技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

熱伝導率の基礎と測定方法・測定事例

熱伝導率の基礎と測定方法・測定事例

オンライン 開催

視聴期間は2024年4月23日〜5月2日を予定しております。
お申し込みは2024年4月30日まで承ります。

概要

熱問題の解決には、熱伝導率の正確な把握が必要です。
本講座では伝熱の基礎から解説し、熱伝導率の測定について事例を交えてポイントを解説いたします。

開催日

  • 2024年4月30日(火) 13時00分 2024年5月2日(木) 16時30分

受講対象者

  • 熱の問題でお悩みの方
  • 熱物性測定の担当者
  • 熱伝導率測定の基礎知識を習得したい方

プログラム

 電子機器や材料の製造・開発現場では、“熱に起因するトラブル”が常につきまといます。それらの問題を解決に導くためには、部品や材料の“熱物性”の把握が欠かせません。部品や材料の“熱物性”を正確に把握することで、“熱に起因するトラブル”を未然に防ぎ、製品のさらなる可能性を拡げます。
 本講では、「熱伝導率測定」の基礎知識を学習し、実際にどのような方法で「熱伝導率測定」がおこなわれているのかを知り、さまざまな測定事例を見ることで「熱伝導率測定」のイメージを掴み、今後に役立てます。

  1. 背景 〜「熱問題」が重要!〜
    1. 熱移動の三態
      • 伝導
      • 対流
      • 放射
    2. 熱問題の解決方法
    3. 熱設計のむずかしさ
  2. 熱伝導率とは何か?
    1. こんな材料が増えている!
    2. 熱物性値の関係式
      • 熱伝導率
      • 熱拡散率
      • 熱浸透率
    3. 各種の熱伝導材料
  3. 熱伝導率の各種測定方法
    1. 定常法と非定常法
    2. 周期加熱法と熱拡散長
    3. 測定方法を分類する
    4. 各種の測定方法
      • 定常法
      • 準定常法
      • フラッシュ法
      • スキャニングレーザーAC法
      • 周期加熱放射測温法
      • ホットディスク法
      • サーモリフレクタンス法
    5. 参照試料
  4. シート状材料や異方性材料の測定
    1. シート状材料や異方性材料に適した測定方法
    2. 測定事例
      • 放熱シート
      • ポリイミドシート
      • CFRP
      • CNT入りゴム
      • グラファイトシート
      • ワイヤー・繊維状試料
      • セルロース
      • ポリ乳酸延伸フィルム
      • ナノセルロース
      • 高熱伝導性樹脂
  5. 測定方法によって測定結果が変わる?!
    1. 考えられる4つの原因
    2. フラッシュ法と周期加熱放射測温法の比較
  6. 薄膜・微小領域の測定
    1. 薄膜・微小領域に適した測定方法
    2. 測定事例
      • アルミナフィラー
      • AINセラミック
      • 半導体デバイス内の分布
      • SiCセラミックス
    3. 薄膜測定の解析方法
  7. 熱拡散率測定の応用
    1. 繊維配向評価手法
    2. 測定事例
      • 射出成形CFRTPの繊維配向
      • 機械強度との相関
      • セルロースナノファイバーの繊維配向
  8. シミュレーションの実際
    1. 熱設計のむずかしさ
    2. 熱設計の流れと実例
  9. 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 35,000円(税別) / 38,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 35,000円(税別) / 38,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年4月23日〜5月2日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/28 車載電池・リチウムイオン電池の爆発・火災事故の傾向、 その安全性向上技術、過酷試験の進め方、規制対応 オンライン
2024/6/4 Excelを用いて体験する伝熱工学 オンライン
2024/6/7 CASE実現のための車載機器の熱対策と冷却技術の具体的実践技術 オンライン
2024/6/17 中高温用蓄熱技術の最前線 オンライン
2024/6/19 半導体パッケージの伝熱経路、熱モデルと熱設計・シミュレーション技術 オンライン
2024/6/21 高熱伝導樹脂の設計とフィラー配向、複合化技術 オンライン
2024/6/24 車載電子製品・部品における熱設計・実装、放熱・耐熱技術と将来動向 オンライン
2024/6/25 EV / HEV用 主機モータとPCUの冷却・放熱技術 会場
2024/7/2 半導体パッケージの伝熱経路、熱モデルと熱設計・シミュレーション技術 オンライン
2024/7/10 EVにおける車載機器の熱対策 オンライン
2024/7/12 フォノンエンジニアリングの基本的な考え方、熱伝導率の制御や測定、その応用 オンライン
2024/7/17 車載バスバーの設計、実装と絶縁処理技術 オンライン
2024/7/18 自動車における熱マネジメント技術と求められる技術・部品・材料 オンライン
2024/7/31 半導体の伝熱構造・熱設計 オンライン
2024/9/5 入門者のための熱力学・伝熱工学の基礎 東京都 会場・オンライン