技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

マイクロバイオーム市場トレンドとビジネスチャンス

マイクロバイオーム市場トレンドとビジネスチャンス

~市場・技術・企業動向から、応用展開、マーケティング倫理まで~
オンライン 開催

開催日

  • 2021年11月9日(火) 10時00分 12時00分

受講対象者

  • マイクロバイオームに関心のある方

修得知識

  • マイクロバイオーム市場トレンド
  • 新製品開発に求められるもの

プログラム

 自宅で採取した糞便や皮膚等のサンプルを提出し、マイクロバイオームの分析結果がフィードバックされるサービスがインターネットで手軽に買えるようになっています。手軽であることと、分析結果をもとに自己のマイクロバイオームの状態を知ることで、自分にあった健康管理を考慮することができます。またマイクロバイオーム製品はプロバイオティクスやプレバイオティクス、さらにはポストバイオティクスなど、様々なアプローチが取られながら開発が進む一方でマイクロバイオーム製品に対する消費者の知識は不足しており、どれが自分にあったマイクロバイオーム製品なのか判断がつかないケースが多いのが実情です。こうした消費者のアンメットニーズにバイオインフォマティクス、人工知能アルゴリズム等を組み合わせた技術で新しいサービスを提供しようとする企業も現れています。
 本セミナーでは、マイクロバイオーム市場に関わるスタートアップ企業の取り組みをメインに取り上げ、さらに市場規模から技術トレンド、シーケンシング、健康食品、農畜水産業等への応用、規制、マーケティングについてまで、幅広く取り扱います。

  1. マイクロバイオーム市場概観
    1. マイクロバイオーム市場トレンド
    2. 新型コロナウイルス感染症とマイクロバイオーム
    3. プロバイオティクス、プレバイオティクス、ポストバイオティクス
    4. マイクロバイオームとデジタルプラットフォーム
    5. 企業動向アップデート
  2. マイクロバイオームアプリケーション動向
    1. 医薬品
    2. 食品
    3. 農畜水産
    4. スキンマイクロバイオーム
    5. シーケンシング
  3. 市場規模分析
    1. マイクロバイオーム市場規模分析
    2. アプリケーション別分析
    3. サプライチェーン構造
    4. マーケティング戦略分析
    5. 市場機会とビジネスチャンス
  4. 結論
    1. 市場と課題
    2. まとめ
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 23,700円 (税別) / 26,070円 (税込)
複数名
: 12,500円 (税別) / 13,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 12,500円(税別) / 13,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 23,700円(税別) / 26,070円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 25,000円(税別) / 27,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 37,500円(税別) / 41,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/20 治験前からはじめるGCTP省令に適合する再生医療等製品の工程設計とプロセスバリデーション・ベリフィケーションの考え方構築 オンライン
2021/10/22 シングルユースシステムを用いたバイオ医薬品製造における品質確保と課題・対策 オンライン
2021/10/25 バイオ医薬品におけるCMC・CTD申請の3極の記載レベルの差と照会事項における要求の違い オンライン
2021/10/25 バイオ医薬品原薬工場建設の計画・設計・マネージメントのポイント オンライン
2021/10/26 食品賞味期限の科学的根拠のある具体的設定手法 オンライン
2021/10/26 バイオ医薬品生産用の遺伝子組換え体細胞の構築とセルバンク化: 保存管理・更新・試験・申請対応に関する注意点 オンライン
2021/10/27 初学者のための抗体医薬品の品質管理 オンライン
2021/10/29 アレニウス式による加速試験の基礎とデータの解析方法 オンライン
2021/11/4 エクソソームを標的としたリキッドバイオプシーの開発 オンライン
2021/11/5 バイオ医薬品の原薬製造における連続生産プロセスと求められる要素技術 東京都 会場
2021/11/10 包装商品開発におけるヒートシールのポイント7要素と評価 / トラブル対策 (3日間講座) オンライン
2021/11/10 官能評価の基礎と手順・手法の勘所 オンライン
2021/11/10 医薬品開発におけるmRNAの活用と製造・品質管理動向 オンライン
2021/11/16 生体親和性の発現機構、評価法と材料設計 オンライン
2021/11/17 再生医療等製品製造の工程設計と品質マネジメント オンライン
2021/11/18 再生医療・細胞治療分野を含めたエンドトキシン試験の実際と品質管理のポイント オンライン
2021/11/18 プラスチックリサイクルの現状とプラスチック資源循環政策の最新動向 オンライン
2021/11/19 原因解明に基づいた軽減戦略、擬陽性の削減戦略、スクリーニングのプラットフォームと管理戦略の提案 オンライン
2021/11/22 次世代抗体医薬品製造に向けたダウンストリーム工程の生産性強化手法 オンライン
2021/11/25 オイルゲルの基礎と使用感触・製品安定性のコントロール オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/10/29 マイクロバイオームの最新市場動向とマーケティング戦略
2021/8/31 創薬研究者・アカデミア研究者が知っておくべき最新の免疫学とその応用技術
2020/12/24 バイオ医薬品 (抗体医薬品) CTD-CMC記載の要点
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2018/10/31 細胞培養加工施設の構築と運営管理の省力・省コスト化
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2013/10/28 新・機能性表示制度への準備
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/9/4 食と健康の高安全化
2012/7/4 薬事法・景品表示法 実践 戦略パック
2011/11/2 インドの食習慣・食品産業と日本企業の事業機会
2011/8/29 バイオ / 抗体医薬品・後続品におけるCMC研究・申請と同等性確保
2011/7/25 ビール4社 技術開発実態分析調査報告書
2011/7/15 菓子 技術開発実態分析調査報告書
2010/6/1 森永乳業、雪印メグミルク、明治乳業3社 技術開発実態分析調査報告書
2010/4/27 バイオ医薬品及び注射剤における不溶性異物 / 凝集体の評価・分析法