技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

カーナビゲーション (2011年版) 技術開発実態分析調査報告書

特許情報分析 (パテントマップ) から見た

カーナビゲーション (2011年版) 技術開発実態分析調査報告書

~テーマ別動向予測シリーズ~
カーナビゲーション (2011年版) 技術開発実態分析調査報告書の画像

概要

本調査報告書は、カーナビゲーションシステムに関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。

ご案内

1.調査目的

「カーナビゲーション」に関する公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
(1) どの関連企業にどのような技術の公開があるか、
(2) 各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
(3) 最近注目する技術は何なのか、
(4) 各企業間の連携状況はどのようになっているか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集と処理

本調査報告書は、「カーナビゲーション」に関する過去10年間 (国内公開日:2001年1月1日~2010年12月31日) に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」 ( (株) 日立情報システムズ 製) を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト 「パテントマップEXZ」 (インパテック (株) 製) を使用した。特許情報公報の総数は17,797件である。

3.報告書の構成

本報告書は、次の三つの部分から構成されている。

  • 1.パテントマップ編
    • A.全般分析
    • B.詳細 (出願人、特許分類、キーワード) 分析
      ※キーワード (発明の名称、要約、請求の範囲から抽出) においては、以下の3グループの観点から分析を行った。
      • (1) 情報種別系キーワード (位置情報、地図情報など12個)
      • (2) 手段系キーワード (案内手段、演算手段など19個)
      • (3) 目的・効果系キーワード (容易、簡単など13個)
  • 2.パテントチャート編
  • 3.総括コメント

4. 本報告書の特徴

  • 「カーナビゲーション」に関する技術動向が分かりやすく把握できる
  • パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい
  • パテントマップViewer (添付ソフト) により、パテントマップおよびパテントチャートの当該部分に含まれる特許の詳細内容を調べることができる

パテントマップ実例、および本文中の実際のページ例


目次

はじめに

調査分析結果

1. パテントマップ編

  • A. 全般分析
    • A-1. 全体の技術開発ライフサイクル
    • A-2. 全体の公開件数*出願人数の比較
    • A-3. 公開件数の推移 (年次と累計)
    • A-4. 出願人数の推移 (年次と累計)
    • A-5. 新規発明者数の推移 (年次と累計)
    • A-6. 新規FIメイングループ分類数の推移 (年次と累計)
    • A-7. 新規FIサブグループ分類数の推移 (年次と累計)
    • A-8. 新規Fターム分類数の推移 (年次と累計)
    • A-9. 出願人別公開件数ランキング (上位100)
    • A-10. 発明者別公開件数ランキング (上位50)
    • A-11. FIメイングループ分類別公開件数ランキング (上位50)
    • A-12. FIサブグループ分類別公開件数ランキング (上位100)
    • A-13. Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング (上位50)
    • A-14. Fターム分類別公開件数ランキング (上位100)
    • A-15. 1位Fタームテーマコード (2F129) の技術分類別件数 (観点×数字)
    • A-16. 2位Fタームテーマコード (5H181) の技術分類別件数 (観点×数字)
    • A-17. 発明者別公開件数グロスランキング (上位20)
    • A-18. 出願人別参入・撤退状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • A-19. FIメイングループ分類別出現・消失状況 (公開件数上位40)
    • A-20. FIサブグループ分類別出現・消失状況 (公開件数上位40)
    • A-21. Fターム分類別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • A-22. 出願人別公開件数伸長率 (上位50、件数差10件以上)
    • A-23. FIメイングループ分類別公開件数伸長率 (上位50、件数差4件以上)
    • A-24. FIサブグループ分類別公開件数伸長率 (上位50、件数差6件以上)
    • A-25. Fターム分類別公開件数伸長率 (上位50、件数差20件以上)
    • A-26. FIメイングループ分類別発明者数伸長率 (上位50、発明者数差7名以上)
    • A-27. FIサブグループ分類別発明者数伸長率 (上位50、発明者数差15名以上)
    • A-28. Fターム分類別発明者数伸長率 (上位50、発明者数差50名以上)
  • B. 詳細 (出願人、特許分類、キーワード) 分析
    • B-1. 上位20出願人比較分析
      • B-1-1. 公開件数比較 (期間着目:2期間+全体)
      • B-1-2. 公開件数の推移 (累計)
      • B-1-3. 新規発明者数の推移 (累計)
      • B-1-4. 新規FIサブグループ分類数の推移 (累計)
      • B-1-5. 新規キーワード数の推移 (累計)
      • B-1-6. 上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
      • B-1-7. 上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
      • B-1-8. 上位20Fターム分類との公開件数相関
      • B-1-9. 情報種別系キーワードとの公開件数相関
      • B-1-10. 手段系キーワードとの公開件数相関
      • B-1-11. 目的・効果系キーワードとの公開件数相関
      • B-1-12. 情報種別系キーワードとの発明者数相関
      • B-1-13. 手段系キーワードとの発明者数相関
      • B-1-14. 目的・効果系キーワードとの発明者数相関
      • B-1-15. 公開件数占有率
      • B-1-16. 公開件数の伸びと1位Fタームテーマコード分類[2F129]に関する構成率比較
      • B-1-17. 発明者数*FIサブグループ分類数の比較
    • B-2. 上位5出願人個別分析
      • B-2-1-*. FIサブグループ分類別公開件数ランキング (上位50)
      • B-2-2-*. Fターム分類別公開件数ランキング (上位50)
      • B-2-3-*. FIサブグループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
      • B-2-4-*. Fターム分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
      • B-2-5-*. FIサブグループ分類別出現・消失状況 (最近40)
      • B-2-6-*. キーワード別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
      • B-2-7-*. 独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング (上位50)
      • B-2-8-*. 独自キーワード別公開件数ランキング (上位50)
      • B-2-9-*. 共同出願人との連携 注:*は、上位5出願人が該当。
    • B-3. デンソー、クラリオン2社分析
      • B-3-1. 2社の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移 (年次)
      • B-3-2. 2社のデンソー上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
      • B-3-3. 2社のクラリオン上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
      • B-3-4. 2社のFIサブグループ分類別出現・消失状況 (公開件数上位20)
      • B-3-5. 2社のFターム分類別出現・消失状況 (公開件数上位20)
      • B-3-6. デンソーの公開件数伸長率変遷
      • B-3-7. クラリオンの公開件数伸長率変遷
      • B-3-8. 2社とFターム分類 (上位20) との公開件数相関
      • B-3-9. Fターム分類別公開件数グロスランキング (上位20)
    • B-4. 上位20特許分類分析
      • B-4-1. FIメイングループ分類別公開件数比較 (上位20) (期間着目:2期間+全体)
      • B-4-2. FIサブグループ分類別公開件数比較 (上位20) (期間着目:2期間+全体)
      • B-4-3. FIメイングループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
      • B-4-4. FIサブグループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
      • B-4-5. FIメイングループ分類別出願人数の推移 (上位20、年次)
      • B-4-6. FIサブグループ分類別出願人数の推移 (上位20、年次)
      • B-4-7. FIメイングループ分類別発明者数の推移 (上位20、年次)
      • B-4-8. FIサブグループ分類別発明者数の推移 (上位20、年次)
      • B-4-9. FIメイングループ分類別公開件数占有率 (公開件数上位20)
      • B-4-10. FIサブグループ分類別公開件数占有率 (公開件数上位20)
      • B-4-11. Fターム分類別公開件数占有率 (公開件数上位20)
    • B-5. 特定特許分類分析 FIサブグループ分類:G01C21/00 (公開件数ランキング1位) 、G09B29/00 (同3位) Fターム分類:5H181AA01 (公開件数ランキング4位) 、2C032HC08 (同15位)
      • B-5-1. 特定FIサブグループ分類の公開件数の推移 (年次)
      • B-5-2. 特定Fターム分類の公開件数の推移 (年次)
      • B-5-3. 特定FIサブグループ分類の新規出願人数の推移 (年次)
      • B-5-4. 特定Fターム分類の新規出願人数の推移 (年次)
      • B-5-5. 特定FIサブグループ分類の新規発明者数の推移 (累計)
      • B-5-6. 特定Fターム分類の新規発明者数の推移 (累計)
      • B-5-7. 特定FIサブグループ分類G01C21/00の公開件数伸長率変遷
      • B-5-8. 特定FIサブグループ分類G09B29/00の公開件数伸長率変遷
      • B-5-9. 特定Fターム分類5H181AA01の公開件数伸長率変遷
      • B-5-10. 特定Fターム分類2C032HC08の公開件数伸長率変遷
      • B-5-11. 特定FIサブグループ分類G01C21/00の出願人別公開件数ランキング (上位50)
      • B-5-12. 特定FIサブグループ分類G09B29/00の出願人別公開件数ランキング (上位50)
      • B-5-13. 特定Fターム分類5H181AA01の出願人別公開件数ランキング (上位50)
      • B-5-14. 特定Fターム分類2C032HC08の出願人別公開件数ランキング (上位50)
    • B-6. キーワード分析
  • (1). 情報種別系キーワード (2) 手段系キーワード (3) 目的・効果系キーワード
    • B-6-1. キーワード別公開件数ランキング (上位100)
    • B-6-2. キーワード別出現・消失状況 (最近200、公開件数10件以上)
    • B-6-3. キーワード別公開件数の伸長率 (上位50、件数差20件以上)
    • B-6-4. 情報種別系キーワードの公開件数の推移 (累計)
    • B-6-5. 手段系キーワードの公開件数の推移 (累計)
    • B-6-6. 目的・効果系キーワードの公開件数の推移 (累計)
    • B-6-7. 情報種別系キーワードの出願人数の推移 (累計)
    • B-6-8. 手段系キーワードの出願人数の推移 (累計)
    • B-6-9. 目的・効果系キーワードの出願人数の推移 (累計)
    • B-6-10. 情報種別系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
    • B-6-11. 手段系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
    • B-6-12. 目的・効果系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
    • B-6-13. 情報種別系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
    • B-6-14. 手段系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
    • B-6-15. 目的・効果系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
    • B-6-16. 情報種別系キーワードと手段系キーワードの公開件数相関
    • B-6-17. 情報種別系キーワードと目的・効果系キーワードの公開件数相関
    • B-6-18. 手段系キーワードと目的・効果系キーワードの公開件数相関

2. パテントチャート編

  • (1). ゼンリンの時系列チャート分析 (2009年~2010年
  • (2). エヌ・ティ・ティ・ドコモの時系列チャート分析 (2009年~2010年)
  • (3). ゼンリンの上位3FIメイングループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析 (2009年~2010年)
  • (4). エヌ・ティ・ティ・ドコモの上位3FIメイングループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析 (2009年~2010年)
  • 3. 総括コメント

参考資料

  • 資料1 : 出願人統合リスト
  • 資料2 : パテントマップ・パテントチャートの種別と見方
  • 資料3 : パテントマップ Viewer (添付ソフト) の使い方

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 簡易製本 (Viewerソフトウェア添付) 206ページ

ISBNコード

ISBN978-4-904967-54-6

発行年月

2011年7月

販売元

tech-seminar.jp

価格

63,000円 (税別) / 69,300円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/22 自動車室内の防音設計と軽量化要求に対応する遮音・吸音材料の開発 オンライン
2021/10/26 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 オンライン
2021/10/26 空飛ぶクルマ (eVTOL) の国内外の最新動向と実用化に向けた技術的・制度的課題・今後の展望 オンライン
2021/10/26 技術・研究・開発担当者が心得ておくべき特許の重要性と理想的な発明現場・体制の構築法 オンライン
2021/10/27 化学・材料系の特許出願の考え方、明細書の読み方・書き方、トラブル対応 オンライン
2021/10/27 「デジタルヘルス」に求められる知財・特許戦略のポイントと注意すべき課題 オンライン
2021/10/28 機械学習による先行技術・技術動向調査と特許実務へのAI利用の現状及び課題・展望 オンライン
2021/10/28 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載の信頼性認定ガイドライン オンライン
2021/10/28 自動車 (部品) 業界の品質管理手法とその考え方 オンライン
2021/10/28 自動車内装の感性価値・品質価値向上セミナー オンライン
2021/10/29 AI医療開発に関する法規制・知財・契約面での実践的ノウハウ オンライン
2021/11/1 ディープラーニングを用いたミリ波レーダによる自動車の走行環境認識技術 オンライン
2021/11/2 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン
2021/11/4 FCV,EV,HEV 発電・蓄電デバイスの技術、性能、安全性を探る オンライン
2021/11/8 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント オンライン
2021/11/8 拒絶理由通知への対応と新規性・進歩性の判断方法 オンライン
2021/11/8 ミリ波帯電波吸収体、遮蔽材、透過材の考え方と設計例 オンライン
2021/11/10 共同研究・開発契約の実務とトラブル対応 オンライン
2021/11/11 自動車分野における吸音・遮音のメカニズムと材料開発の指針 愛知県 会場
2021/11/11 事業活動の活性化に必須となる実践知的財産スキル オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/8/10 車載テクノロジー関連製品・材料の市場動向
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望