技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

VR/AR用ディスプレイ、光学系の最新動向と要求特性、開発事例

VR/AR用ディスプレイ、光学系の最新動向と要求特性、開発事例

~表示パネルや光学素子の構成、要求精度、今後の進化の方向性について~
オンライン 開催

開催日

  • 2023年12月18日(月) 10時30分 16時15分

修得知識

  • VR・AR機器の構成、光学系の構造・効率及びセット薄型化との関係
  • VR・AR機器搭載ディスプレイに要求される性能仕様
  • AR機器主要部材の材料・製造方法 (回折格子、Waveguide)
  • VR-HMDのしくみ
  • 採用される表示デバイスと特徴
  • 高性能化の訴求と実現方法
  • AR/VRで用いられる光学系に関する基礎知識
  • AR用導波路コンバイナー (回折型) の製法に関する基礎知識
  • 製品や構造のサイズ感、要求精度感

プログラム

第1部 VR・AR機器用ディスプレイ、光学系の技術動向と今後の予測

(2023年12月18日 10:30〜12:00)

 メタバース時代到来に対しディスプレイ機器として最も関連が深いのがVR・MR機器である。ビジネス向けとしてはAR機器も注目される。2023年6月には長年噂のあったApple Vison Pro (MR) も内容が公表され、2024年初頭の米国を皮切りに世界各国へ販売される計画となっている。Appleはメタバースの言葉は使わず空間コンピューティングのデバイスの提案になっている。ディスプレイはSony半導体の1.4インチOLEDoSが使われている。
 VR・AR機器に使われるディスプレイの最重要特性は輝度であるが、この輝度はVR・AR機器の光学系効率から要求仕様が決まっている。
 本セミナーでは、VR・AR機器光学系に関連する光学技術を解析 (理解) することを第1目的としている。最新の薄型・軽量を実現するVR用のパンケーキレンズ光学系、AR用のWaveguide光学系は効率が低いことが判明している。これによりμ-Display (OLEDoS、LEDoS) への輝度要求が高くなっている。AR機器の光学系は上記のように最新の光学部材である回析格子、Waveguideが使われている。これら部材の材料・製造方法も併せて解説する。

  1. XRの定義、機器分類、HMD特有表示特性、Displayへの要求特性
  2. 最新のVR/MR機器の技術情報
    1. MR方式Apple Vision Proの仕様、構造、できること、採用ディスプレイ
    2. VR方式Meta Oculus Quest Proの仕様、構造、採用ディスプレイ
  3. AR・VR機器への画像表示光学系、VR・AR機器光学系とその進化
    1. AR・VR機器の画像表示光学系の違い
    2. VR機器光学系とその進化の徹底理解 (パンケーキレンズ光学系が主流)
    3. AR機器光学系とその進化の徹底理解 (Waveguide光学系が主流方向)
      1. SRG (表面反射回折格子) の構造、製造方法
      2. VHG (体積ホログラフィック回折格子) の構造、フォトポリマー製造方法
      3. ガラス基板が主流のWaveguide本体
    • 質疑応答

第2部 VR用高精細ディスプレイの最新動向とその応用展望

(2023年12月18日 13:00〜14:30)

 2016年にコンシューマ向けのVR用HMDが発売されて早くも7年。当初から一時的なブームに過ぎないとの声がありましたが、途切れる事なく改善と普及が進んでいます。VR空間を表示するVR-HMDの動作原理と、採用される表示デバイス (表示パネル) への要求とその達成状況、今後の進化の方向について詳細に説明させていただきます。

  1. VR-HMDの市場動向と表示パネル
    1. 採用される表示パネルの変遷
    2. 表示パネルの方式と特徴
  2. VR-HMDの構造と要求
    1. VR/AR用ディスプレイの特徴
    2. システム構成
    3. レンズの特徴と進化
  3. 表示パネルの課題と対策
    1. 動画ぼやけ
    2. 解像度
    3. SED
    4. 視野角
  4. VR技術と応用分野
    • 質疑応答

第3部 AR/VR向け光学素子の概要と射出成形による事例紹介

(2023年12月18日 14:45〜16:15)

 AR/VRに使われる光学系 (光学素子) にどのようなものがあるか概要を把握して頂きます。AR用光源、AR用表示素子、VR用接眼レンズ、VR用モーションセンサーそれぞれで複数の方式があり、それらについても紹介してきます。特に事例で紹介するAR表示素子のひとつの方式である回折方式の導波路コンバイナーとその製法については製法について少し掘り下げた説明をします。事例紹介では弊社で量産実績のある製品や開発を行った (行っている) 技術について説明し、製品や構造のサイズ感、要求精度感を把握して頂きます。

  1. VR向で使用されている光学系
    1. VR用TOF照明
    2. VR用接眼レンズ
  2. ARで使用されている光学系
    1. AR用光源モジュール
    2. AR用表示素子概要
    3. AR用導波路コンバイナー
    4. AR用導波路コンバイナー (回折型) とその製法
  3. 事例紹介
    1. VR用接眼レンズ
    2. AR用導波路コンバイナー (回折型)
    3. VR用TOF照明レンズ
    4. VR用Screen door effect改善フィルター
    • 質疑応答

講師

  • 小野 記久雄
    株式会社 サークルクロスコーポレーション
    フェローアナリスト (Fellow Analyst)
  • 渡邉 好浩
    株式会社ジャパンディスプレイ InfiniTech事業部 第1事業統括部 LCD応用技術部
    技術主幹
  • 金井 紀文
    ナルックス株式会社 設計開発部 設計開発課
    アソシエートマネージャー

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/6 ディスプレイ用光学材料・フィルムの基礎と原理、及び最近の動き、今後の予測・展望 オンライン
2024/3/8 プラスチックレンズの基礎とトラブル対策事例 オンライン
2024/3/11 車載ディスプレイの曲面化及びフレキシブル端末に求められる材料技術の動向 オンライン
2024/3/12 フォトンアップコンバージョンの原理、高変換効率技術と応用展開 オンライン
2024/3/29 AI時代に求められるディスプレイ技術とは? 有機ELかマイクロLEDか? 液晶の未来は? オンライン
2024/3/29 CES2024から読み解くディスプレー2030年の方向性とその先の「New FPD」時代に向かう技術・産業の展望 オンライン
2024/4/4 光学用透明樹脂の基礎と光学特性制御および高機能化 オンライン
2024/4/8 光学多層膜・フィルムの解析と最適設計 オンライン
2024/4/12 光学樹脂における屈折率・複屈折の考え方とその測定・制御 オンライン
2024/4/17 ディスプレイ向け光学フィルムの基礎・市場と高機能化技術トレンド オンライン
2024/4/22 ホログラム技術の基礎および車載用ヘッドアップディスプレイ (HUD) への応用 オンライン
2024/4/22 光学薄膜技術の総合知識と最新動向 オンライン
2024/4/24 ディスプレイ向け光学フィルムの基礎・市場と高機能化技術トレンド オンライン
2024/4/26 高屈折率材料の基礎と技術応用超高屈折率材料への分子設計 オンライン
2024/4/26 ホログラム技術の基礎および車載用ヘッドアップディスプレイ (HUD) への応用 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/12/21 メタバースを支えるディスプレイおよび部材の動向
2022/4/6 Society 5.0 時代を切り開くデバイス・部材・製造装置
2021/8/30 ディスプレイデバイスの世代交代と産業への衝撃
2021/6/30 VR/AR技術における感覚の提示、拡張技術と最新応用事例
2021/4/30 次世代ディスプレイと非接触デバイス
2021/3/31 スマートウィンドウの進化と実用化
2020/10/29 最新ディスプレイ技術トレンド 2020
2020/10/21 AR/VR/MRマイクロディスプレイ世界の最新業界レポート
2020/7/29 フラットパネルディスプレイ (FPD) を支える高機能材料と製造装置
2019/10/30 最新ディスプレイ技術トレンド 2019 (ebook)
2018/10/5 コネクティッド社会へ向けたディスプレイおよび高信頼性化技術の最新動向
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2018/7/12 スマートウィンドウの基礎と応用
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2018/3/9 量子ドット・マイクロLEDディスプレイと関連材料の技術開発
2017/12/25 世界の有機ELディスプレイ産業動向
2017/10/31 フレキシブルOLEDの最新技術動向
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/23 偏光・複屈折の基礎と正しい測定・評価方法およびその実例
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法