技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

化粧品における顔料微粒子の分散法と安定化法

化粧品における顔料微粒子の分散法と安定化法

~光と色を制御する分散技術~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、化粧品における顔料微粒子の分散法と安定化法について基礎から解説し、同一処方でも分散方法の違いによる安定性や機能向上、特に分散状態が大きく影響する光と色が関わる事例を紹介いたします。
また、目的に適した機種の選定方法および分散工程の重要性について、分散技術によって機能が進化した事例に基づいて解説いたします。

開催日

  • 2021年10月18日(月) 13時00分 16時00分

プログラム

 化粧品顔料は、微細化技術、コーティング技術など、材料面でのアプローチにより様々な新規原料が開発され、スキンケア、メーキャップの新しいコンセプトの創出に寄与している。特に近年ではナノテクノロジーの進歩により、サブミクロンからナノサイズの微細粒子が開発され、新たな機能や感触を創出する材料として注目されている。しかしながら、微粒子分散系は、時に「粒子そのものは小さいはずだが、微粒子としての機能がなかなか発現しない」、あるいは「溶液やスラリー中で機能が出ない」などの問題に直面するケースがある。すなわち、一次粒子径の値より組成物内での分散状態により機能発現が左右する場合が多く、実用的には、顔料微粒子固有の機能、色感、質感を引き出すために、原料の選定、処方検討ばかりでなく、これまで以上の高い分散技術も同時に要求される。
 本セミナーでは、化粧品顔料の機能を最大限に引き出すための機械的分散技術に焦点をあて、同一処方でも分散方法の違いによる安定性や機能向上、特に分散状態が大きく影響する光と色が関わる事例を中心に紹介し、「ブレンディングサイエンス」の視点から、目的に適した機種の選定方法および分散工程の重要性について、分散技術によって機能が進化した事例に基づいて解説する。

  1. 化粧品用粉体原料
    1. 化粧品剤形と粉体
    2. 色材の種類
    3. 着色顔料
    4. 白色顔料
    5. 体質顔料
    6. 光輝性顔料
  2. 顔料分散に関与する三要素
    1. ぬれ
    2. 解砕 (微細化)
    3. 安定化
    4. 分散における攪拌機の寄与
  3. 媒体中での機械的解砕過程
    1. 化粧品に用いられる機械類
    2. 湿式攪拌機の種類と特徴
    3. 機種選択のヒントと上手な選び方・使い方
  4. 分散技術で差がつく性質とその事例
    1. 分散安定性
    2. 濃厚系スラリー
    3. 化粧品における光と色に対する分散の影響
  5. まとめ

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/21 濃厚系/非水系/多成分系における微粒子・ナノ粒子の分散・凝集制御技術 オンライン
2021/10/25 ナノカーボンの分散技術と高分子複合材料の設計技術 オンライン
2021/10/26 ナノ粒子分散・凝集の基礎と分散安定化手法およびその評価 オンライン
2021/10/26 高剪断成形加工法の基礎と新規材料創出への応用 オンライン
2021/10/27 売れるスキンケア化粧品処方設計の基礎と商品プランニング オンライン
2021/10/27 シリカの分散・凝集制御とフィラーとして使いこなす活用術 オンライン
2021/10/27 水性塗料の設計技術とトラブル対策 オンライン
2021/10/28 材料開発のための無機ナノ粒子の精密合成、修飾技術とその評価 オンライン
2021/11/4 Hansen溶解度パラメータ (HSP値) の基礎と測定・計算・評価方法 オンライン
2021/11/4 スラリーの分散状態評価技術の基礎 オンライン
2021/11/5 粉粒体へのコーティング、表面改質技術 オンライン
2021/11/5 分散剤の上手な使い方 オンライン
2021/11/8 ロールミルの基礎と条件設定のコツ・トラブル対策 オンライン
2021/11/11 粉体における付着・凝集・流動の原理と評価法 オンライン
2021/11/15 カーボンナノチューブの分散とコンポジット材料への応用 オンライン
2021/11/16 スキンケア化粧品の処方設計 入門講座 オンライン
2021/11/17 エイジングケア化粧品の基礎および機能性素材開発のポイント オンライン
2021/11/18 粉体・微粒子における帯電・付着力とコントロールおよびその評価 オンライン
2021/11/18 回収・クレームを起こさせない化粧品安定性試験の進め方 オンライン
2021/11/18 どのように分散スラリーを設計するか オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 溶解度パラメータ (SP値・HSP値) の求め方と微粒子の分散安定化への活用術
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/2/28 顔料分散の基礎講座
2017/5/31 スキンケア化粧品の官能評価ハンドブック
2016/11/29 二軸押出機
2014/10/27 化粧品に求められる使用感の共有と感性価値の数値化・定量化
2014/8/25 粉砕・分散技術の基礎と応用・トラブルシューティング
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/30 微粒子最密充填のための粒度分布・粒子形状・表面状態制御
2013/8/28 化粧品・医薬部外品およびその原料の安全性評価と規格・試験法設定
2013/7/25 正しい分散剤の選定・使用方法と、分散体の塗布性を上げる添加剤技術
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/7/4 薬事法・景品表示法 実践 戦略パック
2012/5/25 化粧品13社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/5/25 化粧品13社 技術開発実態分析調査報告書
2010/3/1 シリコーン製品市場の徹底分析
2009/6/30 液中ナノ粒子の分散・凝集特性とその評価