25 サンスクリーン製剤開発の基礎知識と高SPF/PA・耐水性を両立させるポイント オンライン
2022/9/13 化粧品・医薬部外品製造時の微生物制御 微生物制御の理論と実践及び適切な試験方法と評価法の修得 オンライン
2022/9/20 中国・韓国・台湾における化粧品法規制の薬事戦略のポイント オンライン
2022/9/26 GMPおよびGQPふまえた化粧品・医薬部外品製造所に対する品質監査のポイント オンライン
2022/9/30 中国・韓国・台湾における化粧品法規制の薬事戦略のポイント オンライン
2022/9/30 コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/12/24 動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
2020/11/30 高分子の成分・添加剤分析
2017/5/31 スキンケア化粧品の官能評価ハンドブック
2014/10/27 化粧品に求められる使用感の共有と感性価値の数値化・定量化
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 乳化・懸濁重合法の基礎と応用
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/28 化粧品・医薬部外品およびその原料の安全性評価と規格・試験法設定
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/9/25 シャンプー・リンス 技術開発実態分析調査報告書
2012/9/25 シャンプー・リンス 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/7/4 薬事法・景品表示法 実践 戦略パック
2012/5/25 化粧品13社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/5/25 化粧品13社 技術開発実態分析調査報告書
2012/5/1 界面活性剤 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/5/1 界面活性剤 技術開発実態分析調査報告書
2011/12/10 製薬大手5社 技術開発実態分析調査報告書
2011/1/1 界面活性剤の機能創製・素材開発・応用技術