技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

有機ELディスプレイ・照明技術と今後の展望

有機ELディスプレイ・照明技術と今後の展望

~既存デバイスとの比較・課題や展望など~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2019年3月14日(木) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 有機ELの基礎技術 (材料、デバイス、プロセス、駆動など)
  • 有機ELの歴史とビジネス動向 (各社の動向も含めて)
  • 有機ELディスプレイ技術 (液晶ディスプレイとの比較も含めて)
  • 有機EL照明技術 (LED照明との比較も含めて)
  • 有機ELフレキシブル化の最新技術動向
  • 有機EL用フレキシブル基板技術
  • 有機ELバリア膜形成技術・封止技術
  • 有機EL用透明電極技術
  • 有機EL用塗布・印刷・ロールtoロール (R2R) 技術
  • 量子ドット (QD) 、マイクロLEDなど関連新規技術の動向

プログラム

 iPhone, Galaxyをはじめとするスマートフォンへのフレキシブル有機EL採用、シャープの国産初のフレキシブル有機EL搭載スマートフォン、JOLEDの塗布型有機ELディスプレイ、LG・ソニー・パナソニック・東芝の有機ELテレビなど、有機EL事業は本格的拡大時期に入ってきた。また、有機EL照明も着実に技術進展している。さらに、量子ドット (QD) 、マイクロLEDなどの新規技術も活発に研究開発がなされている。
 本講演ではこれらの状況を踏まえ、有機ELの基礎技術 (材料・デバイス・プロセス・駆動など) を概説すると供に、新規技術も含めた技術動向、ビジネス動向を紹介する。特に、今後の有機EL事業で核となるフレキシブル技術に関し、最新動向と要素技術について紹介する。

  1. 有機ELの歴史
  2. 有機ELの原理
  3. 有機ELの基礎技術
    1. 材料技術
    2. デバイス技術
    3. プロセス技術
    4. 駆動技術
  4. 有機ELディスプレイ
    1. 有機ELディスプレイの分類
    2. 有機ELディスプレイの特徴 (液晶ディスプレイとの比較も含めて)
    3. 有機ELディスプレイ技術と最新動向 (各社の動向も含めて)
    4. 有機ELディスプレイの製品化
  5. 有機EL照明
    1. 有機EL照明の特徴 (LEDとの比較も含めて)
    2. 有機EL照明技術と最新動向
    3. 光取出し効率向上技術
    4. 有機EL照明のコスト
    5. 有機EL照明の製品化
  6. 有機ELのフレキシブル化
    1. フレキシブル化の最新動向
    2. フレキシブル基板技術
      • 超薄板ガラス
      • 高機能ステンレス箔
      • バリアフィルム
    3. バリア層形成技術、フレキシブル封止技術
    4. 透明電極技術
      • 透明導電ポリマー技術
      • 銀ナノワイヤー技術
      • 印刷電極技術
  7. トピックス
    1. 塗布技術・印刷技術の適用
    2. 量子ドット (QD)
    3. マイクロLED
    4. その他
    • 質疑応答

会場

江東区産業会館

第6展示室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/9/28 次世代ディスプレイ最新技術とその動向 オンライン
2020/10/5 AR/VRや車載用などの新しいディスプレイの動向 オンライン
2020/10/6 パリティミラーを用いた空中映像・ 空中ディスプレイの基礎と応用開発の現状 オンライン
2020/10/7 コロナ後の世界を変える有機ELディスプレイ・照明技術とその応用 オンライン
2020/10/13 最新車載電子機器の分解から紐解く部品の方向性と今後の展望 オンライン
2020/10/14 新型コロナ後の有機ELディスプレイ/照明の技術トレンドと業界、市場動向 オンライン
2020/10/16 5G・ミリ波対応のプリント基板および実装技術の基礎とトラブル対策 オンライン
2020/10/20 省エネルギー窓としてのスマートウィンドウ技術および調光ミラー・シート技術 オンライン
2020/10/20 ホログラム技術とヘッドアップディスプレイへの応用 オンライン
2020/10/21 蛍光体の材料・市場・活用 最新トレンド オンライン
2020/10/23 空中ディスプレイの表示技術と非接触操作パネルへの応用 オンライン
2020/10/26 ライトフィールド入門 (VRのためのディスプレイ・映像技術) オンライン
2020/10/27 量子ドット (QD) の基本物性とデバイスへの応用、市場動向 オンライン
2020/10/28 ディスプレイ技術の基礎とSID2020を中心とした最近の開発および市場動向 オンライン
2020/10/28 マイクロLED、ミニLED最新動向 オンライン
2020/10/29 量子ドット (QD) の材料設計、カドミウムフリー化、応用・評価 オンライン
2020/10/29 サムスンのQD-OLED, QD-Micro LEDで再び動き出す量子ドット オンライン
2020/11/5 フラットパネルディスプレイ (FPD) を支える高機能材料と装置の最新動向 オンライン
2020/11/10 フレキシブル・フォルダブルOLEDの求められる材料と市場動向 オンライン
2020/11/13 次世代フレキシブル回路基板用変性ポリイミドの分子設計、製造方法、特性評価および問題点 東京都 会場

関連する出版物

発行年月
2020/10/29 最新ディスプレイ技術トレンド 2020
2019/10/30 最新ディスプレイ技術トレンド 2019
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2018/11/20 最新ディスプレイ技術トレンド 2018
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2018/10/5 コネクティッド社会へ向けたディスプレイおよび高信頼性化技術の最新動向
2018/7/12 スマートウィンドウの基礎と応用
2018/3/9 量子ドット・マイクロLEDディスプレイと関連材料の技術開発
2017/12/25 世界の有機ELディスプレイ産業動向
2017/10/31 フレキシブルOLEDの最新技術動向
2014/11/10 フレキシブル電子デバイス〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/10 フレキシブル電子デバイス〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/15 LED照明〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/15 LED照明〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/3/8 2013年版 スマートハウス市場の実態と将来展望