技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

分析法バリデーションにおける実験計画法の応用

分析法バリデーションにおける実験計画法の応用

東京都 開催 PC実習付き デモ付き

開催日

  • 2019年11月18日(月) 10時00分 16時30分

修得知識

  • 分析法バリデーションを支える統計の基礎概念の詳細
    • 分散分析
    • 回帰分析
  • ばらつきを評価する分散分析 (枝分かれ分散分析) の詳細
  • 併行精度、室内再現性、真度をひとつの実験系で評価する方法
  • 直線性を客観的に評価する方法

プログラム

 本セミナーは統計の基礎 (標準偏差、信頼区間を求めたことがある程度で十分) を学習したことがあること又は分析法バリデーションの実務経験 (実験または報告書作成・レビュー) があることを前提としています。
 分析法バリデーションに関する省令 (ICH-Q2B) では室内再現精度の評価に「実験計画法を利用することを奨励する」と書かれていますが、実際には、真度、併行精度、室内再現精度を別々に求めているケースが大半かと思います。
 しかし、実験計画法を駆使して一つの実験系とすることで、より頑健性の高い評価結果を得ることができるのですが、このことを平易に解説した書籍はあまりありません。
 そこで、具体的にどのような応用が可能なのかの解説を企画しました。最も一般的な平均値の差の検定から出発して、一元配置分散分析、枝分かれ型分散分析へと絵解きを駆使しながら掘り下げていきます。また、直線性の当てはまりを評価するために有用な、繰り返しのある回帰分析についても解体・解説します。
 ここまで理解すれば、自由自在な応用は目の前です。統計に翻弄されず、賢く使いこなせることを応援します。
 講師デモも同時進行で行なうためPC持参は必須ではありませんが、参加者ご自身でデータ解析を体験すると理解がより高まると思います。

  1. 分散分析の導入 (平均値の比較)
    1. 平均値の差の検定 (t検定)
      • 何を比較しているのか、イメージの理解
      • 差の信頼区間
      • 計算式詳解 (Excel関数を用いた手計算)
    2. 3群以上の平均値の差の検定 (一元配置分散分析)
      • 何を比較しているのか、イメージの理解
      • 差の信頼区間
      • 計算式詳解 (Excel関数を用いた手計算)
      • Excel関数を用いたばらつきの分解
      • 分散分析とt検定の違い
  2. 分析法バリデーションへの応用
    1. 併行精度、真度、室内再現性を一度に求める
      • 併行精度と室内再現性を同時に求める (一元配置分散分析)
      • 枝分かれ分散分析の視覚的理解 (管理図法)
      • 枝分かれ分散分析の伝統的な計算過程 (Excel関数を用いた手計算)
      • 統計パッケージの活用
      • 実験の工夫で真度も求まる
      • Satterthwaiteの等価自由度の功罪
    2. 枝分かれデザインを用いた効率的なデザインの例
      • 試験デザイン (3濃度で室内再現性を評価した場合)
      • 併行精度の評価 (管理図法、分散分析法)
      • 室内再現性の評価
      • 真度の評価
    3. 回帰分析
      • 何を計算しているのか、イメージの理解
      • 計算式詳解 (Excel関数を用いた手計算)
    4. 繰り返しのある回帰分析
      • 何を計算しているのか、イメージの理解
      • 計算式詳解 (Excel関数を用いた手計算)
      • 直線性に頭打ちがある場合と無い場合の比較
  3. 特論:統計的品質管理への展開
    • 分析誤差の許容範囲
    • 規格値と室内再現性との関係
    • 質疑応答

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/11/25 統計的データ処理のための確率統計・線形代数入門 東京都
2019/11/25 計測インフォマティクスのデータ解析とその事例 東京都
2019/11/26 医療機器の設計検証/バリデーション、受入検査・工程管理で求められる統計的手法とサンプルサイズ設定/根拠 東京都
2019/11/26 トラブル未然防止のための信頼性試験法と耐用寿命予測の実際 東京都
2019/11/27 医薬品の開発、販売活動にむけた医療ビッグデータ/リアルワールドデータ (RWD) 解析 東京都
2019/11/29 時系列データ分析の基礎とPython, Rを用いた利用技術 東京都
2019/11/29 食品期限設定ノウハウと期限延長技術 東京都
2019/12/2 統計的データ解析と実験計画法の基礎と実践 東京都
2019/12/4 凍結乾燥プロセスのメカニズム、必須知識、最適化の考え方 東京都
2019/12/5 分析法バリデーションの統計解析 入門 & 専門 2日間コース 京都府
2019/12/5 分析法バリデーションの統計解析 入門コース 京都府
2019/12/6 分析法バリデーションの統計解析 専門コース 京都府
2019/12/6 ダイコーティングの基礎理論とトラブル対策 東京都
2019/12/6 確率論入門の入門 東京都
2019/12/6 金融工学のための数理入門 4日間パック 東京都
2019/12/9 臨床試験における症例数設定のイ・ロ・ハ 東京都
2019/12/10 企業価値評価のための割引率の算定 東京都
2019/12/12 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間) 東京都
2019/12/12 光学多層膜の解析と最適設計 東京都
2019/12/12 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー 東京都