技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

省エネ技術の開発動向と導入事例、省エネ効果・CO2削減量の算出方法

脱炭素社会実現に向け習得すべき

省エネ技術の開発動向と導入事例、省エネ効果・CO2削減量の算出方法

~演習を通して学ぶ、省エネ効果とCO2排出削減の見える化ノウハウ~
オンライン 開催

視聴期間は2024年3月5日〜18日を予定しております。
お申し込みは2024年3月5日まで承ります。

概要

本セミナーでは、改正地球温暖化対策推進法に向け、省エネの考え方や進め方を実例を交えて解説いたします。
さらに、省エネによるエネルギー削減量や削減金額だけでなく、CO2削減量の算出法についてもわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2024年3月5日(火) 10時30分 2024年3月18日(月) 16時30分

受講対象者

  • 新規研究テーマ選定、生産設備の管理/保守や更新を担当している方
  • 省エネを進めたいが、その取り組み方について要領を得ない方
  • 省エネ効果やCO2削減量の算出方法を知りたい方
  • 省エネ関連の最新動向を知りたい方

修得知識

  • 省エネを進めるための考え方
  • 新規研究テーマ・新規設備選定における省エネの主な着眼点
  • 様々な場面で使える省エネ手法の実例
  • 省エネ効果やCO2削減量の算出方法
  • 最新の法令や省エネ技術、世の中の省エネ関連の動向

プログラム

 2022年5月に公布された”改正地球温暖化対策推進法”が2023年4月1日に施行され、2030年までにCO2排量を46%削減するという目標が掲げられ、ますます省エネの重要性が高くなってきました。
 本セミナーでは、その動向や関連キーワードの解説、そして省エネの考え方や進め方を実例も交えて興味深く解説します。さらに、省エネによるエネルギー削減量や削減金額だけでなく、CO2削減量の算出法についても判りやすく解説します。そしてそれらの計算による演習を幾つか実施することにより、理解を深めます。

  1. 脱炭素社会で企業に求められる取り組み
    1. 世の中の主な動向
    2. 脱炭素を語る上で欠かせない関連用語の解説
    3. 現場における省エネの主な着眼点
    4. 省エネ効果の算出方法
    5. CO2削減量の算出方法
  2. 省エネ技術各論 (計算演習あり)
    1. 空調の省エネ
    2. 照明の省エネ
    3. ファン、ポンプの省エネ
    4. ボイラ、熱源設備の省エネ
    5. コンプレッサその他の動力機器の省エネ
    6. 再生可能エネルギー技術の採用
  3. 省エネによる職場改善事例 (計算演習あり)
    1. 情報収集とその分析
    2. 各設備の省エネ提案
    3. 省エネによる効果試算
    4. 今後に向けた提言
  4. さいごに
    1. 省エネに取り組む上で知っておくべき有用情報
    2. 総括
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 36,200円 (税別) / 39,820円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,200円(税別) / 39,820円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

アーカイブ配信セミナー

  • 「ビデオグ」を使ったアーカイブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCなどからご視聴ができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 別途、ID,パスワードをメールにてご連絡申し上げます。
  • 視聴期間は2024年3月5日〜18日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/16 微生物によるカーボンリサイクル オンライン
2024/4/18 企業の脱炭素化に向けた環境省の取り組みと支援施策 東京都 会場・オンライン
2024/4/22 化学吸収法による二酸化炭素 (CO2) 分離回収技術の最前線 オンライン
2024/4/25 二酸化炭素 (CO2) 吸収・分離・回収の基礎知識及び応用分野と、これら技術の今後のゆくえ オンライン
2024/4/26 二酸化炭素資源化におけるマテリアル・バイオ技術融合の重要性と微生物による新規バイオ技術の最先端および展望 オンライン
2024/5/16 化学・材料分野における「LCA」、GHG排出量計算、「Scope3」への対応、(自動車などユーザー企業への) 情報開示、その活用 オンライン
2024/5/16 CO2-メタネーションに関する開発動向と課題・今後の展望まで オンライン
2024/5/22 カーボンニュートラル (CN) 社会における水素の役割とその技術動向 オンライン
2024/5/22 CO2-メタネーションに関する開発動向と課題・今後の展望まで オンライン
2024/5/29 CO2分離回収技術に関連したプロセスおよびコスト計算の基礎と実例 オンライン
2024/5/29 エクセルギーの基礎と実践的な計算・解析方法 オンライン
2024/5/30 微生物による二酸化炭素固定、カーボンリサイクルの現状と将来展望 オンライン
2024/6/3 MOF/PCPを利用したCO2の分離・回収技術 オンライン
2024/6/4 カーボンニュートラル (CN) 社会における水素の役割とその技術動向 オンライン
2024/6/11 CO2分離回収技術に関連したプロセスおよびコスト計算の基礎と実例 オンライン
2024/6/12 自動車塗料、塗装工程のCO2削減 オンライン