技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療ビッグデータを活用した医薬品マーケティング

医療ビッグデータを活用した医薬品マーケティング

~エリア分析の読み取り方 / 多領域医薬品の最適資源配分計画などを事例をもとに解説~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、医薬品マーケティングについて基礎から解説し、公開医療ビッグデータの具体的な活用法、公開医療ビッグデータのメリットと限界、市販の市場データとの使い分けについて解説いたします。

開催日

  • 2017年9月15日(金) 13時00分 16時30分

プログラム

 最近、医療の分野でビッグデータの話題が盛んです。製薬企業が活用可能な公開医療ビッグデータとして、従来のDPCデータに加えて、2016年にはレセプトデータの集計データであるNDBオープンデータが公開されました。特に後者のデータは約6000種類の医薬品の都道府県別処方件数が含まれているという画期的なものです。公開データのメリットは何と言っても無償で、また利用方法に制限がないことです。
 本セミナーでは、これらの公開医療ビッグデータを医薬品マーケティングに活用する方法を具体的にご説明します。NDBオープンデータについては、そのデータ加工の留意点を述べてから、医薬品市場構造分析およびエリアマーケティングへの活用事例を詳しくご説明します。DPCデータについては、同じくデータ加工の留意点を述べてから、地域医療ネットワーク、特にその中でも地域医療の中核となるハブ病院を発見し、ターゲティングの精度向上に役立てる活用事例をご説明します。最後にまとめとして、公開医療ビッグデータのメリットと限界、市販の市場データとの使い分けについてご説明します。

  1. 医療ビッグデータと医薬品マーケティング
    • 医療ビッグデータの特徴と種類
    • 医薬品マーケティングで利用可能な公開医療ビッグデータ
    • 医薬品マーケティングのエッセンス
  2. NDBオープンデータの概要とその活用の基本的考え方
    • NDBオープンデータの概要
    • データの入手法から分析用データの作成まで
    • 薬効領域 (大・中・小分類) 別基本特性
  3. NDBオープンデータ活用事例【1】:医薬品市場構造の分析
    • 医薬品市場構造の分析手順
    • 薬効市場のライフサイクルと市場盛衰のメカニズム
    • 薬効市場における競合パターン (激戦・一強・成熟) とその特徴
    • 医薬品マーケティングへの示唆
  4. NDBオープンデータ活用事例【2】:特定薬効領域のエリアマーケティング
    • エリアマーケティングの分析手順
    • 対象薬効領域:抗ウイルス剤 (およびその細分類領域)
    • 都道府県別エリアバリューマトリックス (AVM) の作成とその解釈
    • 医薬品マーケティングへの示唆
  5. DPCデータの概要とその活用の基本的な考え方
    • DPCデータの概要
    • データの入手法から分析用データの作成まで
    • DPCデータとNDBオープンデータの関連付け
  6. DPCデータ活用事例:地域医療のハブ病院の発見
    • DPCデータを活用したターゲティングの手順
    • 対象薬効領域と疾患領域:血液凝固阻止剤と循環器系疾患
    • 特定都道府県を対象とした地域医療のハブ病院の発見手順
    • 医薬品マーケティングへの示唆
  7. まとめ:医療ビッグデータ活用のメリットと留意事項
    • 医療ビッグデータ活用のメリットと適した分野
    • 医療ビッグデータ活用の留意事項と限界

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 第2研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/10/23 効率的な特許調査の仕方 オンライン
2020/10/23 GMDP (GMP&GDP) に対応した品質確保と具体的な文書・記録の管理方法 オンライン
2020/10/23 体外診断薬の海外市場を踏まえたマーケティング戦略 オンライン
2020/10/23 体外診断用医薬品の臨床性能試験実施のポイント オンライン
2020/10/23 敗血症の病態/治療の現状/求める新薬像 オンライン
2020/10/23 医薬品開発におけるTPP運用と実際 オンライン
2020/10/27 GMP/バリデーション入門 オンライン
2020/10/27 治験薬GMP入門 : 日米欧三極対応のポイントとGDP対策 オンライン
2020/10/27 バイオ医薬品で起こる蛋白質凝集メカニズム、凝集体形成防止・製剤安定化に関する取組み方、品質管理、ストラテジー 東京都 会場・オンライン
2020/10/27 費用対効果評価 (日本版HTA) の基礎と実践 (2日間) オンライン
2020/10/27 費用対効果評価 (日本版HTA) の基礎 オンライン
2020/10/28 例文で解説するGMP文書や海外当局査察で頻出する英語表現 (事例) 東京都 会場・オンライン
2020/10/28 製薬用水の設備設計・微生物対策と適格性評価のポイント オンライン
2020/10/28 費用対効果評価 (日本版HTA) の実践 オンライン
2020/10/29 TPP (Target Product Profile) による事業性評価と意思決定への活用法 東京都 オンライン
2020/10/29 最新情報 (査察/レギュレーション) に基づく洗浄バリデーションにおける規制当局の要求事項と実施・現場への落とし込み 東京都 会場・オンライン
2020/10/29 成功する市場・製品・技術ロードマップ作成のプロセス、活動とそのポイント オンライン
2020/10/29 非臨床試験の信頼性確保の為の生データ・実験ノートの取扱いとQC / QA実施 オンライン
2020/10/29 症例処理業務を中心としたEUのPV規制・対応と日米との違い 東京都 会場・オンライン
2020/10/29 信頼性基準への適用を念頭においた探索試験と海外試験の効率的な利用と課題 オンライン

関連する出版物

発行年月
2012/12/14 IND / NDA / MAA申請で必要となる欧米・アジアの各国当局要求と記載事例
2012/9/27 各国GMP要求の徹底比較・適合方法と査察対応
2012/8/24 3極規制要件をふまえたコンピュータ化システムのカテゴリ別CSV実践方法
2012/7/24 プレフィルドシリンジ製剤の部材要求特性と品質不良改善
2012/6/20 3極GMPに対応した設備適格性評価と保守・点検管理
2012/3/29 治験中 / 市販後における3極安全性情報の収集・報告・評価実務と相違
2012/3/13 超入門 GMP基礎セミナー
2012/3/5 育毛剤・発毛剤 技術開発実態分析調査報告書
2012/2/20 3極要求相違を踏まえたCMC申請資料作成と当局対応ノウハウ
2012/2/16 システムの適格性確認および回顧的バリデーションの具体的実施方法
2012/2/14 LIMS導入に関する導入の留意点セミナー
2012/2/9 厚生労働省「コンピュータ化システム適正管理GL」対応のための「回顧的バリデーション」および「リスクアセスメント」実施方法
2012/1/20 24年度診療報酬改定におけるDPC評価の全貌
2011/12/22 光学活性医薬品開発とキラルプロセス化学技術
2011/12/14 QCラボにおける厚生労働省「コンピュータ化システム適正管理GL」対応セミナー
2011/12/10 製薬大手5社 技術開発実態分析調査報告書
2011/11/29 注射剤・錠剤における外観目視検査と回収要否判断
2011/11/7 eCTD申請 「-ここまで身近になったeCTD申請-」
2011/9/1 厚労省ER/ES指針対応実施の手引き
2011/8/29 グローバルスタンダード対応のためのCSV実施方法