技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

コロナ後に激変するディスプレー・サプライチェーン

コロナ後に激変するディスプレー・サプライチェーン

~押し寄せる業界再編と技術変革の波~
オンライン 開催

開催日

  • 2020年6月22日(月) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • 半導体メーカー
  • 半導体商社
  • 車載電子機器メーカー

修得知識

  • 車載半導体の現状と今後の見通し
  • 自動車に求められる新しい機能とその影響
  • 車載半導体メーカーの役割
  • 自動車メーカーの今後のあるべき姿

プログラム

 新型コロナウィルスは今や世界中に拡散しており、これがいつ終息するのか、日本を含めて多くの地域で目処が立っていない。エレクトロニクス業界で言えば、2020年はスマートフォン (スマホ) もパソコンも需要の拡大が見込まれ、これが半導体需要を大きく引き上げることが期待されていたが、年初から出鼻をくじかれてしまった。今回は、新型コロナウィルスの拡散がエレクトロニクス業界にどのような影響を与えているのか、特に日本の電子産業にどのような影響が及んでいるのか、そしてこれにどのように対処すべきかについて、考え方を整理してみたいと思う。

  1. 半導体製造装置業界への影響
    1. シリコンバレーの状況
    2. 大手デバイスメーカーへの影響
    3. 今後の見通し
  2. 半導体メーカーへの影響
    1. 韓国、台湾の状況
    2. それ以外の地域の状況
    3. 今後の見通し
  3. 電子機器メーカーへの影響
    1. スマホ市場への影響
    2. パソコン市場への影響
    3. その他電子機器市場への影響
  4. 日本の電子産業への影響
    1. 直接的な影響が懸念される分野について
    2. 間接的な影響が懸念される分野について
  5. ビジネスモデルの再構築について
    1. 部材やキーデバイスなどの調達リスクの見直し
    2. 5G/IoT/AIを活用したビジネスモデルについて

講師

  • 大山 聡
    グロスバーグ合同会社
    代表

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)

案内割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方 : 1名で 32,000円(税別) / 35,200円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/7/7 コロナ禍の半導体産業を生き抜くための羅針盤 東京都
2020/7/13 先端半導体パッケージの実装、集積化技術とその課題、展望 東京都
2020/7/13 自動車用センサ・カメラ、電子機器類の保護、封止、耐振動性向上 東京都
2020/7/13 米中ハイテク戦争・ポストコロナで電子機器・半導体はどうなる オンライン
2020/7/16 自動車の電動化に向けた、SiCパワーデバイス・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 オンライン
2020/7/17 次世代自動車における熱マネジメント技術 東京都
2020/7/20 電磁ノイズ低減を実現するシールド技術の基礎と応用 オンライン
2020/7/29 カーエレクトロニクス用高分子実装材料 (封止・パッケージ材、多層配線基板、高熱伝導性接着シート材) の設計、評価と最新技術動向 オンライン
2020/8/5 異種デバイス集積化に向かう半導体パッケージのプロセス技術と最新動向 東京都
2020/8/19 5G関連機器を中心とした今後の熱対策 東京都
2020/8/21 米中欧で加速するEV、自動運転、キーとなる車載カメラ・イメージセンサの市場・技術動向 東京都
2020/8/24 回路と基板のノイズ設計技術 東京都
2020/8/24 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2020/8/27 ホログラム技術の基礎および車載用ヘッドアップディスプレイ (HUD) への応用 東京都
2020/8/31 車載用電子部品における故障の未然防止と信頼性評価、解析 東京都
2020/9/10 レーザ樹脂溶着のメカニズム、応用技術とトラブル対策 東京都
2020/9/10 パワーデバイス パワーデバイスの基礎と活用技術 オンライン
2020/9/11 AI、IoT、5Gに向けた半導体パッケージ技術の進化と要素技術 オンライン
2020/9/17 電子機器のEMC試験と設計段階からの実践的ノイズ対策 東京都
2020/9/28 ミリ波帯電波吸収体、遮蔽材、透過材の考え方と設計例 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2018/3/20 レジスト材料・プロセスの使い方ノウハウとトラブル解決
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2017/8/10 車載テクノロジー関連製品・材料の市場動向
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書
2013/11/25 電子ブック〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/25 電子ブック〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/25 電気自動車〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/25 電気自動車〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書