技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

世界のバイオプラスチック・微生物ポリマー 最新業界レポート

世界のバイオプラスチック・微生物ポリマー 最新業界レポート

~Bioplastics・Microbial Polymers~
世界のバイオプラスチック・微生物ポリマー 最新業界レポートの画像

ご案内

 「生分解性プラスチック」分野において、PBAT、PBS、PLA、PHAの成長が加速している。PBATは、農業用マルチシート用途が拡大している。また、食品包装用フィルム・容器、発砲シート、シュリンクフィルムなどに広がり、近年、数量を伸ばしている。PBSはPLAと同様容器やフィルムなどで採用され、生分解性プラスチック市場の成長要因となっている。中国勢がPBS樹脂及びその共重合品を展開している。物性のバランスを取るために他の生分解性樹脂とブレンドしたりすることで用途拡大を図っている。PLAは、加工食品の消費や宅配サービスの利用の増加が下支えしている。欧州はこのPLAを全面的に導入する方向で動き出している。コロナ禍でも、PLAは高成長を続けている。PHAはPEやPPに比較的近い物性を示し、耐熱性、耐油性、ガスバリア性があるということで、現在様々な企業が開発・製造を行っている。微生物の種類や用いる炭素源を変えることにより、様々な分子構造を持つ共重合ポリエステルが見出されている。
 一方、「バイオベース/非生分解性プラスチック」分野では、PE、PP、PAの増加が著しい。バイオPEは、近年では100%バイオ由来であることが付加価値として認められ、採用企業も増えている。バイオPPは、他のプラスチックとは異なり、バイオマスを原料とする技術開発の難易度が高く、工業化技術が確立されていなかったが、各社はこの課題に挑戦し、実用化に取り組んでいる。2024年で製造能力の大幅な増加が見込まれている。バイオPAは、比較的ポリマー価格が高くバイオベース化に伴うコストを吸収しやすく、また、発酵合成されるコハク酸やアミノ酸を原料に用いることができることで、近年、研究開発が盛んである。
 その他、PEFは、バイオPETの潜在的な代替品として広く使用できる可能性が出ており、100%バイオベースのボトル、フィルムなどの需要が高まっている。欧米各国を中心に、従来の石油化学工業に頼らず、微生物を活用した環境に優しいものづくり産業を推進する流れがある。日本国内においても、経済産業省から「スマートセルインダストリー」が政策として打ち出され、生物によるものづくり「バイオベースポリマー」の研究開発が盛んになりつつある。
 本レポートは、微生物の産業利用という観点で各種ポリマーの開発状況をメインに、世界のバイオプラスチック業界を調査した。今後の展開を見据えたうえでの次世代ビジネスにつながるレポートになっている。

目次

第1章 バイオプラスチックの分類と生産能力

  • 1 概要
  • 2 世界のバイオプラスチック生産能力
  • 3 生分解性プラスチックの生産能力
  • 4 バイオベース/非生分解性プラスチックの生産能力
  • 5 バイオプラスチック製品の認証

第2章 生分解性プラスチック

  • 1 PLA
    • 1.1 概要
    • 1.2 価格
    • 1.3 製造法
    • 1.4 PLAを改質するための添加剤
    • 1.5 一般的な用途
    • 1.6 3Dプリンター向け樹脂用
    • 1.7 LCCO2排出量 (kgCO2/kg)
    • 1.8 業界分析
    • 1.9 微生物と産業利用
    • 1.10 企業動向
      • ① Nature Works
      • ② Total Corbion PLA
      • ③ Eco-Products
      • BASF
      • ⑤ Synbra
      • ⑥ Zhejian Hisun Biomaterials
      • ⑦ Anhui Fengyuan Biomaterials
      • ⑧ Shenzhen Guanhua Weiye
      • ⑨ Jiujiang Keyuan Biomaterial
      • COFCO
      • ⑪ weforyou
      • ⑫ Feterro
      • ⑬ Henan Jindan Lactic Acid Technology
      • BYK
      • ⑮ 帝人
      • ⑯ ハイケム
      • ⑰ リコー
      • ⑱ 積水化成品工業
      • ⑲ 第一工業製薬
      • ⑳ 日精樹脂工業
      • ㉑ バイオワークス
      • ㉒ ゴールドウイン
      • ㉓ 王子ホールディングス
      • ㉔ 武蔵野化学研究所
      • ㉕ 三井化学
      • ㉖ 日本材料技研
      • ㉗ LG Chem Archer-Daniels-Midland
      • ㉘ 三義漆器店
  • 2 PHA
    • 2.1 概要
    • 2.2 製造法
    • 2.3 用途
    • 2.4 業界分析
    • 2.5 微生物と産業利用
    • 2.6 生産コストと生産状況
    • 2.7 企業動向 (P (3HB) )
      • ① Biomer
      • ② TerraVerdaeBioworks
      • PHB Industrial S.A
      • ④ Tianan Biologic Materials
      • ⑤ PolyFermCanada
      • ⑥ Nafigate Corporation
      • ⑦ Newlight Technologies
      • COFCO (中糧集団)
      • ⑨ Mango Materials
      • ⑩ Bio-On
    • 2.8 企業動向 (P (3HB-co-3HV) )
      • ① ICI–Zeneca–Metabolix–Telles
      • ② Tianan Biologic Materials
      • PHB Industrial S.A
      • ④ Genecis Bioindustries
      • ⑤ Bioextrax
    • 2.9 企業動向 (P (3HB- co -4HB) )
      • ① Shenzhen Ecomann Biotechnology
      • ② Metabolix Cheiljedang Corporation
      • PHABuilder
      • ④ MedPHA
      • ⑤ Tianjin GreenBio Materials
      • ⑥ TePHA Medical Devices
    • 2.10 企業動向 (P (3HB-co-3HHx) )
      • ① カネカ
      • ② Danimer Scientific
      • RWDC Industries
      • ④ BluePHA
      • ⑤ 天津国韻生物材料
      • ⑥ 宁波天安生物材料
  • 3 PBAT
    • 3.1 概要
    • 3.2 製造法
    • 3.3 用途
    • 3.4 価格
    • 3.5 業界分析
    • 3.6 企業動向
      • BASF
      • ② Red Avenue New Materials Group
      • ③ Novamont
      • ④ Shandong Tianan Chemicals
      • ⑤ Wanhua Chemical Group
      • ⑥ ハイケム
      • ⑦ SK geo centric
  • 4 PBS
    • 4.1 概要
    • 4.2 製造法
    • 4.3 用途
    • 4.4 業界分析
    • 4.5 微生物と産業利用
    • 4.6 企業動向
      • ① 三菱ケミカル
      • ② 日精エー・エス・ビー機械
      • ③ Kanghui New Material Technology
      • ④ Hengli Petrochemical
      • ⑤ 産業技術総合研究所
  • 5 でんぷん系
    • 5.1 概要
    • 5.2 製造法
    • 5.3 用途
    • 5.4 業界分析
    • 5.5 企業動向
      • ① Novamont
      • BIOTEC
      • ③ National Starch
      • ④ クラレ
      • GSI クレオス
      • ⑥ 日世
      • ⑦ 日本コーンスターチ
      • ⑧ 日本食品化工、大阪大学
      • ⑨ 稲畑産業
  • 6 PGA
    • 6.1 概要
    • 6.2 製造法
    • 6.3 縫合糸用途
    • 6.4 再生医療用足場材料
    • 6.5 業界分析
    • 6.6 企業動向
      • ① クレハ
      • ② 東レ
  • 7 生分解性プラスチックの用途 (まとめ)

第3章 バイオベース/非生分解性プラスチック

  • 1 バイオPET
    • 1.1 概要
    • 1.2 製造法
    • 1.3 バイオPETの種類
    • 1.4 用途
    • 1.5 業界分析
    • 1.6 企業動向
      • ① Coca-Cola
      • ② サントリー
      • ③ Anellotech
      • ④ 東洋紡
      • ⑤ アサヒ飲料
      • ⑥ NaturALL Bottle Alliance
      • ⑦ Origin Materials
      • ⑧ 豊田通商
      • ⑨ Seufert
      • ⑩ 遠東新世紀
      • ⑪ Virent
      • ⑫ 東レ
      • LOTTE CHEMICAL
      • ⑭ 帝人フロンティア
      • ⑮ 岩谷産業
      • ⑯ Indrama Ventures
  • 2 PEF
    • 2.1 概要
    • 2.2 製造法
    • 2.3 業界分析
    • 2.4 企業動向
      • ① 東洋紡
      • ② Avantium
  • 3 バイオPE
    • 3.1 概要
    • 3.2 製造法
    • 3.3 用途
    • 3.4 バイオPEの輸入関税撤廃
    • 3.5 バイオPEのライフサイクルアセスメント事例
    • 3.6 業界分析
    • 3.7 微生物と産業利用
    • 3.8 企業動向
      • BRASKEM
      • ② Neste LyondellBasell
      • ③ DSM、SABIC UPM Biofuels
      • SABIC
      • UPM Biofuels、Dow
      • ⑥ Dow
      • ⑦ Cemvita Factory
      • ⑧ パナソニック
      • ⑨ 三菱ケミカル
      • SCG Chemicals、Braskem
      • ⑪ Greencol Taiwan Corporation (GTC)
      • ⑫ 熊谷組
      • ⑬ 宇部フィルム
  • 4 バイオPA
    • 4.1 概要
    • 4.2 主なバイオPAの種類と用途
    • 4.3 製造法
    • 4.4 業界分析
    • 4.5 PA11 (ポリアミド11) とPA12 (ポリアミド12) との比較
    • 4.6 企業動向
      • ① Arkema
      • ② ポリプラ・エボニック (旧:ダイセル・エボニック)
      • ③ Evonik
      • ④ DuPont
      • EMS-Grivory
      • ⑥ 東レ
      • ⑦ ユニチカ
      • DSM
      • ⑨ 東洋紡
      • BASF
      • LANXESS
      • ⑫ Ascend Performance Material
      • ⑬ 三菱ガス化学
      • NSK
  • 5 バイオPP
    • 5.1 概要
    • 5.2 製造法
    • 5.3 LCCO2排出量 (kgCO2/kg)
    • 5.4 業界分析
    • 5.5 企業動向
      • ① 三井化学
      • ② トヨタ紡織、豊田中央研究所
      • ③ LyondellBasell、Neste
      • ④ Borealis Neste
      • ⑤ Braskem
  • 6 バイオPTT
    • 6.1 概要
    • 6.2 製造法
    • 6.3 用途
    • 6.4 業界分析
    • 6.5 微生物と産業利用
    • 6.6 企業動向
      • ① DuPont
      • ② 帝人フロンティア
      • ③ 東レ
      • ④ 旭化成アドバンス
      • ⑤ ユニチカトレーディング
  • 7 バイオPC
    • 7.1 概要
    • 7.2 製造法
    • 7.3 用途
    • 7.4 業界分析
    • 7.5 企業動向
      • ① 三菱ケミカル
      • ② 帝人
      • ③ トヨタ自動車
      • ④ マツダ
      • ⑤ ダイハツ工業
      • ⑥ スズキ
      • ⑦ ルノー
      • ⑧ パイロットコーポレーション
      • ⑨ シャープ
  • 8 バイオPU
    • 8.1 概要
    • 8.2 製造法
    • 8.3 用途
    • 8.4 業界分析
    • 8.5 企業動向
      • ① 三井化学、三井化学SKC ポリウレタン
      • ② トーヨーソフランテック
      • ③ 大日精化工業
      • ④ Cargill
      • ⑤ Covestro
  • 9 バイオPBT
    • 9.1 概要
    • 9.2 製造法
    • 9.3 用途
    • 9.4 企業動向
      • ① 東レ
      • ② 三菱エンジニアリングプラスチックス
  • 10 バイオPMMA
    • 10.1 概要
    • 10.2 製造
    • 10.3 用途
    • 10.4 業界分析
    • 10.5 企業動向
      • ① 三菱ケミカル
      • ② Genomatica
      • ③ 大成ファインケミカル
  • 11 酢酸セルロース
    • 11.1 概要
    • 11.2 製造法
    • 11.3 用途
    • 11.4 業界分析
    • 11.5 企業動向
      • ① ダイセルポリマー
      • ② Solvay
      • BAT British American Tobacco
  • 12 木粉などバイオマスと石油由来プラスチックとの複合系
    • 12.1 概要
    • 12.2 Wood Plastic Composite
    • 12.3 竹繊維複合系
    • 12.4 米複合系
    • 12.5 セルロース複合樹脂
    • 12.6 企業動向
      • ① バイオマスレジン南魚沼
      • ② ソラボ
      • ③ GS アライアンス
      • ④ ファイン
      • ⑤ バイオポリ上越

第4章 バイオプラスチックの原料

  • 1 バイオPET樹脂の原料
    • 1.1 概要
    • 1.2 業界分析
    • 1.3 企業動向 (バイオMEG)
      • ① Indian Glucols
      • ② 双日
      • ③ 東レ
      • ④ 台湾緑醇 (GTC)
    • 1.4 企業動向 (テレフタル酸)
      • ① Coca-Cola、Virent、Gevo、Avantium
      • ② サントリー、Anellotech
      • ③ Virent
      • ④ Genomatica
      • ⑤ 東レ
      • ⑥ Gevo
      • ⑦ 群馬大学
  • 2 ナイロン66の原料
    • 2.1 概要
    • 2.2 バイオヘキサメチレンジアミン (バイオHMD)
      • 2.2.1 概要
      • 2.2.2 業界分析
    • 2.3 バイオアジピン酸
      • 2.3.1 概要
      • 2.3.2 製造法
      • 2.3.3 用途
      • 2.3.4 業界分析
      • 2.3.5 微生物と産業利用
    • 2.4 企業動向
      • ① Rennovia
      • ② Verdezyne
      • ③ 旭化成
      • ④ 東レ、味の素
      • ⑤ Covestro
      • ⑥ 塩水港精糖
      • ⑦ 神戸大学
      • ⑧ ユニチカ
      • ⑨ 弘前大学、長岡技術科学大学
      • ⑩ Bioamber
      • ⑪ Genomatica
  • 3 バイオコハク酸
    • 3.1 概要
    • 3.2 用途
    • 3.3 業界分析
    • 3.4 微生物と産業利用
    • 3.5 企業動向
      • ① BioAmber
      • ② Myriant
      • ③ Reverdia
      • ④ Succinity
      • DSM
      • ⑥ 三菱ケミカル
      • ⑦ エア・ウォーター
      • ⑧ ユーグレナ
      • ⑨ 神戸大学
  • 4 バイオ1,4-BDO
    • 4.1 概要
    • 4.2 製造法
    • 4.3 用途
    • 4.4 業界分析
    • 4.5 微生物と産業利用
    • 4.6 企業動向
      • ① 三菱ケミカル
      • ② Genomatica
      • BASF
      • ④ Gevo
      • ⑤ ダイセル
  • 5 バイオ1,3-PDO
    • 5.1 概要
    • 5.2 製造
    • 5.3 用途
    • 5.4 業界分析
    • 5.5 微生物と産業利用
    • 5.6 企業動向
      • ① DuPont Tate & Lyle Bio Products
      • ② Zhangjiagang Glory Chemical Industry
      • ③ ダイセル
      • ④ INVISTA、LanzaTech
      • ⑤ Metabolic Explorer
      • ⑥ Zouping Mingxing Chemical
      • ⑦ 清華大学
      • ⑧ カネダ
      • ⑨ 岩瀬コスファ
      • ⑩ 国際農林水産業研究センター
      • ⑪ シバハシケミファ
  • 6 ヒマシ油
    • 6.1 概要
    • 6.2 製造法
    • 6.3 用途
    • 6.4 業界分析
    • 6.5 企業動向
      • ① 三井化学、三井化学SKC ポリウレタン
      • ② Vithal Castor Polyols
      • ③ 伊藤製油
      • ④ 東レ
      • ⑤ デンソー
  • 7 3-ヒドロキシプロピオン酸 (3-HPAc)
    • 7.1 概要
    • 7.2 用途
    • 7.3 業界分析
    • 7.4 微生物と産業利用
    • 7.5 企業動向
      • ① BASF、Cargill、Novozymes
      • ② 日本触媒
      • AGC (旧:旭硝子)
  • 8 バイオアクリル酸
    • 8.1 概要
    • 8.2 製造法
    • 8.3 用途
    • 8.4 業界分析
    • 8.5 微生物と産業利用
    • 8.6 企業動向
      • ① Cargill
      • ② BASF、Cargill、Novozymes
      • ③ Myriant
      • DOW
      • ⑤ 日本触媒
      • ⑥ 三菱ケミカル
      • ⑦ 東亞合成
      • ⑧ 大阪有機化学工業
      • ⑨ Arkema
  • 9 フランジカルボン酸 (FDCA)
    • 9.1 概要
    • 9.2 製造
    • 9.3 用途
    • 9.4 業界分析
    • 9.5 微生物と産業利用
    • 9.6 企業動向
      • ① Origin Materials
      • ② Stora Enso
      • ③ Avantium
      • ④ SynbiaS
      • ⑤ Corbion
      • ⑥ 三菱ケミカル、北海道大学
      • ⑦ フィンランド技術研究センター (VTT)
      • ⑧ DuPont、Archer Daniels Midland (ADM)
  • 10 ウルシオール
    • 10.1 概要
    • 10.2 業界分析
    • 10.3 企業動向
      • NEC
  • 11 その他木質系材料
    • 11.1 概要
    • 11.2 セルロース
      • 11.2.1 セルロースナノファイバーの製造コスト
      • 11.2.2 セルロースナノファイバーの販売価格
      • 11.2.3 企業動向
      • ① 日本製紙
      • ② 大王製紙
      • ③ 星光PMC
      • ④ レンゴー
      • ⑤ 王子ホールディングス
      • ⑥ ダイセル、三和商会
      • ⑦ 巴川製紙所
      • ⑧ マクセル
      • ⑨ CelluForce
      • ⑩ Blue Goose Biorefineries
      • ⑪ Anomera
      • ⑫ Stora Enso
      • UPM-Kymmene Oyj (UPM)
      • ⑭ OyKeskuslaboratorio-Centrallaboratorium Ab (KCL)
      • ⑮ Valmet
    • 11.3 ヘミセルロース
    • 11.4 リグニン
    • 11.5 企業動向
      • ① 清水建設
      • ② National Renewable Energy Laboratory (NREL)
  • 12 アクリルアミド
    • 12.1 概要
    • 12.2 製造
    • 12.3 用途
    • 12.4 業界分析
    • 12.5 微生物と産業利用
    • 12.6 企業動向
      • ① 三菱ケミカルグループ
      • ② 三井化学、Kemira
      • ③ 旭化成

第5章 ゴム

  • 1 天然ゴム・合成ゴム
  • 2 天然ゴム
  • 3 天然ゴムの種類
  • 4 合成ゴム
  • 5 合成ゴムの種類
  • 6 天然ゴムと合成ゴムの違い
  • 7 業界分析
  • 8 イソプレンゴム
    • 8.1 概要
    • 8.2 製造法
    • 8.3 用途
    • 8.4 企業動向
      • ① ブリヂストン
      • ② 横浜ゴム
      • ③ 日本ゼオン、横浜ゴム
      • ④ 住友ゴム工業
      • ⑤ Michelin
      • ⑥ Enviro
      • ⑦ Michelin、Amyris、Braskem
      • ⑧ Goodyear、DuPont Industrial Biosciences
  • 9 エチレンプロピレンゴム (EPDM)
    • 9.1 概要
    • 9.2 製造法
    • 9.3 用途
    • 9.4 業界分析
    • 9.5 企業動向
      • LANXESS
      • ② 住友化学
  • 10 ブタジエンゴム
    • 10.1 概要
    • 10.2 製造法
    • 10.3 用途
    • 10.4 業界分析
    • 10.5 企業動向
      • ① ブリヂストン
      • ② 横浜ゴム
      • ③ 理化学研究所、横浜ゴム、日本ゼオン
      • ENEOS
      • ⑤ Michelin
      • ⑥ INVISTA、LanzaTech
      • ⑦ Genomatica、Braskem
      • ⑧ Versalis、Genomatica
      • ⑨ Synthos、Global Bioenergies
      • ⑩ Cobalt Technologies
  • 11 ゴムの種類と特長

第6章 微生物と産業利用

  • 1 概要
  • 2 化学合成法とバイオ合成法
  • 3 目的生産物質と使用する微生物
  • 4 コリネ型細菌
    • 4.1 概要
    • 4.2 開発動向
      • ① イソブタノール
      • ② 乳酸、コハク酸
      • ③ ムコン酸
  • 5 酢酸生成菌
    • 5.1 概要
    • 5.2 開発動向
      • ① エタノール
      • ② P (3HB)
  • 6 ハロモナス菌
    • 6.1 概要
    • 6.2 開発動向
      • PHA
      • ② 3-ヒドロキシ酪酸
      • ③ 廃グリセロール処理
  • 7 光合成細菌
    • 7.1 概要
    • 7.2 開発動向
      • PHA
      • ② タンパク質
  • 8 水素細菌
    • 8.1 概要
    • 8.2 開発動向
      • ① イソブタノール
      • PLA
      • PHA
      • ④ アミノ酸
  • 9 鉄酸化細菌
    • 9.1 概要
    • 9.2 開発動向
      • ① エチレン

第7章 各国の政策

  • 1 EU
    • 1.1 EUプラスチック戦略
    • 1.2 EUのプラスチック関連の環境戦略や法規制
    • 1.3 動向分析
    • 1.4 フランス
    • 1.5 英国
    • 1.6 ドイツ
    • 1.7 イタリア
    • 1.8 オランダ
  • 2 米国
    • 2.1 動向分析
    • 2.2 バイオプリファードプログラム
  • 3 中国
    • 3.1 動向分析
    • 3.2 循環経済の発展に関する第14次5カ年 (2021年〜2025年)
  • 4 日本
    • 4.1 プラスチック資源循環戦略
    • 4.2 バイオプラスチック導入ロードマップ
    • 4.3 プラスチック新法
    • 4.4 動向分析

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 並製本 252ページ

ISBNコード

978-4-910581-22-4

発行年月

2022年5月

販売元

tech-seminar.jp

価格

180,000円 (税別) / 198,000円 (税込)

案内割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方 :
    • 冊子版: 162,000円(税別) / 178,200円(10%税込)
    • 冊子版 + PDF版 (CD) セット: 216,000円(税別) / 237,600円(10%税込)
  • Eメール案内を希望しない方 :
    • 冊子版: 180,000円(税別) / 198,000円(10%税込)
    • 冊子版 + PDF版 (CD) セット: 240,000円(税別) / 264,000円(10%税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/6/24 粘着剤の基礎知識と評価法 オンライン
2024/6/25 高分子の粘弾性挙動と時間-温度換算則の活用事例 オンライン
2024/6/27 フィルム製膜における延伸・配向制御、その評価と応用 オンライン
2024/6/27 二軸スクリュ押出機を用いたリアクティブプロセシング技術の基礎から応用へ 東京都 オンライン
2024/6/27 粘弾性挙動によるプラスチック成形品の残留応力の発生と解放のメカニズム オンライン
2024/6/27 高周波用基板材料に求められる特性と材料設計・低誘電損失化 オンライン
2024/6/27 プラスチックの力学特性と評価方法および複合化による改善手法 オンライン
2024/6/27 高分子の結晶化と相分離の基礎的理解および高分子ブレンドへの応用 オンライン
2024/6/27 ポリウレタンの基礎とアミン触媒の構造および開発動向 オンライン
2024/6/27 粘度の基礎と実用的粘度測定における留意点と結果の解釈 オンライン
2024/6/27 プラスチックのケミカルリサイクル技術最新動向 東京都 会場・オンライン
2024/6/28 固体高分子材料の動的粘弾性測定 オンライン
2024/6/28 ポリイミド入門講座 オンライン
2024/6/28 プラスチックリサイクルのための素材識別技術と高度選別装置の開発 オンライン
2024/7/2 ポリマー合成の自動化とプロセス分析 オンライン
2024/7/3 粘着剤の基礎知識と評価法 オンライン
2024/7/3 ポリウレタン技術 入門講座 オンライン
2024/7/4 樹脂用添加剤におけるブリードアウト・ブルーム現象の発生機構と その制御・対策 オンライン
2024/7/4 架橋剤を使うための総合知識 オンライン
2024/7/5 サーキュラーエコノミーが目指す持続可能な社会におけるプラスチックの使い方 オンライン