技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

バイオフィルムの形成機構と除去・形成防止対策技術

バイオフィルムの形成機構と除去・形成防止対策技術

~抗菌・抗ウィルスの視点も踏まえて~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、一旦生成されると除去が非常に困難なバイオフィルムへの対策についてとりあげ、バイオフィルムの基礎からその原因と対策、身の回りの事例、最近の研究動向、評価方法や除去方法を解説いたします。

開催日

  • 2021年5月12日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • バイオフィルムや微生物付着で課題を抱えている方
  • バイオフィルムの除去、形成防止について知見を得たい方
  • 抗菌・抗ウィルスについて知見を得たい方
  • バイオフィルムに関心がある方

修得知識

  • バイオフィルム形成における分子機構や物理化学的要因
  • 微生物・ウィルスの表面付着における分子機構や物理化学的要因
  • 微生物・ウィルスの防止・除去に向けた対策
  • バイオフィルムの評価・解析方法

プログラム

 自然界において微生物は個々の細胞として生息しているだけではなく、固体表面に付着して、集団構造であるバイオフィルムを形成しています。バイオフィルムは水処理・食品分野で有効活用されている一方で、細菌感染や虫歯、金属腐食、膜の目詰まりなど弊害を及ぼしています。一旦細菌がバイオフィルムを作り出すとその除去が非常に困難であるため、その除去法、ならびに形成制御法が今日求められています。また、バイオフィルム形成の阻害・除去に有効な材料開発は、抗菌・抗ウィルスにも期待できます。
 本講演ではバイオフィルムの基礎的知見から最近の研究動向、さらにはその除去方法までを紹介します。

  1. 微生物・ウィルス付着の基礎
    1. 細菌とウィルス
      • 細菌とウィルスの表層構造
    2. バイオフィルムの特性
      • バイオフィルムの種類
      • 浮遊細菌とバイオフィルム細菌の違い
    3. バイオフィルムの構成成分
      • タンパク質
      • DNA
      • 多糖
    4. バイオフィルムの形成機構
      • 固体表面への付着
      • バイオフィルムの発達
    5. バイオフィルムにおける情報伝達
      • クォラムセンシング
      • 遺伝子伝播
    6. バイオフィルム内における細菌の薬剤耐性
      • 薬剤耐性遺伝子の発現
      • 代謝の休止
  2. 身の回りのバイオフィルム
    1. バイオフィルムの人体への影響
      • 日和見感染菌、口腔細菌
    2. 食品とバイオフィルム
      • 食品発酵
      • 食品に付着する病原菌
      • 食品腐敗細菌
    3. 水処理とバイオフィルム
      • 排水処理
      • 微生物保持担体
    4. バイオフィルムによる金属腐食
      • 金属腐食を引き起こす細菌
    5. 生活環境におけるバイオフィルム
      • 浴槽に付着する細菌
  3. 細菌やウィルスの除去とバイオフィルム形成防止・対策
    1. 物理学的方法
      • 物理的殺菌法
      • 抗菌・抗ウィルスに向けた物質表面特性
    2. 化学的方法
      • 細菌・ウィルスに有効な消毒薬
      • バイオフィルム阻害剤
    3. 生物学的方法
      • バイオフィルム形成を阻害する酵素、ファージ
  4. バイオフィルムの評価・解析と研究アプローチ
    1. バイオフィルムの菌種同定法
      • 群集構造解析
      • クローンライブラリ
      • 質量分析
    2. バイオフィルムの構成成分分析法
      • 細胞外マトリクスの分離
    3. バイオフィルムの形成・除去の評価
      • バイオフィルム形成装置
      • 定量法
      • 染色法
      • 観察方法
    4. バイオフィルムを形成する細菌の発現解析
      • 遺伝子発現解析
      • タンパク質発現解析
  5. バイオフィルム研究の現在と展望

講師

  • 田代 陽介
    静岡大学 学術院 工学領域 化学バイオ工学系列
    講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 20,000円(税別) / 22,000円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/26 食品賞味期限の科学的根拠のある具体的設定手法 オンライン
2021/10/26 微生物取り扱いの基礎と微生物トラブル再発防止に向けた取り組み オンライン
2021/10/29 アレニウス式による加速試験の基礎とデータの解析方法 オンライン
2021/11/8 PIC/S GMPに対応した製薬用水の製造・品質管理の基礎 オンライン
2021/11/9 マイクロバイオーム市場トレンドとビジネスチャンス オンライン
2021/11/10 包装商品開発におけるヒートシールのポイント7要素と評価 / トラブル対策 (3日間講座) オンライン
2021/11/10 官能評価の基礎と手順・手法の勘所 オンライン
2021/11/16 微生物が作るヌメリ (バイオフィルム) の形成制御、防止・洗浄技術 オンライン
2021/11/18 プラスチックリサイクルの現状とプラスチック資源循環政策の最新動向 オンライン
2021/11/25 オイルゲルの基礎と使用感触・製品安定性のコントロール オンライン
2021/11/26 検出・殺菌困難微生物とその計数・制御・評価法 東京都 会場
2021/11/26 非無菌医薬品における微生物学的品質管理の必要レベルと微生物限度試験法実施事例 オンライン
2021/11/26 バイオフィルムの形成メカニズムと評価・対策 オンライン
2021/11/26 アジアにおける食品添加物・アレルゲン表示等の法規制動向と手続きの実際 オンライン
2021/12/8 深紫外線によるウイルスの不活化と発光出力・安全性の両立 オンライン
2021/12/9 医薬品滅菌バリデーション要点セミナー オンライン
2021/12/21 ISO11607滅菌医療機器に関する法的要求事項の解説 オンライン
2022/1/21 E&L (Extractables and Leachables/抽出物、浸出物) 対応・規制要件・国内外最新動向と試験法・評価方法 オンライン
2022/1/25 医療機器における放射線滅菌バリデーションと実施計画書・報告書作成上の留意点 オンライン
2022/1/25 EMA、WHO、ISO等考慮した滅菌法選択と留意点 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/10/29 マイクロバイオームの最新市場動向とマーケティング戦略
2021/3/31 抗菌・抗ウイルス性能の材料への付与、加工技術と評価
2020/1/31 バイオフィルムの発生メカニズムと評価・対策
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2016/9/9 抗菌剤・抗カビ剤・抗ウイルス剤の基礎と応用
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/20 浄水器・整水器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/20 浄水器・整水器 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/5 水処理ビジネス16社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/5 水処理ビジネス16社 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/28 新・機能性表示制度への準備
2013/7/25 水処理膜 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/25 水処理膜 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 放射性物質除染・除去技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 放射性物質除染・除去技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/9/4 食と健康の高安全化
2012/7/4 薬事法・景品表示法 実践 戦略パック
2012/1/30 水処理膜の製膜技術と材料評価