技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医薬品製造現場におけるヒューマンエラー防止のポイント

医薬品製造現場におけるヒューマンエラー防止のポイント

~エラーを未然に防ぐわかりやすい記録書・手順書作成 / 発生事例からみた日常的に行うべき防止策~
大阪府 開催

概要

本セミナーでは、医薬品製造におけるヒューマンエラー・逸脱の低減化/再発防止策について事例を交えて詳解いたします。

開催日

  • 2018年3月6日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • GMPに関連する担当者、管理者、経営上層部、これから担当になる方
    • 医薬品
    • 医薬部外品
    • 化粧品
    • 医療機器
    • 健康食品 など

修得知識

  • 薬機法とGMP/GQP関連の重要ポイント
  • エラーを未然に防ぐわかりやすい記録書・手順書作成のポイント
  • 発生事例からみた日常的に行うべき防止策
  • GMP基準書、SOP (手順書) の作成
  • HE発生の防止の具体的対応
  • 事故事例の責任所在のありかた
  • SOPの見本
  • 各様式の見本
  • HEの基本的知識
  • HE防止と教育訓練
  • HE防止に対する日常管理法
  • HEとハインリッヒ法則
  • QCサークル活動とHE未然防止課題
  • エラープルーフ法
  • SHELモデルと4M1I法
  • GMP基準におけるHEの位置付け
  • HE発生の防止の具体的施策
  • 製薬企業のHE防止対応の現状

プログラム

第1部 薬機法とGMP/GQP関連の重要ポイントの解説

 薬機法 (薬事法) は、

  • 1960年 (1960年) :薬事法 (1960年法律第145号) が施行された。
  • 2005年:承認、許可など従来の規制の根幹に関わる大改正が施行された。
    その改正により、医薬品販売業が細分化された。
  • 2009年:一部の医薬品 (第2・3類) について、薬剤師不在でも販売できるようになった。
  • 2014年:「薬事法等の一部を改正する法律」 (2013年11月27日法律第84号) により薬事法の名称が、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
    (略称:医薬品医療機器等法、薬機法) 」に変更された。

 上記2の大改正から14年経過した現在、「薬機法 (薬事法) とGMP・GQPに関連する重要ポイント」として纏めてみました。再理解を深め、業務に活かされる解説を行います。
 薬機法、GMP、GQPの関連図とかで、知識等に理解が深まることにより、業務に活かされるものと考えます。

  1. 法令、通知、自主基準
  2. GMP省令
  3. 薬機法上の医薬品の分類とGMPの関係
  4. GQPとGMPの連携図
  5. 薬機法/GMP/バリデーションの関係図
  6. 工程の変動要因と製品品質との関係
  7. Qシリーズ
  8. 薬機法とGMP (製造販売業用語)
  9. GMP3原則
  10. GMP導入のメリット
  11. 医薬品の品質管理
  12. 良い医薬品・品質保証
  13. GQP品質
  14. 市販後安全対策の強化
  15. 製造販売業と製造業の責任体系
  16. 製造販売業の管理システム
  17. GMP組織・製造管理者・職員
  18. GMP省令のポイント
  19. GMP省令と品質部門への特異点
  20. GMPの組織 (責任者の例)
  21. GMP (製造業) の組織
  22. 品質部門の主な業務
  23. PIC/S GMP
  24. PDCA、10S、苦情対応の基本、会議の鉄則、PL法、コンプラインス、ハイリッヒの法則、グッドマンの法則、ミスコンダクト
  25. 提言

第2部 記録書及びGMP手順書作成等のポイント解説

 GMP文書である標準書、基準書類は、製造管理、品質管理業務を適正に且つ円滑に施行するための必須の規定文書であります。作業者は、最新版の手順書・SOPに則り、定められた製造・品質業務を適切に実施し、間違のない作業を完遂して、規格に適合した品質を常に提供する責務があります。しかし、ヒューマンエラーや逸脱発生の起因に、手順書・SOPを軽視した作業の実施、手順書・SOPの記載不備、情報開達の不足等によるものが多く報告されています。手順書・SOPは、わかりやすく、必要なことを「一連の行動や動作」として記述したもので、作業者にとって理解しやすいものが求められます。
 本講座では、GMP文書として手順書・SOPに焦点を当て、手順書・SOPの作成法、管理方法及びSOPの教育等について分かりやすく紹介いたします。
 HEのGMP省令との係り、HEの基礎、HEの発生機序と予防、製薬企業のHE防止の事例、日常防止活動等々に焦点を当て、品質保証/管理の方、製造現場の方にもわかりやすく解説します。

  1. 記録書の作成のポイント
    • GMP実践における「記録」の作成とHE
      1. GMPにおける記録書の特性
      2. GMPで求められる記録類
      3. 製造記録書
      4. 製造管理基準書の作成
      5. 製造所 (GMP) における文書類
      6. 「記録」の不備によるHEの発生事例
      7. 製造指図書の不備事例
  2. 記録管理の留意点
    1. 記録管理の留意点 (磁気媒体記録管理も含む)
    2. 生データに対する対応
    3. 機器プリントアウト資料の取扱留意事項
    4. 記録の記入留意事項
  3. HEの発生を防止するためのSOPの作成ポイント
    • 作業手順書・SOP作成の基本事項
      1. 作業手順書・SOPを作成する必要性
      2. 作業手順書・SOPのルール作りの心得
      3. 作業ミス軽減のためのSOP
      4. SOP作成のための15の心得
      5. SOP作成手順
  4. SOPのためのSOPの作成
  5. 文書作成の基本方策
  6. 作業手順書・SOPが遵守されない原因を考える
    ~下記の文書の様式を元に解説~
    • 製品標準書 (製剤)
    • 製品標準書 (包装)
    • 製品標準書 (試験)
    • 製造管理基準書
    • 手順書 (原料秤量)
    • 手順書 (機器設備 (電子天秤)
    • 手順書 (指図記録書 (秤量)
    • 手順書 (混合作業)
    • 手順書 (構造設備の保守)
    • 逸脱報告 – 1
    • 逸脱報告 – 2
    • 事故報告書
    • 事故異常処理表
    • 改善提案表

第3部 ヒューマンエラー防止活動の基本

 高度化した環境下で正確性が要求される「人」が「人の持つ特性」に応じきれないと「人」はヒューマンエラー (HE) を犯します。発生したHEは、決して個人の基本的な確認・操作を省略し、積み重ねてきた自己確信 (思い込み) のみで生じるものではく、その背後要因として会社の体質、人間関係、コミニュケーションの方法等種々の要因が絡んでいます。
 発生した場合、先ず、HEの発生の機序と真因を究明し、再度類似HEが発生しないように社内でHE防止対策委員を設立し、日常防止活動の具体的導入です。更に、積極的にHEの発生の未然防止の施策に取り掛かる必要があります。
 本講座では、HEのGMP省令との係り、HEの基礎、HEの発生機序と予防、製薬企業のHE防止の事例、日常防止活動等々に焦点を当て、品質保証/管理の方、製造現場の方にもわかりやすく解説します。
 ここで学んだことを、より良い職場環境、より良い仕事のために生かされることを願っています。

  1. ヒューマンエラー (HE) とGMP
  2. HEの基本を識る
  3. 不良医薬品発生事例とHE
  4. HEの発生機序と一般的予防対応
  5. HEの防止対策の進め方
    1. 日常防止活動の進め方
    2. ヒヤリ・ハットを活用した小集団活動の実施
  6. それでもHEは減らない!なぜだろう
  7. まとめ

会場

ドーンセンター

4F 大会議室3

大阪府 大阪市 中央区大手前1丁目3-49
ドーンセンターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/10/25 試験検査室での生データの取り扱いとデータインテグリティ対応 東京都
2018/10/25 抗体医薬品製造におけるダウンストリーム工程の開発とスケールアップ技術 東京都
2018/10/26 新興国医薬品市場における医療保険・薬価制度の概要と薬価取得戦略 東京都
2018/10/26 医薬品マーケティングの基礎講座 東京都
2018/10/26 ICH-GCP (R2) に明記された治験におけるオーバーサイト (Oversight) 東京都
2018/10/29 開発新薬の市場性/事業性に関する経営層への“説明説得”と売上予測・PJ評価 東京都
2018/10/29 現行GMP省令とのギャップ分析をふまえた改正GMP省令の主要な改正ポイント 東京都
2018/10/29 申請を踏まえたCMCレギュレーション入門講座 東京都
2018/10/29 費用対効果分析実習 基礎から応用事例 東京都
2018/10/30 医薬品製造におけるヒューマンエラー・逸脱事例と未然防止策 東京都
2018/10/30 医薬品研究者のための実験計画と適切な結果を得るための必要サンプルサイズの考え方 東京都
2018/10/30 日米欧3極の薬事規制・承認審査の比較と当局の考え方の違い 東京都
2018/10/31 GVP基礎講座 東京都
2018/10/31 無通告査察対応におけるデータインテグリティの強化 東京都
2018/10/31 バイオ医薬品の品質管理:分子不均一性と不純物分析 東京都
2018/10/31 治験におけるGlobal目線での安全性情報の収集・取扱いの相違とその明確化 東京都
2018/11/5 医薬品包装におけるバリデーションと包装工程の最適化 (効率化・標準化) 大阪府
2018/11/5 GMP査察の実際と事前準備、GMP用語 (日英) ・通訳の際の留意点 大阪府
2018/11/6 分析法バリデーション入門講座 大阪府
2018/11/6 再生医療に向けた足場材料の開発と展望 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/11/28 正しいALCOA原則・実践から治験Quality Managementと適合性調査
2013/9/27 医薬品包装・容器の材料要求特性と3極局方の品質基準・試験法
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル
2013/5/30 新薬開発にむけた臨床試験(第I~III相臨床試験)での適切な投与量設定と有効性/安全性評価