技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子成形加工を理解するための高分子レオロジー入門

高分子成形加工を理解するための高分子レオロジー入門

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、高分子が高分子成形加工でどのように操られているのかを高分子レオロジーの視点で解説いたします。

開催日

  • 2024年2月29日(木) 13時00分 17時00分

受講対象者

  • プラスチック成形加工に携わる研究・開発者
  • 高分子材料開発に携わる研究・開発者
  • CAEエンジニアなど
  • 高分子物性と高分子成形加工を結びつける基礎を学びたい方

修得知識

  • 高分子レオロジーの基礎
  • 高分子成形加工へ適用するための考え方

プログラム

 プラスチックやゴムなどの高分子材料をつかって所望の製品を得るには、流動・変形・温度場にある、高分子集合体や高分子マトリックス中に分散した粒子群がどのように構造化されていくのかを感覚的に理解しながら成形加工することが大切です。高分子集合体の平均的な素描のイメージを膨らませるために高分子レオロジーを説明し、それを高分子成形加工に結びつけ、成形加工で高分子に何をしているかを考えるための基礎を説明します。

  1. 高分子レオロジーの世界観
    1. 弾性と粘性の本質 – 粘性・弾性の基本法則を理解する –
    2. 高分子性と緩和時間 – 高分子性を定性的に理解する –
    3. デボラ数やワイセンベルグ数など – 高分子成形加工で重要な無次元数
  2. 高分子成形加工に関係するレオメトリーの基礎
    1. 剪断変形、伸長変形 – 成形加工を考える基礎となる変形場 –
    2. 線形粘弾性とBoltzmannの重畳原理 – 高分子レオロジーの基礎 –
    3. 動的線形粘弾性と緩和スペクトル – 材料特性をレオロジー的にみる –
    4. 時間 – 温度換算則 – 周波数依存性と温度依存性 –
    5. 代表的な緩和時間と弾性率の意味 – 絡み合い、ゴム状態、ガラス状態 –
    6. 法線応力差の発現 – 粘性流体とは違う流れ場になる –
    7. 高分子溶融体の材料特性 (剪断流動特性、伸長流動特性) を読む
  3. 高分子成形加工における均質系場のレオロジー現象
    1. システム方程式 – 保存則と材料特性との関係 –
    2. 成形加工における剪断流れと伸長流れ – 成形法と流動・変形モ – ド –
    3. 牽引流れと圧力流れ – 成形加工の支配的な流動場 –
    4. 高分子流体の剪断粘度測定 – 定常性・等温性・すべり –
    5. 剪断流れ場の法線応力差の影響 – ダイスウェル・ワイセンベルグ効果など –
    6. 拡大・縮小流れ場の法線応力差の影響 – 渦など –
    7. 自由表面を含む場の法線応力差の影響 – ネッキング、レゾナンスなど –
  4. 高分子成形加工における不均質系場のレオロジー現象
    1. 温度場が影響する不均一性 – 結晶化、ガラス化、フラクチャーなど –
    2. 法線応力・圧力場が影響する不均一性 – 気相形成などの発泡 –
    3. 粒子密度場が影響する不均一性 – ゴム分散材、ナノコンポジットなど –
  5. 高分子成形加工のトラブルシューティングに向けて
    1. 流動・変形・温度履歴が残る成形加工について
    2. 界面表面から構造制御する成形加工について

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/19 生分解性プラスチックの基礎・最新動向と食品容器・包装への応用展開 オンライン
2024/4/19 副資材を利用した高分子材料の設計技術 オンライン
2024/4/22 高分子インフォマティクスの応用事例 オンライン
2024/4/22 プラスチック強度設計の基礎知識 オンライン
2024/4/22 高分子材料 (樹脂・ゴム材料) における変色劣化の機構とその防止技術 オンライン
2024/4/23 ナノ触診原子間力顕微鏡 (AFM) による高分子材料の解析技術 オンライン
2024/4/24 樹脂材料のEV駆動モータ/パワーデバイスへの実装に向けた高電圧絶縁特性の基礎と評価法 オンライン
2024/4/24 プラスチック用添加剤の基礎と選び方・使い方のポイント、その注意点 オンライン
2024/4/24 熱分析による高分子材料 (プラスチック・ゴム・複合材料) の測定・解析の基礎とノウハウ オンライン
2024/4/24 ヒートシールの基礎と材料設計および品質管理・不具合対策 オンライン
2024/4/24 高分子の絶縁破壊メカニズムとその劣化抑制技術 オンライン
2024/4/24 高分子材料の粘弾性の基礎と応力/ひずみの発生メカニズムとその制御・評価技術 オンライン
2024/4/24 天然植物繊維を強化材とする複合材料の基礎と応用 東京都 会場
2024/4/25 押出成形のDX化と活用技術 オンライン
2024/4/25 レオロジー測定・データ解釈の勘どころ オンライン
2024/4/25 5G高度化とDXを支える半導体実装用低誘電特性樹脂・基板材料の開発と技術動向 オンライン
2024/4/25 プラスチックフィルムの表面処理・改質技術と接着性の改善評価方法 オンライン
2024/4/25 結晶性高分子における力学物性と高次構造の関係 オンライン
2024/4/25 破壊工学の基礎と高分子材料での実践 オンライン
2024/4/25 高分子結晶化のメカニズムと評価法 オンライン