技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

化粧品・部外品のGMPと品質監査のポイント

Zoomを使ったライブ配信セミナー

化粧品・部外品のGMPと品質監査のポイント

~品質監査をどのように運用し、活用すればよいか?~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、化粧品の研究開発から製造に至るまでの微生物管理の考え方、手法、ノウハウを伝授いたします。

開催日

  • 2020年10月26日(月) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 化粧品GMP (ISO-22716) の理解
  • GMPの導入と課題の整理
  • GQP省令による品質監査の概要理解
  • 品質監査の具体的取り組みの理解

プログラム

 化粧品は美の世界観を演出するツールとして、規制の範囲内で自由に設計することができるが、同時に「安全性」と「安定性」を確保することが求められる。つまり、化粧品の製造販売が目指すのは「魅力的品質」であり、守るのは「当たり前品質」といえる。
化粧品の品質は「処方」と「工程」で成り立っている。設計が悪ければ製造工程管理を十分行っても市場品質は確保できない。市場クレームの約80%は設計由来ともいわれている。2005年の製販分離制度により、製造業者の役割は「製造品質」の確保となった。「設計品質」と「市場品質」の責任は製造販売業者の役割となった。ISO22716 (化粧品GMP) は製造品質の維持を目的としており、設計品質、市場品質の向上を目指していない。一方GQP省令は製販業者に製造業者の定期的品質監査を要求している
 今回、微生物汚染による自主回収体験をもとに、化粧品製造業者、製造販売業者向けに、化粧品GMP (ISO-22716) の要求事項を理解し、現場での取り組み手順について議論する。GMPの目的である「工程管理」によるCAPAの考え方を考える。 また、市場でのトラブル防止策として「品質監査」を活用したリスクマネジメントについて講義する。
 リスクマネジメントの活用は簡単ではないが、運用は技術者の資質によるところが大きい。だから、疑似体験としてのセミナーが必要になる。有事の際の対応力は平時の訓練により向上する。常に問題意識をもって3現主義を実践することが大事である。

  1. はじめに
    1. 日本の製造業の衰退
      • 品質神話はどこへ。どうしてこうなってしまったのか。
    2. 化粧品業界の実態
      • 自主回収事例から読む、化粧品業界の実力
    3. 私の実体験より
      • 自主回収の責任者として。GMPの読み込みと具体的展開が大事である。
    4. 製造業者と製販業者の関係
      • 製造業者は下請けか。
    5. 製・販分離の弊害
      • 設計品質へのアプローチは誰がやるのか。GMPだけでは品質は改善しない。
  2. GMP概論
    1. GMPの基礎
    2. 化粧品GMPの変遷
    3. ISO22716 (化粧品GMP) の概要
    4. GMPの運営方法 取り組みの目標は何か?
  3. ISO22716 (化粧品GMP) の運用
    1. 適用範囲
    2. 用語及び定義
    3. 従業員に関する原則
    4. 構造設備に関する原則
    5. 機器に関する原則
    6. 原料および包装材料に関する原則
    7. 生産で使用する水の品質に関する原則
    8. 生産に関する原則
    9. 最終製品に関する原則
    10. 品質管理試験室に関する原則
    11. 規格外品の処理
    12. 廃棄物に関する原則
    13. 委託に関する原則
    14. 逸脱に関する原則
    15. 苦情及び回収に関する原則
    16. 変更管理に関する原則
    17. 内部監査に関する原則
    18. 文書化に関する原則
  4. 品質監査の活用 (製造品質を確保するために)
    1. 品質監査の計画と準備
    2. 品質監査チェックシート
    3. 品質監査の着眼点
    4. 各調査ポイントでのチェック項目とチェック内容
    5. 衛生管理
    6. 書類監査
    7. 異常処理
    8. 改善指示
    9. 品質監査報告
    10. 品質監査の留意点
  5. 品質工学の活用 (設計品質を確保するために)
    1. FDAが推奨するバリデーションステップ
    2. 製剤開発に関するガイドライン (ICH Q8)
    3. ICH Qトリオの取り組み
    4. パラメータ設計手法の提案
    5. パラメータ設計の具体例模擬的にパラメータ設計を演習する
    6. 許容差設計
    7. 損失関数を用いた許容差の決定
  6. 化粧品の品質保証
    1. 品質システム (ICH Q10)
    2. 品質リスクマネジメント (ICH Q9)
    3. リスクへの対応
    4. ハインリッヒの法則 事故の早期発見
    5. 変更管理の重要性
    6. GMPの限界
    7. ヒューマンエラーの防止策
    8. 攻めの品質保証
    9. 技術者の心得と社会の役割
    10. リスクマネジメントの難しさ
    • 質疑応答

講師

  • 深澤 宏
    株式会社ウテナ
    執行役員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

お申し込みの際、通信欄に「アカデミック割引」の記載をお願いいたします。
学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の学生に限ります。
当日学生証をご持参ください。
教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
オンライン受講には適用されません。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/10/27 GMP/バリデーション入門 オンライン
2020/10/28 例文で解説するGMP文書や海外当局査察で頻出する英語表現 (事例) 東京都 会場・オンライン
2020/10/28 製薬用水の設備設計・微生物対策と適格性評価のポイント オンライン
2020/10/29 最新情報 (査察/レギュレーション) に基づく洗浄バリデーションにおける規制当局の要求事項と実施・現場への落とし込み 東京都 会場・オンライン
2020/10/29 滅菌バリデーション・無菌性保証セミナー 東京都 会場・オンライン
2020/10/30 PIC/S GMP が要求する無菌性保証への QRM の導入事例 東京都 会場・オンライン
2020/10/31 医薬品の外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策 オンライン
2020/11/6 GMP監査を1日で終わらせるコツ オンライン
2020/11/9 改正GMP省令を踏まえた中小規模企業のサイトQA業務と組織体制づくり オンライン
2020/11/13 化粧品における顔料微粒子の分散法と安定化法 オンライン
2020/11/17 バイオ医薬品製造設備の洗いにくいところの洗浄バリデーションと洗浄水の管理・汚染防止 オンライン
2020/11/18 医薬部外品原料規格 (外原規) に基づく規格試験法設定と別紙規格の記載 オンライン
2020/11/18 変更・逸脱管理実施とOOS・OOT対応および一変申請・軽微変更届の判断基準 オンライン
2020/11/19 GDPガイドラインの理解と運用時におけるデータインテグリティ確保の重要性 東京都 会場・オンライン
2020/11/19 オイルゲルの基礎と使用感触・製品安定性のコントロール オンライン
2020/11/20 GMP基礎講座 東京都 会場
2020/11/24 治験薬GMP入門 : 日米欧三極対応のポイントとGDP対策 オンライン
2020/11/24 ラボにおける監査証跡の具体的な運用/記録方法とレビューの効率化 オンライン
2020/11/25 GMP監査 (内部・外部) 技法・レビューの手順ポイントと留意点 オンライン
2020/11/27 非無菌医薬品における微生物限度試験法実施事例と微生物学的品質管理の必要レベル 東京都 会場・オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/5/31 スキンケア化粧品の官能評価ハンドブック
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/8/28 化粧品・医薬部外品およびその原料の安全性評価と規格・試験法設定
2013/3/17 ICH QトリオとQ11導入・実践・継続への取組み
2013/2/27 リスクマネジメント・CAPA(是正措置・予防措置)導入手引書
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/9/27 各国GMP要求の徹底比較・適合方法と査察対応
2012/7/4 薬事法・景品表示法 実践 戦略パック
2012/6/20 3極GMPに対応した設備適格性評価と保守・点検管理
2012/5/25 化粧品13社 技術開発実態分析調査報告書
2012/5/25 化粧品13社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/3/13 超入門 GMP基礎セミナー
2012/2/9 厚生労働省「コンピュータ化システム適正管理GL」対応のための「回顧的バリデーション」および「リスクアセスメント」実施方法
2011/12/8 最新のCSV動向および21 Part 11も視野に入れたFDA査察対応方法