技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

(バイオ) 医薬品製造プロセスにおけるシングルユース選定・運用の実際とコストをふまえた導入可否判断

(バイオ) 医薬品製造プロセスにおけるシングルユース選定・運用の実際とコストをふまえた導入可否判断

東京都 開催

開催日

  • 2012年11月29日(木) 10時30分 16時20分

受講対象者

  • バイオ医薬品に関連する技術者、担当者

プログラム

第1部

(2012年11月29日 10:30~12:30)

講師:
(株) IHIプラントエンジニアリング 医薬・ファインケミカル事業部 主席技監 工学博士 菅谷 和夫 氏

 近年、抗体、ワクチン等のバイオ医薬品製造設備にシングルユース機器を使用することが一般的になってきており、今後はさらに使用率、範囲は拡大すると予想されている。
 ここでは、バイオ医薬品設備へのシングルユース機器利用の最新動向と関連情報を解説するとともに、採用を検討する際に気をつけなければならない事項を含めた、採用の是非に関するケーススタディーの例を解説する。

  1. バイオ医薬品設備へのシングルユース機器利用の現状と今後
    1. バイオ医薬品の最新動向
    2. シングルユース機器はどこまで利用されているか
    3. シングルユイース機器利用時の問題点
    4. シングルユース培養槽とステンレス製培養槽の違い
    5. シングルユース機器は微生物培養プロセスに使えるのか?
    6. 細胞分離に遠心分離機を使うべきか否か
    7. カラムとイオン交換膜の比較
    8. バリデーションの視点から
  2. シングルユース設備選定のケーススタディ―
    1. これまでに公表されたケーススタディー事例
    2. ケーススタディーの具体的な実施方法
    3. ケーススタディー実施時の留意点
    4. 小規模設備での検討例
    5. 中規模設備での検討例
    6. 大規模設備での検討例
  3. まとめ: シングルユース機器はどのように利用することがベストか
    • 質疑応答・名刺交換

第2部 『シングルユース機器に要求される法的要件』

~PIC/S-GMPの適用を考慮して~
(2012年11月29日 13:20~14:50)

講師:
ザルトリウス・ステディム・ジャパン (株) マーケティング部 部長 原 芳明 氏

 2011年 4月20日に厚労省より通知された「改定 無菌操作法指針」はバイオ医薬品に大きなインパクトがある。
 本講演ではこの指針よりポイントを抽出してバイオ医薬品で使用するシングルユース技術活用の、製造・開発業務で重要なポイントを具体事例を含め説明する。PIC/S加盟による影響も論じる。

  1. レギュラトリーサイエンスの重要性
  2. 無菌操作法指針の位置づけ
  3. PIC/S 加盟との関連
  4. シングルユース機器の導入に当たっての法的要件と考慮点
  5. バッグのみならず周辺技術の総括供給の重要性
  6. GMP査察官研修での確認必須事項
  7. ろ過滅菌工程の新たなリスク (完全性試験装置)

特に厚生労働科学研究の指針策定委員として実際の策定現場にいた視点からも、必須要件を説明する。

  • 質疑応答・名刺交換

第3部 『日本発シングルユース機器を目指して』

~国産シングルユース培養槽、バッグの 開発の現状~

(2012年11月29日 15:05~16:20)

講師:
藤森工業 (株) ライフサイエンス事業本部 市場開拓部 松田 博行 氏

 本講では、日本発のシングルユース製品の現状について説明する。また、シングルユース製品を選択する時、あるいは使用する時の注意点について、バッグメーカーの立場から概説する。

  1. 日本発のシングルユース製品の概要
    1. シングルユース製品の種類
    2. シングルユースバッグに関して
      • 培養関連シングルユースバッグ
      • ストック用シングルユースバッグ
  2. シングルユースバッグの基礎
    1. フィルムの製造からバッグの評価まで
    2. バッグの物性値の読み方
  3. シングルユースバッグの注意点
    1. シングルユースバッグを選択する時の注意点に関して
    2. シングルユースバッグを使用する時の注意点に関して
  4. 国産シングルユース製品の今後の展望
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 菅谷 和夫
    株式会社IHIプラントエンジニアリング 医薬・ファインケミカル事業部
    顧問
  • 原 芳明
    ザルトリウス・ステディム・ジャパン(株) マーケティング部
    部長
  • 松田 博行
    藤森工業 株式会社 ライフサイエンス事業本部 先端医療事業推進部 バイオサイエンス課
    主任

会場

東京流通センター

2F 第1会議室

東京都 大田区 平和島6-1-1
東京流通センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,667円 (税別) / 44,800円 (税込)
複数名
: 35,667円 (税別) / 37,450円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき 7,350円割引
  • 3名で参加の場合、1名につき 10,500円割引 (同一法人に限ります)
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/8/22 多製品・小ロット製造にむけたこれからの洗浄バリデーションの手法 東京都
2018/8/22 医薬品・バイオ技術のライセンスイン・アウトの実践講座 東京都
2018/8/23 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間) 東京都
2018/8/23 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー 東京都
2018/8/24 コンピュータバリデーション 東京都
2018/8/24 医薬品製造工場におけるヒューマンエラー「ミス、混同/汚染」防止対策の実践事例とノウハウ 東京都
2018/8/25 バイオフィルムの形成メカニズムと評価・対策 東京都
2018/8/27 錠剤製造での問題 (粉体・打錠・添加剤特性など) 解決事例と工業化の留意点 東京都
2018/8/27 オーファンドラッグ開発における情報収集ノウハウと疾患選択基準 東京都
2018/8/28 網膜疾患の診断、治療と薬剤開発 東京都
2018/8/28 試験検査室のGMP管理と国内当局査察・監査での指摘を見据えた事前対応 東京都
2018/8/28 シリンジ・注射剤容器材料選定と試験法およびプレフィルドシリンジの材料選定と品質基準 東京都
2018/8/29 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 (2日間) 東京都
2018/8/29 GMP入門講座 東京都
2018/8/29 バイオ医薬品のCTD (CMC) :「製造方法」及び「構造決定・特性解析及び不純物」のまとめ方 東京都
2018/8/29 例文で解説するGMP文書や海外当局査察で頻出する英語表現 東京都
2018/8/29 査察当局の指摘事項をふまえた紙・電子データの運用と監査証跡機能活用・記録方法/レビューの効率化 東京都
2018/8/29 バイオ医薬品原薬工場建設の計画・設計・マネージメントのポイント 東京都
2018/8/30 コンビネーションプロダクトの開発ステップと申請データ要件 東京都
2018/8/30 AI創薬で取得すべき特許とその権利化 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/9/27 医薬品包装・容器の材料要求特性と3極局方の品質基準・試験法
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル
2013/5/30 新薬開発にむけた臨床試験(第I~III相臨床試験)での適切な投与量設定と有効性/安全性評価
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/3/17 ICH QトリオとQ11導入・実践・継続への取組み
2013/2/27 リスクマネジメント・CAPA(是正措置・予防措置)導入手引書