技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載半導体・電子部品の品質保証 5時間集中講座

車載半導体・電子部品の品質保証 5時間集中講座

~信頼性、試験と評価、車載実装技術の視点~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーは、車載専用化に向けた半導体の信頼性について解説いたします。

開催日

  • 2019年9月24日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 車載半導体に関連する技術者、研究者、品質担当者

修得知識

  • ECUの品質保証向上に必要な方策

プログラム

 電子制御機器 (ECU) の品質は購入する半導体・電子部品の品質に依存する。購入部品は本来、受入検査で認定し品質保証する。しかし、半導体・電子部品は受入検査が困難で、ECU品質保証のネックとなっていた。車載半導体の認定試験であるAEC Q – 100 は、半導体単体の信頼性試験であり、ECU内の「使い方」を保証できず、受入検査の代用としては不十分である。
 車載実装技術は半導体の脆弱性を補強する技術であり、半導体の脆弱性をECU/半導体故障解析を通して把握し、JISSOとして発展させた。JISSOの視点で、半導体の使い方/安全設計をレビューすることにより、半導体・電子部品の認定を、核心的で簡易なプロセスとして革新できると考える。

  1. 実装技術 (JISSO)
    • JISSO More than Moore Packaging
    • SMT
    • JISSO 実装技術の分化
    • ECUの品質保証
    • ECUの信頼性
    • 半導体の信頼性
    • 半導体故障解析
    • EMC保護
    • プロセス親和性
    • 半導体欠陥
  2. 半導体の脆弱性
    1. 半導体欠陥
      • 欠陥の流出
      • ゲート酸化膜欠陥
      • 配線欠陥
      • 配線欠陥の増加
      • 配線検査率
      • システムLSIの検査率
      • ESD小破壊流出
      • 軽欠陥の流出
      • 高低温検査
      • テストガードバンド
    2. ESDイミュニティ
      • 2つのESDストレス
      • 半導体のESD強度
      • EOS痕
      • ESD故障の実際
      • ハンドリングESDの放電経路
      • ESD放電経路
      • ESDイミュニティ
      • 直流再生
      • 輻射電波
      • システムLSIのESD放電
      • システムLSIのアース配線
      • 電源の脆弱性
      • エミッションノイズの脆弱性
      • ESDリーク
      • HCI
    3. ソフトエラー
      • マイコンの脆弱性
      • 発振故障
      • プログラム暴走
      • POR故障
      • 非同期信号
      • データ誤転送
    4. パッケージング
      • パワーMOSの脆弱性
      • パワーSMDの脆弱性
      • パワーICの脆弱性
      • チップLEDの脆弱性
  3. 電子品質保証
    1. 電子品質保証プロセス
      • ECUの品質保証
      • 品質保証プロセス
      • 半導体認定
      • ECUの初期故障
      • 電子部品認定
    2. 電子部品の認定要件
      • AEC Q – 100
      • 半導体の目標故障率
      • システムLSIの検査率
      • 半導体の安全設計
      • HSWの安全設計
      • システムLSIのESD設計
      • 配線ループ
      • 半導体ラッチアップ試験
    • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

連合会館

4F 404会議室

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/4 米中欧で加速するEV、自動運転、キーとなる車載カメラ・イメージセンサの市場・技術動向 東京都
2020/6/8 5G・次世代自動車に対応するSiC/GaNパワーデバイスの技術動向と課題 オンライン
2020/6/10 自動車外装部材への加飾技術 東京都
2020/6/10 電波吸収体、電磁遮蔽材、透過材の考え方、設計法入門 大阪府
2020/6/11 5G・ミリ波向け電磁波シールド・吸収の材料設計 オンライン
2020/6/12 基礎パワエレ制御の速習法 神奈川県
2020/6/12 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2020/6/15 カーエレクトロニクスの放熱、冷却技術 東京都
2020/6/17 電子機器のEMC試験と設計段階からの実践的ノイズ対策 オンライン
2020/6/18 自動車に用いられる繊維材料・繊維複合材料の設計、応用、市場予測 東京都
2020/6/18 自動車室内の防音設計と軽量化要求に対応する遮音・吸音材料の開発 東京都
2020/6/18 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 オンライン
2020/6/19 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 神奈川県
2020/6/19 電子機器・回路のノイズ対策基礎講座 東京都
2020/6/22 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 オンライン
2020/6/22 Sub 6GHz ~ ミリ波帯用電波吸収体の材料・設計の考え方と測定方法 オンライン
2020/6/22 コロナ後に激変するディスプレー・サプライチェーン オンライン
2020/6/23 自動車塗装技術一日講座 … 基礎知識・不具合対策・新技術動向を一日で 東京都
2020/6/23 市場品質ロス削減のための信頼性試験法と耐用寿命予測の実際 東京都
2020/6/24 SiCパワーデバイスの活用に向けた駆動回路、評価技術 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/6/21 2019年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/3/29 電磁波シールド・電波吸収体の設計・開発・評価法
2019/3/22 2019年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2019/2/22 2019年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/20 レジスト材料・プロセスの使い方ノウハウとトラブル解決
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化