技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

伝熱の基礎とExcelによる熱計算演習講座

伝熱の基礎とExcelによる熱計算演習講座

東京都 開催 PC実習付き

開催日

  • 2019年1月31日(木) 10時00分 16時30分

受講対象者

  • 電子機器の放熱に関連する技術者
    • 電子基板の設計
    • サーバ機器設計など
  • 熱対策が必要な機器を扱っている技術者
    • LED照明
    • 太陽光発電パネル
    • プラントなど
  • 伝熱に関連する技術者
    • 空調
    • 冷凍
    • 冷蔵
    • 太陽光集熱機など
  • 熱交換、電子機器の冷却、環境などに関連した業務を行っている方
  • 伝熱、除熱、熱の有効利用など幅広く熱に携わっている方

修得知識

  • 熱設計の基礎
  • 伝熱の基礎
  • 電子機器の放熱のポイント
  • 電子機器の温度計算
  • 温度分布の計算

プログラム

 電子機器冷却、製造設備の加熱冷却、温度制御装置など、きめ細かな温度管理が必要になっています。このような機器の「熱設計」には温度予測が不可欠です。しかし「熱計算」は基礎式が非線形になる上、伝導、対流、放射という3つの伝熱形態が同時に起こるため複雑です。
 実用的な設計計算を手計算で行なうことは難しく、ついつい高価な数値熱流体解析ソフト (CFD) に頼りがちです。熱設計や熱対策を合理的に行なうには、設計者自身が基本的な伝熱メカニズムを理解し、伝熱基礎式を用いて伝熱現象をモデル化し、論理的な分析ができることが重要です。Excelなどの表計算ツールを用いることで単純な基礎式を組み合わせて、実務的な熱計算を行なうことができるようになります。
 本セミナーでは伝熱現象とこれを表現する基礎式を理解し、これらを組み合わせて実用的な問題を解けるようにします。さらに熱回路網法を用いて複雑な熱モデルの組立てと、分析方法についても学びます。演習に用いたソフトは持ち帰って各自の熱設計に使用できます。

  1. 熱設計の基礎知識
    1. 機器の温度が制限される要因
    2. 熱設計・熱計算の目的
  2. 伝熱の基礎
    1. 熱とは何か? 温度とどう違うか?
    2. 熱移動の基礎式
    3. 熱伝導のメカニズムと基礎式
    4. 対流のメカニズム
    5. 平板自然対流・強制対流熱伝達の計算
    6. 放射のメカニズムと基礎式
    7. 放射係数と形態係数
    8. 物質移動による熱輸送の式
      • 【手計算演習】
      • 多層基板の計算
      • 自然対流平板の温度予測
  3. 温度予測手法とその原理・精度
    1. 基礎式を組み合わせて解く方法
    2. 通風筐体の内部温度の計算
    3. ヒートシンクの計算
    4. モータの吹付ファンによる冷却
    5. 熱回路網法の原理と基本ルール
      • 【Excel演習】
      • 多層基板の計算
      • 自然対流・放射平板の温度予測 市販ヒートシンクの性能推定
  4. 熱回路網法による定常計算
    1. 放熱プレートの温度分布計算
    2. 熱回路モデルの作り方
    3. 節点の種類と熱抵抗の接続法
      • 【Excel演習】
      • アルミプレートの温度分布
      • 筐体内部温度と通風口面積
  5. 電子機器・基板のモデル化方法
    1. 基板・コイルの等価熱伝導率計算
    2. 接触熱抵抗のメカニズムと計算法
    3. 基板の熱解析 (サーマルビアの効果と有効本数)
    4. 密閉筐体・通風機器の熱回路モデル
    5. 自然空冷・強制空冷筐体の内部温度
      • 【Excel演習】
      • 通風口面積と筐体内部空気温度
  6. 熱回路網法による非定常計算事例
    1. プレートの温度上昇時間
    2. センサによる温度制御
    3. 温風ヒータによる物体の加熱時間
      • 【Excel演習】
      • アルミプレート温度のセンサによる制御
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 国峯 尚樹
    株式会社 サーマル・デザイン・ラボ
    代表取締役

会場

江東区産業会館

第5展示室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

持参品

  • ノートパソコン
  • 関数電卓
  • USBメモリ

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/12/20 光学多層膜の解析と最適設計 東京都
2018/12/20 Excel実習で学ぶ医薬品の販売数量と薬価の予測 東京都
2018/12/21 分析法バリデーションにおける分析能パラメータ評価とその統計手法 東京都
2018/12/21 売上予測入門 & 開発品・導入品コース (2日間) 東京都
2019/1/9 流体力学の基本と非ニュートン流体の流動 東京都
2019/1/16 車載機器・部品の信頼性向上を実現する放熱・耐熱技術 東京都
2019/1/31 スプレッドシートの合理的バリデーションとデータインテグリティ指摘を受けないための管理・運用 東京都
2019/2/4 放熱樹脂の熱伝導率向上とその評価 東京都
2019/2/4 熱力学・電気化学・金属材料学とめっき膜観察・分析方法 大阪府
2019/2/5 乾燥操作の基礎と乾燥機の性能評価・設計およびトラブル対策 大阪府
2019/2/6 塗布 & 乾燥プロセス理論とトラブル対応 大阪府
2019/2/8 高熱伝導材料の熱伝導率向上技術 東京都
2019/2/14 企業価値評価のための割引率の算定 東京都
2019/2/19 実験・測定に必要な統計・データ解析と実践的活用法 東京都
2019/2/21 車載電子機器の放熱、封止技術 東京都
2019/2/21 化学分野における測定の不確かさの基礎と評価手法 東京都
2019/2/26 材料の熱伝導の基礎と伝熱制御材料の設計・開発、研究動向 東京都
2019/3/4 ヘッジファンド投資の基礎 東京都
2019/3/5 スプレッドシートのバリデーションと指摘事例及び対応法 大阪府
2019/3/18 分析法バリデーションにおける統計解析の基礎 東京都