技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ALD (原子層堆積法) の基礎と高品質膜化および最新動向

ALD (原子層堆積法) の基礎と高品質膜化および最新動向

~反応機構、モニタリング、材料選択、プロセス設計、低温化、応用事例~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2017年10月18日(水) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 原子層堆積法 (ALD) に関連する技術者、開発者
    • LSI
    • MEMS
    • 太陽電池
    • 機械部品
    • PETボトルへのコーティング 等
  • 原子層堆積法 (ALD) で課題を抱えている方

修得知識

  • 吸着反応機構
  • 表面酸化
  • モニタリング技術
  • プロセス調整

プログラム

 原子層堆積法は、ナノの酸化物薄膜を複雑形状にもコンフォーマルで形成できることから、LSI製造に利用されています。近年では、LSIのみならず、MEMS、太陽電池、機械部品、PETボトルへのコーティングにも活用が検討されています。原子層堆積での高品質膜の達成のため、表面反応を中心とした反応機構の理解と、モニタリング、そして適切な材料選択、プロセス調整の知識が欠かせません。
 山形大学ではこれまで原子層堆積法のその場観察と低温化研究を進めてまいりましたが、我々の研究成果を題材に、原子層堆積法の特に表面反応を中心とした機構理解の達成を目標とします。さらに最新研究成果として3D – CoolALD (室温三次元成膜ALD) による各種酸化物膜の室温形成技術について解説いたします。

  1. 原子層堆積法の基礎
    1. 原子層堆積法とは
    2. 原子層堆積の開発の歴史
    3. 熱ALDとプラズマALD
    4. 事例紹介
  2. 原子層堆積における表面反応機構
    1. 原料分子の吸着反応 ~ラングミュア – 型解離吸着~
    2. 飽和吸着のモニタリング手法
    3. プリカーサーの選択
    4. 吸着表面の酸化反応
    5. 酸化種の選択
    6. 酸化物表面と水の反応
    7. 酸化物表面と水素脱離
    8. フォーミングアニールと界面層の問題
    9. 不純物モニタリング法
  3. 山形大学開発3D – CoolALD (室温三次元成膜ALD) の解説
    1. SiO2の室温形成事例とペットボトル・アクリル樹脂コーティング
    2. 生体親和膜TiO2の室温形成事例とペットボトルコーティング
    3. Al2O3の室温形成事例と防蝕 (防食) コーティング応用
    4. HfO2の室温形成事例
    • 質疑応答・名刺交換

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 第2研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/5/29 高機能化、高性能化のための表面処理法の基礎と表面分析法 オンライン
2020/5/29 AI、IoT、5Gに向けた半導体パッケージ技術の進化と要素技術 オンライン
2020/6/2 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材 オンライン
2020/6/5 シランカップリング剤の反応メカニズムと被覆状態の評価 東京都
2020/6/8 5G・次世代自動車に対応するSiC/GaNパワーデバイスの技術動向と課題 オンライン
2020/6/8 メタマテリアル・メタサーフェスの基礎と応用 オンライン
2020/6/10 塗布・コーティング膜の表面欠陥対策とその評価 東京都
2020/6/10 自動車外装部材への加飾技術 東京都
2020/6/10 スパッタリング法による薄膜形成と内部応力抑制の勘どころ 東京都
2020/6/12 塗布膜乾燥の基本とプロセス・現象・本質の理解&最適化と欠陥・トラブル対策 オンライン
2020/6/15 ポリマーブラシの基礎と応用に向けた技術的課題と展望 東京都
2020/6/17 フッ素化学入門 東京都
2020/6/19 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 神奈川県
2020/6/22 コロナ後に激変するディスプレー・サプライチェーン オンライン
2020/6/24 超親水・超撥水の制御と応用展開 東京都
2020/6/24 機能性コーティング塗膜の基礎と応用 東京都
2020/6/24 半導体デバイスにおける洗浄技術の基礎と歩留改善のための効果的な汚染制御技術 東京都
2020/6/24 酸化物半導体薄膜技術の全て オンライン
2020/6/25 超撥水・撥油/超親水/高滑液性表面創製技術 東京都
2020/6/30 CMP技術およびその最適なプロセスを実現するための総合知識 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2018/3/20 レジスト材料・プロセスの使い方ノウハウとトラブル解決
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書
2014/8/25 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2013/6/21 機能性ハードコート材料技術
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)