技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

化粧品の微生物汚染と保存効力試験の進め方及び防腐システム構築

化粧品の微生物汚染と保存効力試験の進め方及び防腐システム構築

大阪府 開催

概要

本セミナーでは、化粧品の微生物汚染について基礎から解説いたします。
また、処方を行うにあたっての防腐システムの設計法、化粧品等の微生物汚染の動向とその原因と対策も含めて解説いたします。

開催日

  • 2019年10月9日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 化粧品の技術者、開発者、研究者、品質担当者

修得知識

  • 化粧品産業における微生物部門の仕事
  • 化粧品等の微生物汚染の動向とその原因・対策
  • 保存効力試験の進め方
  • 処方を行うにあたっての防腐システムの設計の方針

プログラム

 化粧品に限らず微生物汚染は日常消耗品において多々問題になることが多い。
 本セミナーでは化粧品業界における微生物部門の仕事の概観をお話しし、その出荷後での汚染例 (回収されたもの) 、その傾向と分析から原因の考察を行います。
 次に保存効力試験の進め方とその解釈の仕方を説明し、保存効力試験の流れを理解していただきます。最後に処方を組むにあたって防腐システムをどのように考えていくかを述べたいと思います。

  1. 化粧品の微生物部門の仕事
    1. 化粧品の微生物汚染について
      1. 微生物汚染を防ぐ理由
      2. 過去の化粧品微生物汚染の例
      3. 汚染の原因およびその防止
    2. 化粧品の各部門の微生物に関する仕事
      1. 研究開発部門での仕事
      2. 品質管理部門での仕事
      3. 製造部門での仕事
  2. 化粧品の保存効力試験の進め方
    1. 保存効力試験の意義
    2. 保存効力試験の手順
      1. 保存効力試験に必要なもの
      2. 保存効力試験の流れ
      3. 実験計画の立て方
      4. 菌の接種
      5. 菌の回収
      6. 再現性の問題
    3. 保存効力試験の解釈
      1. 結果のまとめ
      2. 判定基準
      3. 結果の活用の仕方と最終判定に影響する事柄
    4. その他考慮すべきこと
      1. 使用するサンプルについて
      2. 保存効力試験以外に考えること
  3. 化粧品の防腐システムの構築
    1. 防腐剤とは何か?
      1. 防腐剤とは
      2. 防腐剤の功罪
      3. 化粧品に用いられる防腐剤
    2. 防腐システムの構築
      1. 防腐システムを確立する
        • 基本的な考え方
        • 処方への反映
        • 原料からの考え方
      2. 防腐剤フリー (パラベンフリー) について
        • 防腐剤フリー (パラベンフリー) の意義
        • 考慮するべきこと
    • 質疑応答

会場

ドーンセンター

4F 中会議室1

大阪府 大阪市 中央区大手前1丁目3-49
ドーンセンターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/2/25 GMP微生物管理の規格及び試験方法の設定 / 各微生物試験法の分析法バリデーションと実施上の留意点 東京都
2020/2/26 医薬品、医療機器工場における生体由来物混入の実際と管理・防止対策 東京都
2020/2/27 日米欧の規制要件をふまえた治験薬製造に係る6つの課題とその対応 東京都
2020/2/27 化粧品における品質を確保した海外からの原材料調達ポイント 東京都
2020/2/27 薬事承認・保険適用・診療報酬改定に関する理解とそれらを総合した保険収載戦略の必要性とその要点 東京都
2020/2/28 非無菌製剤における環境モニタリングの環境管理とリスク評価/測定手法・基準値設定と逸脱管理事例 東京都
2020/2/28 改正GMP省令対応SOP作成セミナー 東京都
2020/3/2 品質試験実施における試験検査室管理のポイントと査察対応 大阪府
2020/3/3 スプレッドシートのバリデーションと運用管理対応 大阪府
2020/3/5 GMP記録の信頼性確保のためのデータインテグリティ対応法 大阪府
2020/3/5 化粧品微生物・防腐力試験の実施と品質保持のポイント 大阪府
2020/3/6 GQP入門講座 東京都
2020/3/6 GMP工場の設備設計および維持管理のポイント 大阪府
2020/3/10 GMP監査を1日で終わらせるコツ 東京都
2020/3/10 GMP・GQPにおけるQA部員の教育訓練 (GMP文書・記録類の照査) 入門講座 京都府
2020/3/11 GMP対応工場における設備機能維持と予防保全の考え方 京都府
2020/3/16 バイオフィルムの特性評価および除去・対策技術 東京都
2020/3/17 毒性学的評価による洗浄バリデーション 東京都
2020/3/17 日米欧三極比較から見る医薬品グローバル開発のための薬事規制 / 承認審査 東京都
2020/3/19 化粧品 薬機法の基礎と改正法及び広告表示の留意点 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/5/31 スキンケア化粧品の官能評価ハンドブック
2016/9/9 抗菌剤・抗カビ剤・抗ウイルス剤の基礎と応用
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/8/28 化粧品・医薬部外品およびその原料の安全性評価と規格・試験法設定
2013/3/17 ICH QトリオとQ11導入・実践・継続への取組み
2013/2/27 リスクマネジメント・CAPA(是正措置・予防措置)導入手引書
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/9/27 各国GMP要求の徹底比較・適合方法と査察対応
2012/7/4 薬事法・景品表示法 実践 戦略パック
2012/6/20 3極GMPに対応した設備適格性評価と保守・点検管理
2012/5/25 化粧品13社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/5/25 化粧品13社 技術開発実態分析調査報告書