技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

次世代自動車とプラスチックの電磁波シールドめっき

次世代自動車とプラスチックの電磁波シールドめっき

愛知県 開催 会場 開催

午前中にトヨタ自動車 (株) の組立工場と溶接工場を見学できます。 (希望者のみ、先着20名)
※工場見学はセミナー参加者の特典ですので、セミナー内容と工場見学の内容に関連性はございません。

開催日

  • 2015年9月2日(水) 7時50分 16時30分

受講対象者

  • 自動車メーカー、自動車部品メーカー、プラスチック素材メーカー等の方

プログラム

 プラスチックの電磁波シールドめっき技術は1985年コンピューターをはじめとする電子機器で始まった。近年、自動車の電子制御化がすすみ、一方で自動車の軽量化の要求は燃費向上の要求とともに強まっている。
 プラスチックの電磁波シールドめっきは自動車部品の一部に使われている。しかし、装飾めっきのような規格はなく、車の車内からエンジンルームまで使われる環境はさまざまで電磁波シールドを必要としている波長は低周波から高周波まで幅が広い。プラスチックの電磁波シールドめっき技術の現状と今後の在り方について述べてみたい。

  1. 電磁波発生源と電磁波シールドの必要性 ~EMI、EMC、ESD~
  2. 無電解めっきによるプラスチックの電磁波シールめっきの歴史
    1. OA機器の電磁波規制と電磁波シールドめっき (1985年―1995年)
    2. 自動車の電子制御と電磁波シールドめっき (1990年―現在
    3. 自動車軽量化とプラスチックの電磁波シールドめっき
    4. 現在採用、採用検討されている自動車部品
  3. 無電解めっきによるプラスチックのシールドめっきのシールド効果
    1. 遠方界と近傍界の概念と電磁波シールド
    2. 電磁波シールド効果の理論 シールド効果dBとノイズ減衰率
    3. 低周波から高周波までノイズ規制の幅が広い自動車
    4. ノイズを発生する機器からのシールドとノイズから電子機器を保護するめっき
  4. プラスチックの無電解めっきのシールド効果の測定
    1. 遠方界3mmのアルミ板に匹敵する高いシールド効果
    2. 近傍界のシールド効果の測定
    3. 自動車に必要な低周波100kHzまでシールド効果の測定
    4. シールドルームを使ったシールド効果の測定
    5. 実際の製品でのシールドルームを使ったシールド効果の測定
    6. ASTMのプラスチックシールドめっきの規格
    7. 自動車のノイズ規制
  5. 無電解シールドめっきができるプラスチック
    1. ポリプロピレン (初めに作られたシールドめっきグレード)
    2. PETガラス強化 (現在評価中)
    3. PPS (150℃―-40℃2000サイクルで抵抗の変化なし)
    4. ABS,ABS/PC (装飾めっきで実績のある材料)
    5. ポリエステル繊維、アラミド繊維 (ガスケットとして多用)
    6. ポリエーテルイミド、液晶ポリマー (実績あるスーパーエンプラ)
  6. 無電解めっきの品質の確認
    1. 抵抗の測定とめっき膜厚の測定
    2. 薄膜めっきのテープによる密着確認 (装飾めっきとの違い)
    3. 長期熱サイクル試験による耐久性の確認 (めっき展性、が悪いとめっきにクラック)
    4. 耐食性試験 (通常は長期湿度試験、エンジンルームは腐食ガス試験)
  7. 無電解めっきの製造工程
    1. 装飾めっきの3-5倍の高い生産性と限られためっき業者
    2. PP,ABS、ポリカ、芳香族ナイロンを共通ラインで量産する製造工程
  8. プラスチックのシールドめっきの設計
    1. 金型、成型の重要性
    2. 薄い均一なめっきを利用した嵌合、スナップジョイント接合
    3. シールドめっきのマスキング
    4. シールドめっき上の装飾塗装、絶縁塗装
    5. 片面シールドめっき (消防車に採用)
  9. 無電解シールドめっき上のめっき
    1. 装飾兼用で使われるシールドめっき
    2. 耐摩耗、耐食性でつけられる酸性無電解ニッケル
    3. エンジンルーム内の耐腐食性ガスの目的でつけられる、電気錫めっき
    4. 低周波の磁界波に有効な鉄めっき、ニッケル鉄合金めっき
  10. 金属のシールドめっき
    1. マグネシウム合金のシールドめっき
    2. アルミニウムのシールドめっき
    3. 銅鉄合金のシールドめっき (低周1波磁界波のシールド効果)
  11. 自動車のシールドめっきの今後
    • 質疑応答・名刺交換

スケジュール

  • 7:50までにJR名古屋駅 太閤口 噴水付近に集合 (場所の詳細は申込後にご連絡いたします。)
  • 8:00〜09:10 バスで移動
  • 9:10〜10:25 工場見学 (見学内容などの詳細は弊社にお問い合わせください。03-5857-4816)
  • 10:25〜11:30 バスで移動
  • 11:30〜12:30 セミナー会場に到着後、各自で昼食
  • 12:30〜16:30 セミナー
    ※道路の混雑状況で多少時間が変更になる場合がございます。

会場

愛知県産業労働センター ウインクあいち

12F 1209

愛知県 名古屋市中村区 名駅4丁目4-38
愛知県産業労働センター ウインクあいちの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき40,000円 (税別) / 43,200円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

参加特典

午前中にトヨタ自動車の組立工場と溶接工場を見学できます。

  • 出発時間: 午前8時 ※10分前までに集合してください。
  • 集合場所: JR名古屋駅 太閤口 噴水付近 (申込後に詳細をご連絡いたします。)
  • 工場見学の予定時間: 9時15分~10時25分
    ※貸切バスでの移動になります。道路の混雑状況などにより多少時間が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/26 自動車に関わる規制動向と電動化の展望、および車両の軽量化への技術動向 東京都 会場・オンライン
2022/5/26 廃プラスチックの最新リサイクル技術の動向 オンライン
2022/5/26 高性能コンピューティング (HPC) 向け 半導体パッケージング技術動向と今後の展望 オンライン
2022/5/26 プラズマCVD (化学気相堆積) 装置による高品質薄膜の成膜技術、及び量産化対応 オンライン
2022/5/27 スロットダイ製膜設備と塗布面の品質安定化 オンライン
2022/5/27 EV化による新たな騒音と対策技術 オンライン
2022/5/30 熱分解分析法 オンライン
2022/5/30 難接着材料の表面処理による接着性改善 オンライン
2022/5/30 自動車の電動化に向けた、シリコン、SiC・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 オンライン
2022/5/31 塗膜の強度評価と割れ・はがれに対する欠陥対策 オンライン
2022/5/31 超精密研磨/CMPプロセス技術全容の理解から将来型技術へ オンライン
2022/5/31 1日速習:プラスチックの基礎 オンライン
2022/5/31 自動車のマルチマテリアルに対応する構造用接着剤の設計・開発と活用・選択・評価技術 オンライン
2022/5/31 ポリマーブラシの基礎と応用に関する技術 オンライン
2022/6/1 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速条件の設定手法 オンライン
2022/6/6 電波吸収体の5Gに向けた設計技術と部材開発 オンライン
2022/6/8 パワエレから高周波までの広範囲における電子機器のEMC対応設計 オンライン
2022/6/8 SP値、表面張力の求め方、使い方とコーティング材料への応用例 オンライン
2022/6/8 プラスチックの力学特性と評価方法および複合化による改善手法 オンライン
2022/6/8 熱処理技術の基礎とトラブル防止・品質安定のためのポイント オンライン