技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療機器 SaMD開発・申請要点セミナー

医療機器 SaMD開発・申請要点セミナー

~日本以外でも欧州・北米・中国などにおいて医療機器申請時にIEC 62304に基づくソフトウェア開発の証拠が必要 / IEC 62304に従って「医療機器ソフトウェア」を開発しなければ、国内外においてソフトウェアを搭載した医療機器 (単体プログラムを含む) を販売することができません~
オンライン 開催

開催日

  • 2021年12月15日(水) 13時00分 16時00分

修得知識

  • SaMD(Software as a Medical Device) の開発の基礎
  • 医療機器ソフトウェア開発・販売のための規制要件
  • 医療機器ソフトウェアの申請方法
  • ソフトウェアに限定した医療機器企業を設立する方法
  • ISO 13485の要求事項と医療機器ソフトウェア設計開発の相違点

プログラム

 医用電気機器 (ME機器) は、ハードウェアとソフトウェアで構成されています。2014年の薬機法改正以降、ソフトウェア単体でも医療機器と認められるようになりました。医療機器ソフトウェアは、医療機器に搭載されハードウェアを制御するものと、単体で医療機器となるものに分類されます。
 SaMDはSoftware as a Medical Deviceの略で、本邦における規制要件では「単体プログラム」と呼ばれています。
 米国では先行して、スマホのアプリなどソフトウェアを活用して治療する「デジタルセラピューティクス」 (Digital Therapeutics:DTx、デジタル治療) がいくつか実用化されています。DTxは、病気の診断や治療に応用され、「処方されるアプリ」とも呼ばれています。すでに糖尿病の治療などに活用されています。産業界では、DTxを開発する新興ベンチャーが増加しており、本邦においても多くの企業がDTxの開発に取り組み始めました。
 DTxはここ数年で誕生した新規の医療機器製品です。これにより、患者や医師にとって治療の選択肢が増えることになりました。製薬企業にとっては医薬品以外の収益源になる可能性があります。それではいったい、どうすればSaMD (DTx) を開発・販売出来る医療機器企業を設立できるのでしょうか。またSaMD開発のために遵守しなければならない規制要件は何があるのでしょうか。さらに医療機器を申請するにはどのような設計文書を作成しなければならないのでしょうか。
 本邦において、2017年11月より、IEC 62304 (医療機器ソフトウェア – ソフトウェアライフサイクルプロセス) が実質的な規制要件となりました。IEC 62304は、2006年5月に発行され、日本では2012年にJIS化 (JIS T 2304) されました。2014年11月に施行された医薬品医療機器法第12条第2項において参照される「最新のライフサイクルモデル」です。米国FDAにおいても2008年7月にRecognized Consensus Standardと認定されています。IEC 62304は「医療機器ソフトウェア」の開発と保守に関するプロセスを規定しています。日本以外でも欧州・北米・中国などにおいて医療機器申請時にIEC 62304に基づくソフトウェア開発の証拠が必要です。つまりIEC 62304に従って「医療機器ソフトウェア」を開発しなければ、国内外においてソフトウェアを搭載した医療機器 (単体プログラムを含む) を販売することができません。
 しかしながら、IEC 62304は非常に難解です。具体的にどのような対応をとればよいのでしょうか。一般にプロセス規格は各社によってまちまちの解釈が行われ、手順書の内容が大きく異なってしまいます。

  • IEC 62304を読んでも対応すべき内容や方法が分からない。
  • IEC 62304を読んでもどこまでやるべきなのかの範囲が分からない。
  • IEC 62304の詳細の内容が不明なまま文書構築を行っている。
    などといった疑問点が多く寄せられます。

 本セミナーでは、SaMDに限定して、医療機器企業の設立方法、医療機器ソフトウェアの設計開発方法、申請方法等の要点を分かりやすく解説します。 (ハードウェアを伴う医療機器ソフトウェアは対象としません。)

  1. はじめに
    • 医療機器ソフトウェア開発に関する規制要件
    • 医療機器ソフトウェアとは
    • SaMDとは
    • DTxとは
    • ヘルスケアソフトウェアとは
    • 品質マネジメントシステム (ISO 13485) とは
    • リスクマネジメント (ISO 14971) とは
    • 薬事法の一部改正
    • プロセス規格とは
  2. 用語解説
  3. SaMD開発の要点
    • 医療機器 (H/W) とSaMDは何が異なるのか
    • ソフトウェアに限定した医療機器企業を設立する方法
    • 医療機器製造販売業許可について
    • 医療機器製造販売業の体制について
    • 総括・品責・安責の要件
    • 医療機器製造業登録について
    • SaMDを開発するために必要な事項
    • 医療機器ソフトウェア開発・販売のための規制要件
    • IEC 62306とは
    • 医療機器ソフトウェアに関する規格
    • リスクベースドアプローチとは
  4. IEC 62304概要
    • IEC 62304の目次
    • ソフトウェア安全クラスとは
    • IEC 62304が要求するソフトウェア開発プロセス
    • IEC 62304が要求するソフトウェア開発成果物 (設計文書)
    • SOUPとレガシーソフトウェアの違い
    • SaMD開発時のIEC 62304対応の要点
    • ISO 13485の要求事項とIEC 62304の相違点
    • FDA GPSVとIEC 62304の相違点
    • 医療機器ソフトウェアのリスクマネジメント
    • レビュの重要性
    • ソフトウェア開発の定量化
    • ソフトウェアのテスト
  5. 医療機器ソフトウェアの申請方法
    • STEDの作成
    • 根拠資料の作成
    • 質疑応答

講師

  • 村山 浩一
    株式会社 イーコンプライアンス
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,000円 (税別) / 33,000円 (税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/25 医療機器QMSで有効な統計的手法とサンプルサイズ決定 オンライン
2022/1/25 EMA、WHO、ISO等考慮した滅菌法選択と留意点 オンライン
2022/1/27 医療機器における薬事申請と保険収載戦略 オンライン
2022/1/28 医薬品包装・医療機器包装に関わる日欧米三極法規制の最新動向と実務対応 オンライン
2022/1/28 FDA査察要求をふまえたCAPA (是正措置・予防措置) 導入・継続的運用セミナー オンライン
2022/1/28 医療機器における保険申請のポイントおよび保険適用戦略の実践 オンライン
2022/1/29 MDR (欧州医療機器規則) の基礎とクリニカルエバリュエーション オンライン
2022/2/8 AIを活用した医療機器の現状および事業化のポイント オンライン
2022/2/9 プロセスバリデーション&リスクマネジメントにフォーカスした改正QMS対応 オンライン
2022/2/15 Injectable ハイドロゲルが分かる一日速習セミナー オンライン
2022/2/16 新医療機器の開発開始 (導入) から製造販売承認申請に至る各段階におけるメディカルライティングの留意事項 オンライン
2022/2/17 医療機器 / 体外診断用医薬品の保険適用 (C1,C2,E2,E3) と申請業務の実際 東京都 会場
2022/2/17 ISO13485取得に向けた効率的な準備プロセスおよび取得のポイント オンライン
2022/2/21 デジタル治療薬開発におけるエビデンス構築とその臨床試験の進め方 オンライン
2022/2/24 代替法も含めたエンドトキシン試験法の現状と留意点並びに今後の展望 オンライン
2022/2/25 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ企画の心得と戦略 オンライン
2022/2/25 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ企画のための応用別ニーズ・課題動向 オンライン
2022/2/25 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ 全2コースセット オンライン
2022/2/28 ライフサイエンス領域における医療トレンドとポストコロナビジネスに求められる対応手法 オンライン
2022/3/10 癒着防止材の医療ニーズ・課題と新素材の有用性 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/11/10 医療機器製造におけるバリデーション基礎講座
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/3/15 体温計
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2020/10/28 QMS/ISO要求をふまえた医療機器「プロセス」「滅菌」「包装」「ソフトウェア」バリデーションの進め方
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書