技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発部門における技術経営人材育成講座

研究開発部門における技術経営人材育成講座

東京都 開催

概要

本セミナーでは、研究開発部門の人材育成について、大手企業のコンサルティングプロジェクトや研修の実践事例を交えて解説いたします。

開催日

  • 2017年4月18日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 中長期的な研究開発戦略・新規事業戦略を推進することが求められる方
  • メーカーの経営者、研究開発部門・新規事業開発部門・経営企画部門の部門長、グループ長など

プログラム

 今、組織を率いる大手企業のリーダーは、場合によっては「自分自身が採用したかったわけでもない」目の前の人材を活用して、また、中長期的には組織を運営できるように「育成」して、組織能力の最大化を持続的に図らなければならないという難しい課題を抱えています。
 新規事業や研究開発領域のコンサルタントとして、プロジェクトのアウトプットは目に見えるものの質もさることながら、「私たちが去った後にメンバーが自走できる状況が作れていること」が重要だと昔から思っています。新規事業や研究開発といった主体性が重要な領域を対象にしているためかもしれませんし、「コンサルタントがアウトプットを生み出すプロセスを共有していれば、自社のメンバーが再現できるかもしれない」と考える部門長が講師のクライアントにたまたま多かったためかもしれません。
 「育成」の一つのゴールが「自走」だと考えます。「自走」は自らが「気づき」を得ることで可能になると思っており、講師はクライアントメンバーとともに情報に触れ、分析し、考え。アウトプットを出すプロセスのコンサルティングを実施してきました。また、社会人MBA講座においては知識やフレームワークを与えるだけではなく、どのように「気づき」を得てもらうかに腐心してきました。
 本講座では、「部下の若手技術者を中長期的には研究開発組織を運営できるように育成する」ことに焦点を当て、「技術経営」を対象にして、社会人MBAの授業内容から主要な事項のポイントを整理しつつ、各講義の狙いと進め方の紹介したのち、大手企業のコンサルティングプロジェクトや研修の実践事例から講師自身の棚卸を兼ねて技術者の育成の考え方や進め方を述べたいと思います。
 受講者のみなさん自身にも「気づき」が一つであれば幸いです。

  1. 技術経営の全体像:技術経営の主要な事項と役職別役割
    1. ポートフォリオマネジメント
    2. テーマの創造
    3. テーマの再構築
    4. テーマの評価
  2. 社会人MBA講座の狙いと進め方:その1.技術経営戦略より
    1. 技術とは何か?技術経営とは何か?
    2. 自社に最適な研究・技術開発テーマの評価手法は何か?
    3. 技術の価値は何か?
    4. この技術で何を実現したいのか?
    5. 今、知的財産マネジメントで認識しておくべきことは何か?
    6. 創造的技術者の要件は何か?
  3. 社会人MBA講座の狙いと進め方:その2.イノベーションマネジメントより
    1. イノベーションとは何か?イノベーションマネジメントとは何か?
    2. 任天堂やソニーはなぜ苦戦したのか?
    3. P&Gはなぜオープンイノベーションに成功したのか?
    4. IBMが新規事業の推進で心がけていることは何か?
    5. スリーエムやグーグルはなぜ社内発のイノベーションを続けられるのか?
    6. リバースイノベーションとは結局何なのか?
  4. 大手企業のコンサルティングプロジェクト・研修事例より
    1. 新製品の技術マーケティング戦略策定:電機
    2. 研究開発テーマの再構築:素材
    3. 技術の棚卸しと新規事業テーマ創造:素材
    4. 産業の未来像の作成と技術開発テーマの創造:機械
    5. コーポレート研究開発の診断と技術コンセプト策定:素材
    6. 技術開発マネジメントの事例調査:エネルギー

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 第2研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/7/24 人間重視のヒューマンエラー防止法 東京都
2018/7/24 GMP違反を起こさせない教育訓練方法と教育資料 作業者にどのような教育を行い、どのように育成するか? 東京都
2018/7/25 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 + 実践編) 東京都
2018/7/25 リーダーシップ 東京都
2018/7/25 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編) 東京都
2018/7/26 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (実践編) 東京都
2018/7/27 新規事業テーマの発掘とその進め方 東京都
2018/7/30 イノベーションを生む研究環境の作り方と働き方の変革 東京都
2018/7/31 技術トレンド・未来予測と新事業戦略 東京都
2018/8/8 革新的テーマ・アイデアを継続的に創出する体系的・組織的な仕組みづくり 東京都
2018/8/10 マクロ環境分析の実行とそのプロセス 東京都
2018/8/24 「技術」を「事業」につなげる商品開発の進め方 (基礎編) 東京都
2018/8/28 研究開発テーマの探し方、選び方 東京都
2018/8/31 企業成長実現にむけた「技術戦略・技術ロードマップ」立案セミナー 東京都
2018/8/31 中堅製薬会社の生存戦略と妥当・有効な研究テーマの方向性 / FIC (ファースト・イン・クラス) とBIC (ベスト・イン・クラス) の考え方・リスク 東京都
2018/9/4 暗黙知の形式知化と認知科学による進化型技術継承 東京都
2018/9/12 マネージャーに必要不可欠な部下・チームメンバーのモチベーション向上法と心構え 愛知県
2018/9/12 R&Dの源流にスポットをあてたデザインレビュー (DR) の本質と実践 愛知県
2018/9/14 暗黙知の可視化 東京都
2018/9/18 研究開発テーマの (定量的) 評価の基礎知識と全体評価体系への組み込み 東京都

関連する出版物

発行年月
2014/11/21 マサチューセッツ工科大学〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/21 マサチューセッツ工科大学〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/20 防虫剤・殺虫剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/20 防虫剤・殺虫剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/5 給湯器 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/5 給湯器 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/1 ブレーカー(遮断器) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/1 ブレーカー(遮断器) 技術開発実態分析調査報告書
2013/11/20 シンチレーション検出器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/20 シンチレーション検出器 技術開発実態分析調査報告書
2013/11/5 電子レンジ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/5 電子レンジ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/5 両面接着テープ(シート) 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/5 両面接着テープ(シート) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/25 水処理膜 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/25 水処理膜 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/16 ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析 (CD-ROM版)
2013/7/16 ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析
2013/7/12 「事務総合職」育成プログラム
2013/6/20 衛生用紙 技術開発実態分析調査報告書