技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

非水分散系における分散安定化技術と不良対策

Zoomを使ったライブ配信セミナー

非水分散系における分散安定化技術と不良対策

~濃厚/非水/多成分系における微粒子/ナノ粒子の分散・凝集制御~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、非水分散系について基礎から解説し、溶媒/樹脂・分散剤や表面修飾の選択基準、粒子の表面状態、スラリーの分散安定性の評価法、不良の原因と対策について詳解いたします。

開催日

  • 2020年10月22日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 微粒子分散に関連する技術者、開発者、研究者
    • 粉体
    • 高分子
    • 塗料
    • インク
    • 機能性材料
    • 接着剤
    • エラストマー
    • 医薬品
    • 化粧品食品
    • サプリメント など

修得知識

  • SP値・HSP値/表面自由エネルギー/酸塩基特性の最新測定法
  • ぬれ性の基礎と溶媒/樹脂の最適選択法
  • ポリマーブラシや界面活性剤を含む分散剤の選択指針
  • 微粒子の表面修飾とその評価法

プログラム

 微粒子複合材料の調製は、普通①材料物性の事前測定、②スラリーの中間評価、③製品の最終検査の順に行われます。①事前測定では、様々な材料物性を同じ土俵で評価できるパラメータ、すなわちSP値・HSP値、表面自由エネルギーおよび酸塩基特性を用いて、ぬれ性や分散剤/チキソ剤の溶解・吸着性などを調べ原料/添加剤の選択に活用します。②中間評価では、スラリーを調製しその分散安定性試験をもとに分散不良の原因を調べ、原料/添加剤の変更や粒子の表面修飾などの対策を講じます。③最終検査法は製品種類に依存します。

  1. はじめに: 非水分散系の特徴
    • 比誘電率
    • 表面張力
    • 粘度
    • 蒸発性など
  2. 材料物性の事前測定に必要なパラメータの求め方
    1. 溶解度パラメータ (SP値・HSP値) の基礎と求め方
      1. 化合物 (溶媒、樹脂など) のSP値・HSP値の求め方
        • 原子団寄与法
        • 溶解法
        • インバースガスクロマトグラフィー (IGC) 法
      2. 粒子表面のSP値/HSP値の求め方
        • 多架遠心沈降法
        • IGC法
        • パルスNMR法
    2. 表面自由エネルギーの測定法
      1. 表面張力/界面張力と成分項の測定法
      2. 粒子の表面自由エネルギーと成分項の測定法
        • 接触角法
        • IGC法
      3. 粒子表面/分散剤の酸塩基性と測定法
        • IGC法
        • 等電点
        • 滴定法 (酸価とアミン価など)
  3. ぬれ性のコントロールおよび安定化作用における要点
    1. ぬれ性の基礎とwetting envelopeによる溶媒・樹脂の選択
    2. 非水分散系における静電反発作用とDLVO理論
    3. 高分子分散剤による立体反発作用と良溶媒の選択
    4. ポリマーブラシによるナノ粒子濃厚系の立体反発安定化
  4. スラリーの調製工程と分散安定性試験法
    1. スラリー調製工程
    2. フロック径法
      • 超音波スペクトロスコピー
      • パルスNMR法
      • グラインドゲージ
    3. 重力・遠心沈降法
    4. レオロジー法
      • 流動曲線
      • チキソ性
      • 動的粘弾性性
  5. 分散剤/チキソ剤の選択指針
    1. 高分子分散剤の働きと選択指針
      1. 分散剤構造 (ブロック、グラフト共重合体) と吸着形態
      2. 酸塩基性と酸塩基相互作用パラメータによる評価
    2. チキソ剤 (粘弾性調整剤) の働きと選択指針
  6. 粒子の表面修飾法と評価例
    1. 界面活性剤の働きと選択指針
      • 自己組織化膜
      • 単層吸着
      • 二層吸着膜
    2. カップリング法による表面修飾とその評価例
    3. グラフト法による表面修飾とその評価例
  7. 最終検査とまとめ
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

ライブ配信セミナーの受講について

  • 本講座は、Zoomを利用したライブ配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
    セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • Zoomクライアントをご利用の際は、最新版にアップデートをお願いいたします。
  • パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。
  • セミナー配布資料は印刷物を郵送、またはPDFファイルを送付いたします。
  • 当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。
  • 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
  • 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
    複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一部外者が侵入した場合は、管理者側で部外者の退出、あるいはセミナーを終了いたします。

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/6/25 ぬれ性評価の理解と活用技術 入門講座 オンライン
2021/6/25 ゴム・高分子材料のトライボロジー特性と接触面の観察および評価方法 オンライン
2021/6/28 塗布膜における濡れ・付着・密着トラブルの解決につながるヒント オンライン
2021/6/28 プラスチックリサイクルの最新技術と持続可能な社会におけるプラスチックの使い方 オンライン
2021/6/28 ポリビニルアルコール (PVA) の基本構造、物性および高機能化 オンライン
2021/6/29 粉体物性の実用的な測定法および付着・凝集性と流動性の評価 オンライン
2021/6/29 メタクリル系ポリマー活⽤のための⼊⾨講座 オンライン
2021/6/29 分子シミュレーションの基礎と高分子材料開発の効率化への展開 オンライン
2021/6/29 高分子レオロジーの基礎と粘弾性測定解析 オンライン
2021/6/29 液晶ポリマー (LCP) の基礎・市場動向と、5G用途に向けたフィルム化・量産化技術の開発動向 オンライン
2021/6/30 ポリ乳酸の高性能・高機能化材料設計と成形加工技術 オンライン
2021/6/30 食品包装を中心とした包装材料における最新動向・将来展望 オンライン
2021/6/30 粘着・剥離現象の理解と制御に向けた可視化・モデリング オンライン
2021/7/2 5G通信の技術動向と求められる材料開発 オンライン
2021/7/2 はじめてのコンパウンドプロセス2軸押出機スクリュー構成 オンライン
2021/7/5 アクリル樹脂入門 オンライン
2021/7/6 二軸押出による樹脂/フィラーの混練・分散制御とその評価解析 オンライン
2021/7/7 SP値、表面張力の求め方、使い方とコーティング材料への応用例 オンライン
2021/7/7 自動車の軽量化に貢献する異種材料の接着技術 オンライン
2021/7/7 粘着の基礎と剥離のメカニズム オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/11/30 高分子の延伸による分子配向・結晶化メカニズムと評価方法
2020/10/30 ポリウレタンを上手に使うための合成・構造制御・トラブル対策及び応用技術
2020/1/31 溶解度パラメータ (SP値・HSP値) の求め方と微粒子の分散安定化への活用術
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/19 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2018/3/18 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/2/28 顔料分散の基礎講座
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/11/29 二軸押出機