技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医薬品の感性評価とその数値化

医薬品の感性評価とその数値化

東京都 開催

開催日

  • 2019年2月5日(火) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部. 医薬品包装に関連する新しい感性評価手法

(2019年2月5日 10:00〜12:00)

本講演では、医薬品包装に関連した感性評価手法を紹介する。われわれの過去の研究から、

  • 医薬品の開封性・廃棄性・緩衝性評価、
  • 医薬品包装に用いる色彩の評価、
  • 医薬品用チャイルドレジスタンス (CR) 包装の有用性評価
    の3つのテーマについて、具体的な評価手法を紹介していく。

  1. 簡易な手法で説得力のあるデータを取るには
    1. 年齢や職種に合わせた官能評価と計器測定の使い分け
    2. 統計手法のシンプルな選び方
  2. 医薬品の開封性・廃棄性・緩衝性評価
    1. PTP用個装箱の開封性・廃棄性評価
    2. 抗がん剤バイアル用個装箱の緩衝性評価
    3. PTPの開封性評価
    4. 手指機能障害者における開封性評価
  3. 医薬品包装に用いる色彩の評価
    1. 医薬品包装における色差と識別性の関係
    2. カラーユニバーサルへの対応
    3. 薬効に合わせた色彩の選択~吐き気止めには何色を使うべきか?~
  4. 医薬品用チャイルドレジスタンス (CR) 包装の有用性評価
    1. 医薬品用CR包装の種類とその評価
    2. CR包装関連試験を行う上での注意
  5. 医薬品包装の設計における注意~病院側の視点から~
    • 質疑応答

第2部. 医薬品の苦味評価とその数値化及び苦味マスキング

(2019年2月5日 13:00〜14:45)

 医薬品市場の、アンメット・メディカル・ニーズへのシフトに対応して、小児や高齢者、嚥下障害を伴う疾患を持つ患者等を対象に、より服用しやすい剤形による服薬コンプライアンス改善への期待が高まっている。
 本講座では、「飲み易さ」を改善するための苦味マスキングにおいて、その評価法及び基本的なマスキング技術の解説と、実用化例、最近の技術について紹介する。

  1. 薬物/製剤の苦味を測る
    1. 人による官能試験
    2. センサーによる味試験法
    3. 苦味閾値薬物濃度による評価法
    4. 苦味マスキング効果の評価
  2. 医薬品の苦味の抑制方法
    1. 嬌味剤による苦味マスキング
    2. 化学的手法による苦味マスキング
    3. 物理的手法による苦味マスキング
  3. 製剤設計における苦味マスキング技術の活用例
    1. 経口液剤への適用
    2. 顆粒剤への適用
    3. 錠剤 (口腔内崩壊錠) への適用
  4. 苦味マスキング法の選択について
  5. 苦味を抑制した製剤の設計例
  6. おわりに
    • 質疑応答

第3部. 使いやすい医薬品の包装に対する人間工学的アプローチ

(2019年2月5日 15:00〜17:00)

 見やすくわかりやすい医薬品包装表示や操作しやすい医薬品包装形態について、人間工学的な手法を用いて種々の実験を行い、指針を明確にする研究を行ってきた。今回は、それらの研究事例のいくつかについて具体的に紹介する。

  1. はじめに
    1. 人工物とは何か
    2. 人工物の安全性とは
    3. 背景と目的
  2. 骨粗鬆症治療薬のユーザビリティ評価
    1. 研究の背景
    2. ユーザビリティ評価試験
    3. 考察
    4. 結論
  3. 医薬品外箱データベースの構築と解析
    1. 研究背景と目的
    2. データベースの属性の決定
    3. データベースの構築
    4. データベースの解析
    5. 結論
  4. 同一薬剤のPTPシートデータベースの構築と解析
    1. 研究背景と目的
    2. データベースの属性の決定
    3. データベースの構築
    4. データベースの解析
    5. 結論
    • 質疑応答

講師

  • 溝口 優
    横浜薬科大学 臨床薬剤学研究室
    助教
  • 岩田 基数
    シミックCMO 株式会社 製剤開発センター
    センター長
  • 大倉 典子
    芝浦工業大学 工学部
    教授 / 学長補佐

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/8/23 分析法バリデーションの統計解析 入門 & 専門 2日間コース 東京都
2019/8/23 分析法バリデーションの統計解析 専門コース 東京都
2019/8/23 試験室におけるデータインテグリティ対応とデータ管理・運用 東京都
2019/8/23 PIC/S GMPに対応した製薬用水の製造・品質管理の基礎 東京都
2019/8/23 バイオ医薬品で起こる蛋白質凝集メカニズム、凝集体形成防止・製剤安定化と培養プロセスでの凝集抑制・凝集体除去/高品質化の細胞構築 東京都
2019/8/26 医薬品開発における安定性試験と有効期間の確保 東京都
2019/8/27 医薬品の安全性情報収集/評価のポイント 東京都
2019/8/27 アジア医療制度・市場構造を踏まえた成功する価格戦略ノウハウ 東京都
2019/8/27 トラブル事例から学ぶバイオ医薬品工場のURS作成の留意点 東京都
2019/8/28 GMP監査 (内部・外部) 技法・レビューの手順ポイント 東京都
2019/8/28 医薬ライセンス業務の基礎と実践 東京都
2019/8/28 再生医療等製品の特許戦略と製品開発の留意点 東京都
2019/8/29 環状ペプチドの効率的探索・創製と立体配座解析 東京都
2019/8/29 アジア/ASEAN申請に向けたACTD作成/各国特有の要求事項と変更管理 東京都
2019/8/29 機械学習によるヒューマンエラー予兆検知 東京都
2019/8/29 バッチプロセスのスケールアップによる化学品・医薬原薬の製造のポイント 東京都
2019/8/29 非GLP試験・信頼性保証と効率的実施 コースセミナー (2日間) 東京都
2019/8/29 日米欧3極の薬事規制・承認審査の比較と当局の考え方の違い 東京都
2019/8/29 非GLP試験における信頼性確保 東京都
2019/8/29 QMSを意識した実践的な治験の運用とアプローチ方法 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2019/2/28 においを "見える化" する分析・評価技術
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/30 ヒトの感性に訴える製品開発とその評価
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/31 スキンケア化粧品の官能評価ハンドブック
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書