技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

がん予防・アレルギー抑制効果のある機能性表示食品開発のポイント

がん予防・アレルギー抑制効果のある機能性表示食品開発のポイント

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2016年8月29日(月) 10時30分 16時00分

プログラム

第1部. 医療現場での販売を見据えた機能性食品開発のポイント

(2016年8月29日 10:30〜12:00)

 2015年4月より機能性表示食品制度がスタートし、食品の機能性に対して消費者のみならず医療者の関心も高まっている。医療者の要望や期待に応えることができる機能性食品とは何かについて医学的見地から概説する。

  1. 食品の機能性とは?
    1. 食品の機能性の考え方
    2. 機能性表示の法規制
    3. 機能性食品を取り巻く現状と課題
  2. 機能性食品における「有効性」の考え方
    1. ランダム化比較試験とシステマティックレビュー
    2. 「科学的根拠に基づいた医療 (EBM) 」とは?
  3. 医療現場で機能性食品を販売するために
    1. 法的根拠の整理
    2. 医療者が機能性食品に求めていること
    • 質疑応答

第2部. 緑茶カテキンの活性発現メカニズムに基づいたがん治療・予防食品の開発

(2016年8月29日 12:40〜14:00頃)

 がん予防あるいはがん手術後の再発予防に役立つ食品は大きなインパクトがあるだけにその科学的根拠とその実効力に対する要求度も高い。本講演では緑茶カテキンの抗がん作用メカニズムに基づいたがん治療・再発予防に資する食品開発について紹介する。

  1. 緑茶の抗がん作用とその関与成分
  2. 緑茶カテキンによるがん細胞増殖抑制メカニズム
  3. 緑茶カテキンによるがん細胞致死メカニズム
  4. 緑茶カテキンの作用メカニズムに基づいた抗がん活性増強食品のデザイン

第3部. 免疫機能調節作用を訴求した機能性表示食品の開発

(2016年8月29日 14:00頃〜16:00)

 健全な食生活による健康寿命の延伸や生活習慣病リスクの高い人を対象とした高機能性食品に対する国民の期待が高まっており、食品成分の機能性解明や機能性食品開発に大きな期待が寄せられている。本講演ではアレルギー抑制作用を示す食品素材・成分の探索ならびにそうした素材・成分を活用した機能性表示食品の開発事例について紹介する。

  1. 抗アレルギー食品素材の探索
  2. 抗アレルギー食品成分とその作用機構
  3. 抗アレルギー食品素材べにふうきとその関与成分
  4. 機能性表示食品べにふうき緑茶のエビデンス
    • 質疑応答

講師

  • 第1部: 大阪大学大学院医学系研究科 統合医療学寄附講座 准教授 大野 智 氏
  • 第2,3部: 九州大学大学院農学研究院生命機能科学部門 主幹教授 立花 宏文 氏
  • 大野 智
    大阪大学 大学院 医学系研究科 統合医療学寄附講座
    准教授
  • 立花 宏文
    九州大学 大学院 農学研究院 生命機能科学部門
    主幹教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/28 国内外における食品用容器包装および器具・接触材料の法規制の動向と必要な対応 オンライン
2022/2/16 アレニウス式加速試験でのプロット作成と測定数値の取り扱い・選定法 オンライン
2022/2/17 官能評価の基礎と手順・手法の勘所 オンライン
2022/2/25 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ企画の心得と戦略 オンライン
2022/2/25 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ企画のための応用別ニーズ・課題動向 オンライン
2022/2/25 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ 全2コースセット オンライン
2022/3/1 日米欧における食品包装規制の最新動向 オンライン
2022/3/10 食品接触材料の規制動向と求められる安全性試験・分析 オンライン
2022/3/14 次世代医療・ヘルスケア分野参入に向けたライフサイエンス領域のデジタル化の現状・最新トレンドとニーズ探索 (全2日間) オンライン
2022/3/14 次世代医療・ヘルスケア分野参入に向けたライフサイエンス領域のデジタル化の現状・最新トレンドとニーズ探索 (1日目) オンライン
2022/3/23 天然物から香り、味、その他機能材料を採取する方法について オンライン
2022/3/29 人種間の違いを含む毛髪の基礎知識およびダメージ実感因子とその評価法 オンライン
2022/4/18 次世代医療・ヘルスケア分野参入に向けたライフサイエンス領域のデジタル化の現状・最新トレンドとニーズ探索 (2日目) オンライン
2022/4/21 医薬品・医療機器における中国薬事規制/申請・登録時の留意点 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/12/24 動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
2021/10/29 マイクロバイオームの最新市場動向とマーケティング戦略
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版 + CD版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (PDF版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版)
2021/4/26 包装・工業用PETフィルム&飲料・食品用PETボトルの市場分析
2021/3/15 体温計
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/9/10 生理用ナプキン 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/10 生理用ナプキン 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/25 入浴剤 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/25 入浴剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書