技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

体外診断薬の海外市場を踏まえたマーケティング戦略

体外診断薬の海外市場を踏まえたマーケティング戦略

~海外市場における地域別市場特性と地域別技術トレンドとは~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、体外診断薬にかかる事業戦略の国内外での勘所を、ケーススタディを交えて解説いたします。

開催日

  • 2020年10月23日(金) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 海外薬事規制の詳細と国内規制との違い
  • 体外診断薬にかかる事業戦略の勘所
  • 海外市場における市場概要と技術トレンドや商品ニーズ
  • 海外企業との交渉に必要な準備事項と交渉の方法

プログラム

 異業種企業のライフサイエンス分野における新規参入を考える企業の多くは、まず体外診断薬分野への参入を考える場合が多く、また近年では、体外診断薬市場の大きい欧米市場参入を先行させる企業も多くなってきた。
 診断薬専業企業においても海外薬事対応、特に現地で市場性の高い商品設計に苦労する場合も多い。異業種企業においては、薬事対応はもとより商流構築を含めた海外展開プロセス全体が手探り状態となっている。
 一方、最先端の技術が投入される体外診断薬分野の技術トレンドは、国によっても異なる場合もあり、商品設計の際には十分に注意を払うべきである。
 そこで、今回の講演では内外規制の違いを浮き彫りにしながら、海外薬事規制を解説するとともに、海外市場、特に欧米を中心としての技術トレンドや商品設計における注意点について、将来の市場予測も含めて解説する。
 そして、国内市場における事業戦略立案の勘所、そして実際の海外市場参入にあたっての留意点として、薬事対応をはじめ現地企業との交渉における留意点、商流策定の方法など事業戦略策定に必要な項目を具体的に解説する。

  1. 体外診断薬事業の海外展開
    1. メリットとデメリット
    2. 他の事業分野の海外展開との類似点と相違点
      • 規制
      • ニーズ
      • 技術
      • 商習慣
  2. 各国の薬事規制概要
    1. 国内規制との対比にみる類似点と相違点
    2. 海外市場参入の規制面に絡む注意点
    3. 各国のクラス分類 (日米欧)
      • 日本:クラス分類と規制区分
      • 日本:体外診断薬クラス分類例
      • 米国:FDAのIVDクラス分類
      • 米国:FDA申請のパス
      • 欧州のIVDクラス分類
      • CEマーキングに向けた性能基準と設計開発プロセス
    4. 薬事規制対策の詳細と勘所
      • 米国
        • FDA対応における注意点
        • IVD化のde novoパス
        • Q-Sub の種類 (JPMDDより)
        • Q-subに必要な情報
        • 米国人が理解できるバリデーションのやり方
        • バリデーションマスタープラン
        • マスタープランとプロジェクトプラン
        • テンプレートの事例
      • 欧州
        • 現行規制
        • 欧州の動き (IVD)
        • 欧州IVDR施行スケジュール
        • IVDRプロセス
    5. 海外におけるソフトウエア対応
      • ハーモナイゼーション現状 (ソフトウエア)
      • 欧州MDDのディシジョンツリー
  3. 国内・海外における体外診断薬の事業戦略構築
    1. 体外診断薬の国内市場概況
      • 検査分野別市場推移
      • 国内分野別売上金額推移
      • 体外診断薬項目別売上金額推移
    2. 海外市場概況
      • 市場規模と地域別市場特性
    3. 地域別規制・商習慣・ヘルスケア技術トレンド概略
      • 米国
      • 欧州
      • 中国
      • イスラエル
      • シンガポール
      • 韓国
      • インド
      • 東南アジア
    4. 内外対比でみる体外診断薬市場
      • 地域別の体外診断薬技術トレンド
      • 地域別の測定項目や商品のニーズ
      • 地域別の顧客セグメント特性
      • 日米欧迅速検査市場特性とトレンド予測
  4. 事業戦略策定に向けて
    1. 国内事業戦略に向けての留意点
      • 区分など最初に考えるべきこと
      • ターゲット市場
      • 商品設計
      • 商品開発で使えるリソース
      • 参入形態の選択
    2. 海外事業戦略策定に向けての留意点
      • 最初にやるべきこと
      • 事業性の判断
      • ターゲット市場
      • 商品設計
      • 薬事対応
      • 参入形態の選択
      • 参入に際して準備すること
      • 論文の仕立て
      • 海外市場展開で使えるリソース
      • 販売チャンネル
    3. LDTビジネス
      • 事業シナリオの考え方
      • 米国におけるLDTの現状
      • 日欧におけるLDTの現状
      • LDTとして成立させるための要件
      • バリデーション (コンパニオン診断の場合)
      • IVDとしての申請留意点
    4. 地域における現地ビジネスの機能や組織
      • 米国医療機器系企業における職務
      • 米国で事業開発を行う人材の要件 (業務要件)
    5. 国の支援について
      • 意外と知られていないこと
      • 市場の調べ方
      • 市場調査で自社で準備すること
    • 質疑応答

講師

  • 笹嶋 政昭
    笹嶋グローバルコンサルティング
    代表

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の学生に限ります。
教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/10/23 効率的な特許調査の仕方 オンライン
2020/10/23 体外診断用医薬品の臨床性能試験実施のポイント オンライン
2020/10/23 医療情報活用の展開と医療イノベーション オンライン
2020/10/26 医療機器QMSで有効な統計的手法とサンプルサイズ決定 東京都 会場
2020/10/26 薬事承認・保険適用・診療報酬改定に関する理解とそれらを総合した保険収載戦略の必要性とその要点 オンライン
2020/10/27 医療機器開発プロセスにおける保険適応と製品価格戦略 オンライン
2020/10/27 費用対効果評価 (日本版HTA) の基礎と実践 (2日間) オンライン
2020/10/27 費用対効果評価 (日本版HTA) の基礎 オンライン
2020/10/28 医療機器における生物学的安全性試験の申請/評価の進め方と3極比較 東京都 会場・オンライン
2020/10/28 例文で解説するGMP文書や海外当局査察で頻出する英語表現 (事例) 東京都 会場・オンライン
2020/10/28 費用対効果評価 (日本版HTA) の実践 オンライン
2020/10/29 成功する市場・製品・技術ロードマップ作成のプロセス、活動とそのポイント オンライン
2020/10/29 非臨床試験の信頼性確保の為の生データ・実験ノートの取扱いとQC / QA実施 オンライン
2020/10/29 症例処理業務を中心としたEUのPV規制・対応と日米との違い 東京都 会場・オンライン
2020/10/29 滅菌バリデーション・無菌性保証セミナー 東京都 会場・オンライン
2020/10/29 バイオセンサ・デバイスの最先端技術・研究動向と応用展開 オンライン
2020/10/30 コンピュータ化システムバリデーション (CSV) 初級講座 東京都 会場
2020/10/30 退屈にならないAfterコロナを見据えたGCP入門編 オンライン
2020/10/30 2040年問題を乗り越えるための各種施策とICT利活用戦略 東京都 会場・オンライン
2020/11/5 中国の医療機器における最新規制動向および申請書類の留意点 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書