技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

CO2固定微生物の種類、特徴と有用物質生産への活用

CO2固定微生物の種類、特徴と有用物質生産への活用

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、CO2固定微生物について取り上げ、CO2固定量と削減効果の試算について詳解いたします。
また、期待される水素細菌等の培養方法や株の維持、応用先、各種課題について解説いたします。

開催日

  • 2024年1月15日(月) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 脱炭素技術関係者
  • 微生物プロセス技術者

修得知識

  • 脱炭素の基礎知識
  • 微生物によるカーボンリサイクルの概要
  • 微生物による二酸化炭素固定の生化学的原理
  • 研究動向と展望
  • CO2固定微生物、特に水素酸化細菌の特徴に関する基礎的知見
  • CO2固定微生物の特徴を活用したバイオものづくりへの応用に関する国内外の取り組みと展望
  • 微生物を利用した二酸化炭素資源化技術の現状
  • 特に再生可能エネルギー由来の電気、および電解生成物をエネルギー源とする新しいバイオ技術の展望
  • 再生可能資源であるバイオマス、H2/CO2、そして合成ガスを全て利用できる嫌気性ホモ酢酸菌を用いた化成品製造技術

プログラム

第1部 微生物による二酸化炭素の固定化とその応用展開

(2024年1月15日 10:00〜11:30)

 微生物によるカーボンリサイクルの将来的な位置づけについて、理解していただくことを目指しています。

  1. 脱炭素社会の概要
    1. 二酸化炭素の固定化
      1. 二酸化炭素の物性
      2. 二酸化炭素固定化の化学
      3. 二酸化炭素固定化と二酸化炭素隔離
      4. 二酸化炭素固定化の動向
    2. 脱炭素社会
      1. 江戸時代のエネルギー事情
      2. 現在のエネルギー事情
      3. 脱炭素社会のエネルギー事情
      4. 太陽光発電
      5. 風力発電
      6. 電気自動車と蓄電池
      7. 水素とアンモニア
      8. 山林の活用
    3. カーボンリサイクル
      1. 二酸化炭素固定生物
      2. 人工光合成
      3. メタネーション
      4. フィッシャー・トロプシュ (人造石油)
      5. 窒素固定
  2. 微生物による二酸化炭素固定の生化学〜メカニズムと物質生産事例〜
    1. 光合成生物による二酸化炭素固定
      1. 光合成 (明反応)
      2. 光合成 (暗反応)
      3. NADHとATP
      4. 酸化的リン酸化によるATP合成
      5. 光合成の効率
      6. 光合成生物の課題
      7. 光合成生物の得意を活かすには
      8. 窒素固定藻類
    2. 非光合成生物による二酸化炭素固定
      1. ヒドロゲナーゼと酸化的リン酸化によるATP合成
      2. NADHと酸化還元反応
      3. 水素酸化細菌
      4. 水素酸化細菌の見つけ方
      5. 水素酸化細菌によるタンパク質生産
      6. 水素酸化細菌による生分解性プラスチック生産
      7. 水素酸化細菌によるバイオ燃料生産
      8. 水素酸化細菌の課題
      9. ギ酸酸化菌およびギ酸資化菌
      10. ギ酸ヒドロゲナーゼと酸化的リン酸化によるATP合成
      11. アンモニア酸化菌 (硝化細菌)
      12. 鉄酸化菌
      13. 嫌気的非光合成生物
      14. メタン生成菌
      15. アセトジェン
  3. 現状と展望微生物培養の実際〜培養フロー・再エネとの連携・理想の微生物探索〜
    1. 光合成生物 (微細藻類) 培養の実際
      1. 培養装置と培養液
      2. コンタミネーション
      3. 藻類を捕食する生物
      4. 株の維持
    2. 微細藻類の農業活用/養殖活用
    3. 最強の微細藻類とは?
    4. 水素酸化細菌培養の実際
      1. 太陽光発電と水素酸化細菌培養の組み合わせ
      2. 培養装置と培養液
      3. コンタミネーション
      4. 生分解性プラスチックの抽出
      5. 株の維持
    5. 水素酸化細菌の農業活用/養殖活用
    6. 最強の水素酸化細菌とは?
    7. 微生物によるカーボンリサイクルが築く脱石油社会
    • 質疑応答

第2部 水素酸化細菌によるCO2の有効利用とその応用展望

(2024年1月15日 12:10〜13:40)

 水素酸化細菌の特徴を説明するとともに、その特徴を活用することでどのようなCO2有効利用技術が展開可能か、現在の国内外での取り組みおよび展望を紹介する。

  1. 水素酸化細菌を使ったCO2の有効活用 (カーボンリサイクル)
    1. ネットゼロに向けたカーボンリサイクル技術の位置づけ
    2. カーボンリサイクル技術としてのバイオものづくりの特徴
    3. CO2を原料としたバイオものづくりに関する国の動向
    4. CO2を固定する微生物、水素酸化細菌とは
    5. 水素酸化細菌の特徴と他のCO2固定微生物との比較
  2. 海外における水素酸化細菌を使ったバイオものづくりの動向
    1. 海外での取り組みのコンセプト
    2. 水素酸化細菌を使ったタンパク質生産の利点と可能性
    3. 海外企業の取組事例の紹介
  3. 水素酸化細菌を使ったバイオものづくり
    1. 国内での取り組みについて
    2. 期待されるCO2固定量、削減効果の試算
    3. 技術開発課題
    4. 社会実装に向けた課題と展望
    • 質疑応答

第3部 非光合成微生物によるCO2の固定化とその応用

(2024年1月15日 13:50〜15:20)

 生物を利用した二酸化炭素資源化技術は、無機触媒技術と比べ反応速度には劣るが複雑かつ多様な有機物を合成可能という利点がある。しかし植物や藻類を利用する現行の技術では、低い反応速度 (生産性) 、食料との競合、多量の水の要求といった課題がある。
 本セミナーでは、それらの課題を解決しうる新技術として、光の代わりに電力や水素等の電解生成物をエネルギー源とする非光合成微生物を用いた二酸化炭素資源化技術を紹介する。

  1. 二酸化炭素資源化の必要性
    1. カーボンニュートラル、ネガティブエミッション
    2. 日本における「バイオマス・セキュリティ」の重要性
  2. マテリアル技術とバイオ技術の融合
    1. マテリアル技術による二酸化炭素資源化技術
    2. バイオ技術による二酸化炭素資源化
    3. マテリアル・バイオ融合の必要性
  3. 非光合成微生物による二酸化炭素資源化
    1. 電気合成微生物の利用
    2. 水素酸化細菌の利用
    3. 触媒合成有機物を代謝する微生物の利用
    • 質疑応答

第4部 合成ガスとH2/CO2を原料とするガス発酵技術による化学品生産

(2024年1月15日 15:30〜17:00)

 現在、化学的、生物学的手法で、様々なカーボンリサイクル技術の開発が進められている。生物学的手法としては、微細藻類などの光エネルギーを用いたCO2リサイクル技術やバイオマスを原料とした伝統的な発酵技術を用いた燃料・化学品製造がよく知られている。しかし、最近、バイオマスはもちろん、H2/CO2や合成ガスも利用できる嫌気性ホモ酢酸菌による”ガス発酵技術”の進歩が目覚ましい。そこで本講座では、このガス発酵技術を解説すると共に、その最新の知見を紹介する。
 カーボンリサイクル技術として注目されている微生物による発酵生産技術の中で、再生可能資源であるバイオマス、H2/CO2、そして合成ガスを全て利用できる嫌気性ホモ酢酸菌を用いた化成品製造技術について知ることができる。

  1. 微生物の性質
    1. 微生物とは
    2. 微生物の様々な代謝機構
    3. 微生物がつくる物質
  2. 微生物によるカーボンリサイクル物質生産技術
    1. バイオマス由来有機物を用いた発酵生産
    2. 光エネルギーを用いたCO2固定型物質生産
    3. 合成ガスを用いたカーボンリサイクル型ガス発酵
    4. 水素を用いたCO2固定型ガス発酵
    5. バイオ技術を活用した化成品製造技術の可能性
    • 質疑応答

講師

  • 伊原 正喜
    信州大学 農学部
    准教授
  • 平野 伸一
    一般社団法人 電力中央研究所 サステナブルシステム研究本部
    上席研究員
  • 加藤 創一郎
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門
    主任研究員
  • 中島田 豊
    広島大学 大学院 統合生命科学研究科 生物工学プログラム
    教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/5 省エネ技術の開発動向と導入事例、省エネ効果・CO2削減量の算出方法 オンライン
2024/3/5 微生物培養における反応速度論マスター講座 オンライン
2024/3/5 LCAの実践方法: 環境パフォーマンスの定量評価 オンライン
2024/3/6 欧州グリーンディール政策における自動車に関する各規則 (案) の位置づけとLCAアプローチ オンライン
2024/3/12 PIC/S GMP Annex1を踏まえた滅菌製品・無菌医薬品の微生物試験とバリデーションのポイント オンライン
2024/3/15 マイクロバイオーム医薬品における開発・技術動向と課題 オンライン
2024/3/18 CFRPリサイクルとLCA オンライン
2024/3/19 マイクロバイオーム入門講座 オンライン
2024/3/25 マイクロバイオーム入門講座 オンライン
2024/3/27 マイクロバイオーム医薬品における開発・技術動向と課題 オンライン
2024/3/28 化粧品品質安定性試験の実例を用いた試験の進め方と自社基準の設定 オンライン
2024/3/29 バイオフィルムの形成機構とその対策、評価・解析 オンライン
2024/4/5 化粧品品質安定性試験の実例を用いた試験の進め方と自社基準の設定 オンライン
2024/4/9 金属有機構造体 (MOF) のCO2吸着分離特性とその評価 オンライン
2024/4/9 バイオマス、生分解材料におけるLCAの算出、算定 オンライン
2024/4/13 微生物の培養・分離・同定の基礎とトラブル対応 東京都 会場・オンライン
2024/4/16 微生物によるカーボンリサイクル オンライン
2024/4/22 化学吸収法による二酸化炭素 (CO2) 分離回収技術の最前線 オンライン
2024/4/24 微生物の培養・分離・同定の基礎とトラブル対応 オンライン
2024/6/29 非無菌医薬品における微生物学的品質管理の必要レベルと微生物限度試験法実施事例 2023 オンライン